EXHIBITION

みんなのレオ・レオーニ展

市立伊丹ミュージアム

  • 開催期間:2018年8月11日(土・祝)〜2018年9月24日(月・振)
  • クリップ数:10 件
  • 感想・評価:5 件
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-1
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-2
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-3
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-4
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-5
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-6
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-7
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-8
レオ・レオーニ「せかいいちおおきなうち」1968年
The Biggest House in the World © 1968 by Leo Lionni, renewed 1996/Pantheon
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family
レオ・レオーニ「コーネリアス」1983年
Cornelius © 1983 by Leo Lionni/Pantheon
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family
レオ・レオーニ「ひとあしひとあし」1960年
Inch by Inch © 1960 by Leo Lionni, renewed 1988/Ivan Obolensky
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family
レオ・レオーニ「ペツェッティーノ」1975年
Pezzettino © 1975 by Leo Lionni, renewed 2004 by Nora Lionni and Louis Mannie Lionni/Pantheonz
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family
レオ・レオーニ「おんがくねずみジェラルディン」1979年
Geraldine, the Music-Mouse © 1979 by Leo Lionni/Pantheon
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family
レオ・レオーニ「マシューのゆめ」1991年
Matthew’s Dream © 1991 by Leo Lionni/Knopf
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family
レオ・レオーニ「あいうえおのき」1968年
The Alphabet Tree © 1968 renewed 1996 by Leo Lionni/Pantheon
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family
レオ・レオーニ「アレクサンダとぜんまいねずみ」1969年
Alexander and the Wind-up Mouse © 1969,renewed 1997 by Leo Lionni/Pantheon
Works by Leo Lionni, On Loan By The Lionni Family
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-1
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-1
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-1
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-1
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-1
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-1
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-1
みんなのレオ・レオーニ展 市立伊丹ミュージアム-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

赤い色をしたきょうだいたちの中で、唯一黒い魚の物語『スイミー』は、小学校の教科書に掲載され、日本全国で親しまれています。

その作者として知られるレオ・レオーニ(1910–1999)の創作世界を紹介します。

イタリアやアメリカでグラフィック・デザイナーとして活躍した後、49歳のとき、孫のために制作した『あおくんときいろちゃん』で初めて絵本の世界に足を踏み入れました。

その後、ねずみの『フレデリック』や、しゃくとりむしの『ひとあしひとあし』など、小さな主人公たちが「自分とは何か」を模索し、自分らしく生きることを学んでいく物語を、水彩、油彩、コラージュなどさまざまな技法を用いて描きました。

本展では、ヨーロッパとアメリカを移動し続けたレオーニの波乱の生涯と重ね合わせながら絵本原画を紹介するほか、アート・ディレクターとしての仕事、絵画、彫刻など幅広い活動を約200点の作品で紹介し、レオーニが子どもの絵本に初めて抽象表現を取り入れるに至った道筋にも光を当てます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年8月11日(土・祝)〜2018年9月24日(月・振)
会場 市立伊丹ミュージアム Google Map
住所 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
・月曜日が祝日にあたるときその翌日
・年末年始(12月29日~1月3日)
・展示入替期間
観覧料 一般 800円(700円)
大高生 450円(350円)
中小生 150円(100円)
  • ※( )内は20 名以上の団体割引
    ※兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
    ※4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)
TEL072-772-5959
URLhttp://artmuseum-itami.jp/

市立伊丹ミュージアムの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

市立伊丹ミュージアム 市立伊丹ミュージアム

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

ブルーナ展からの

前回のブルーナ展で、アンケートに記入したところ、美術館よりレオレオーニ展のチケットが送られて来ました。この展覧会の展示も、やはり的を得ていてこちらの学芸員の方々の姿勢が伺える展覧会です。こどもに人気の絵ですが、色彩が鮮やかで、心に残る絵が多かったです。

5.0

心待ちにしていました。

ずっと楽しみにしていた展示です。
なかなかタイミングが合わずやっと見ることが出来ました。
油絵やコラージュ、鉛筆画など様々な技法の絵が展示されており、作者は同じでも使う画材によって変わるキャラクターの表情がおもしろかったです。
そして平行植物はがらっと雰囲気が変わりますが良い意味で刺激を受けました。
見たことのない絵本がたくさんあったのでこれから少しずつ読みたいと思っています。

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん

5.0

母娘で楽しみました!

私が幼い頃に母にレオレオニの本を読んでもらったのを懐かしく思い出しながら一緒に展覧会に行きました。
雨の日のお盆休みということもあり、小さいお子さんなどの子供連れで混雑はしていましたが ほどよく観ることはできました。
随所で展示している原画の絵本が置いてあり、知らない絵本も多く とても楽しんで過ごせました。
また地下一階のグッズコーナーには色々なものがあり、かわいすぎてあれもこれも欲しくなってしまいました!
伊丹駅からも徒歩10分ほどですし オススメの展覧会です!

4.0

レオ・レオーニ展

あまり絵本に接する事のない子ども時代だったため「はらぺこあおむし」のエリック・カールと混同していたりと、レオ・レオーニに対する認識がぼんやりしたものでしたが今回の展覧会でたくさんの作品に接する事ができました。絵本作家だけではなくデザイナーやアニメーターとしてのいろんな側面も知れたいい展示でした。小学生の頃に教科書に載ってたスイミーの原画も観れて満足です。グッズコーナーが充実しています。

5.0

子どもも楽しめる。見せ方も楽しい。

絵本の原画だけでなく、アニメーションがあったり、インスタレーションがあったり、見せ方が多彩。
会場ディスプレイとインスタレーションのマッチングもとても良い。
家族みんなでたのしむ展覧会になっている。
これは、楽しい。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE