美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

インポッシブル・アーキテクチャー
もうひとつの建築史

埼玉県立近代美術館

  • 開催期間:2019年2月2日(土)〜2019年3月24日(日)
  • クリップ数:8 件
  • 感想・評価:3 件
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 埼玉県立近代美術館-1
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 埼玉県立近代美術館-2
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 埼玉県立近代美術館-3
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 埼玉県立近代美術館-4
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 埼玉県立近代美術館-5
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 埼玉県立近代美術館-1
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 埼玉県立近代美術館-2
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 埼玉県立近代美術館-3
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 埼玉県立近代美術館-4
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史 埼玉県立近代美術館-5

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

建築の歴史を振り返ると、完成に至らなかった素晴らしい構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアが数多く存在しています。

未来に向けて夢想した建築、技術的には可能であったにもかかわらず社会的な条件や制度によって実施できなかった建築、実現よりも既存の制度に対して批評精神を打ち出す点に主眼を置いた提案など、いわゆるアンビルト/未完の建築には、作者の夢や思考がより直接的に表現されているはずです。

この展覧会は、20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあて、それらを仮に「インポッシブル・アーキテクチャー」と称しています。

ここでの「インポッシブル」という言葉は、単に建築構想がラディカルで無理難題であるがゆえの「不可能」を意味しません。言うまでもなく、不可能に眼を向ければ、同時に可能性の境界を問うことにも繋がります。

建築の不可能性に焦点をあてることによって、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がってくる-それこそが、この展覧会のねらいです。   

約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を、図面、模型、関連資料などを通して読み解きながら、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望します。

◆ 主な出品予定作家(アルファベット順)
会田誠、安藤忠雄、アーキグラム、荒川修作+マドリン・ギンズ、ヤーコフ・チェルニホフ、ヨナ・フリードマン、藤本壮介、マーク・フォスター・ゲージ、ピエール・ジャン・ジルー、ザハ・ハディド・アーキテクツ+設計JV(日建設計、梓設計、日本設計、オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン設計共同体)、ジョン・ヘイダック、ハンス・ホライン、石上純也、磯崎新、川喜田煉七郎、菊竹清訓、レム・コールハース、黒川紀章、ダニエル・リベスキンド、前川國男、カジミール・マレーヴィチ、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ、長倉威彦、コンスタン・ニーヴェンホイス、岡村蚊象(山口文象)、岡本太郎、セドリック・プライス、エットレ・ソットサス、スーパースタジオ、瀧澤眞弓、ウラジーミル・タトリン、ブルーノ・タウト、ジュゼッペ・テラーニ、山口晃、村田豊

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年2月2日(土)〜2019年3月24日(日)
  • 前期:2月2日 (土) ~2月24日 (日)
    後期:2月26日(火)~3月24日 (日)
    ※会期中に一部展示替えがあります。
会場埼玉県立近代美術館 [MAP]
住所 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
時間 10:00〜17:30(最終入場時間 17:00)
  • ※資料閲覧室(3階)は、13:00~17:30
休館日 月曜日 
※2月11日(月)は開館
観覧料 一般 1,200円(960円)
大高生 960円(770円)
  • ※( )内は団体20名以上の料金
    ※中学生以下、障害者手帳等をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料
    ※併せてMOMASコレクション (1階展示室) も観覧できます
TEL048-824-0111
URLhttp://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=386

埼玉県立近代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

埼玉県立近代美術館 埼玉県立近代美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ クロストーク
内容:本展の企画に携わった2人が、出品作品をもとに建築の可能性について対談
出演:五十嵐太郎(本展監修者・東北大学教授)
×建畠晢(埼玉県立近代美術館館長)    
日時:2月11日(月・祝)
14:30~16:30(開場は30分前)
場所:2階講堂
定員:100名 (当日先着順)
費用:無料

◆ レクチャー「インポッシブル・アーキテクチャーの起源と未来」
内容:インポッシブル・アーキテクチャーはなぜ生まれ、今後どのような展開を見せるのかについて
講師:今村創平(千葉工業大学教授)
日時:2月23日(土)
14:30~16:00(開場は30分前)
場所:2階講堂
定員:100名 (当日先着順)
費用:無料

◆ ミュージアム・コンサート①
内容:クロスカルチャーな活動で異彩を放つ二人が、様々な国の音楽にインスパイアされたナンバーを紹介
出演:佐藤通弘(津軽三味線)、吉見征樹(タブラ)
日時:2月24日(日)
14:30~(開場は30分前、演奏時間は約60分)
場所:地階センタホール
定員:60席(当日先着順)
費用:無料

◆ ミュージアム・コンサート②
内容:日常に潜むバイアスを1日の時間軸で表現するダンスパフォーマンス。埼玉県立近代美術館所蔵の名作椅子も活用します。開催時間等詳細は、後日、美術館ホームページ でお知らせ予定
出演:jaywalker(Zoo-Zoo、RiE-men)
日時:3月3日(日)時間未定
場所:館内各所
費用:無料

◆ 担当学芸員によるギャラリートーク
日時:2月16日(土)、3月9日(土)
各日とも15:00から30分程度
場所:2階展示室
費用:企画展観覧料が必要

感想・評価REVIEWS

設計、企画、鑑賞、いろいろな人の強烈な思いがこもった企画展

4

最初の展示作品「第三インターナショナル記念塔」にまず圧倒された。企画者の数年に渡る構想が結びついたと思う。
ザハの新国立競技場については、費用と要件調整、設備、消防などの関係者との度重なる調整で折り合いをなんとかつけたのに反故にされたという、設計者の恨みが強烈に感じられた。

「インポッシブル」には取り消し線が引かれており、作られる可能性があったのに(なかには最初から作る気のない(実現できない)作品もあったが)作られなかったという思いが表現されていると思う。
コンペ案を見た審査員が「作ってみたいが反感を感じる」として作られなかった作品があった。そういうところで思い切って採用していたら、もっともっと面白い建築物が世の中に存在したのになあと思う。

会場にて作品や解説文を見て「うんうん」と2Hzくらいでうなずいている人がちらほらいた。「あなたたちは何を読み取ったり感じたりしているのだ!」という気持ちになった。作品をより楽しむために教養を身につけておかなければと思う。

CGの作品もいくつかあり、息を飲むものもあったし、理解の助けとなるものもあった。スケッチや製図だけでは私は集中力が持たないこともあり、とてもよかった。

BY temps

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あえて「未完」に着目した、異色の建築系展覧会

3

JR駅前にもかかわらず、緑豊かな北浦和公園のその中に埼玉MAはありました。この異色展覧会を見る為に初めて訪れました。この展覧会は、20世紀以降の国内外のアンビルトの建築に焦点をあてています。建築の不可能性に焦点をあて、逆説的に建築における極限の可能性や豊かな潜在力が浮かび上がってくる、それこそがこの展覧会のねらい、なのだそうです。昨年田根剛やイサムノグチのアンビルト建築を見たせいもあり、面白そう、に感じて出かけました。一応面白かったです。解説も丁寧でした。でも私が思っていたアンビルドとは少し違っていました。コンペ落選や何らかの理由で実現不可能になったもの、ではなく、そもそも実現を考えてはいないものが沢山あったのです。確かにそちらもアンビルドです。会場は暗めで、高インパクトな内容の割に、とても地味~な展示の仕方でした。来場者は意外と多かったですが、会話などから、若い方はほとんど建築関連の学生さん??か何からしく、中高年の方はやはりそちら系の何某かをやっていらっしゃる方??がほとんどの様で、居心地はちょっと悪かったです。日本の有名な前川國男、村田豊、菊竹清訓、黒川紀章、等のアンビルトはなかなか興味深く、そして岡本太郎や最後には会田誠や山口晃も登場して楽しませてくれていました。最後にまた、何とも言えない気持ちにさせられたのは、新国立競技場ザハ・ハディド案の、本当にあとは実施工を待つばかりだったその膨大な資料でした。

BY ぷーりっちゅ

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

マッシヴ・アタック

4

インポッシブルアーキテクチャー、楽しかったです。

建築に詳しいわけではないですが、模型とかワクワクしますね。
結構お客さんも来ていて賑わっていました。
面白い展示だと思います。

MASコレクションも併せて。
瑛九特集が良かったです。
新収蔵品のシニャックも初展示です。
こちら貴重な作品なのも分かるのですが、全体をガラスケースでカバーしているのにも関わらず
作品の前にステップが置かれていて大変見辛いのです。
言葉は悪いですがちょっとケチ臭い展示だなぁと残念に思いました。

BY 黒豆

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
埼玉県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE