美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

ダイアン・クライスコレクション
アンティーク・レース展

渋谷区立松濤美術館

  • 開催期間:
  • クリップ数:8 件
  • 感想・評価:3 件
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-1
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-2
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-3
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-4
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-5
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-6
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-7
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-1
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-2
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-3
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-4
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-5
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-6
ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 渋谷区立松濤美術館-7

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

かつて、ヨーロッパの王侯貴族たちの間で、富と権力の象徴として流行したレース。

熟練した職人たちが長い時間をかけて手作業で生み出したレースは、単なる豪奢な装飾品の域を超え、時には城や宝石をしのぐほどの価値を持った、きわめて優美で繊細な美の世界だったのです。

本展では、世界的なアンティーク・レースのコレクターで鑑定家でもあるダイアン・クライス氏の数万点にもおよぶ膨大なコレクションから、16世紀から19世紀のレース全盛期の品々を中心にご紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場渋谷区立松濤美術館 [MAP]
住所 東京都渋谷区松濤2-14-14
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※毎週金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日
6月18日(月)、25日(月)
7月2日(月)、9日(月)、17日(火)、23日(月)
観覧料 一般 500円(400円)
大学生 400円(320円)
高校生・60歳以上 250円(200円)
小中学生 100円(80円)
  • ※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
    ※土・日曜日、祝休日及び夏休み期間は小中学生無料
    ※毎週金曜日は渋谷区民無料
    ※障がい者及び付添の方1名は無料
TEL03-3465-9421
URLhttp://www.shoto-museum.jp/

渋谷区立松濤美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

渋谷区立松濤美術館 渋谷区立松濤美術館

感想・評価REVIEWS

貴重な体験になった

3

制作過程が紹介されていましたが、パンフレットに書いたものを置いておくなど素人にもわかるようにしていただけたら、より理解を深められたと思います。

BY seungwoo

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

これも超絶技巧! 熟練の職人たちによる手作業の結晶。アンティークレースの魅力をじっくり味わえる。

4

横浜そごうで見ることが出来なかったので、巡回した渋谷「松濤」の初日に見ました。私のようなただの一般人ではない方や、その筋の学生さんたちが結構大勢いらしていました。
松濤美術館は区立美術館としては凝った建築。建築家でマルチアーティストだった故白井晟一氏の作品 (静岡の「石水館」や自邸「虚白庵」で知られている)。企画展もなかなか面白いをやっていますし、展示以外でも講演やワークショップやコンサートなどもなかなか。
今回の「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」はクライスさんの数万点のコレクションの中から希少価値の高い16~19世紀のレース全盛期の品々を中心に、モチーフ、用途、ゆかりの人物など、単なる技法の説明にとどまらない網羅的な構成で紹介しています。第1章 誕生と変遷 /第2章 レースに表現されるもの/第3章 王侯貴族のレース /第4章 キリスト教文化に根付くレースの役割 (人生の節目節目に用いられたレース)/ 第5章 ウォー・レース(多くの人々の熱意と懸命な尽力によって守られたレースの技術と伝統)。 とても面白かったです。手芸好き、奇麗なもの好きというだけのごく一般人の私は、レースの認識がちょっと変わり、とても感動しまた。
それと、私はいつものように自前の単眼鏡を持って行ったのですが、今展は、(株)ビクセンが協力しているそうで、受付で単眼鏡「アートスコープH4×12」の無料貸出をしていました。レンズを通すことで、肉眼では分からない優美で繊細なアンティーク・レースの隅々まで楽しむことができるので、ぜひ借りて、肉眼と両方でレースの美を堪能してみるのがいいと思います。

BY ぷーりっちゅ

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

レースイズマイライフ

5

ダイアン・クライス氏の講演会に併せて週末に訪問。
マダムには大人気なようで80名大幅超えの盛況ぶりで当然館内も混雑していました。

アンティークレースは初めて拝見しましたが素晴らしいですね。
美と技と想いが溢れるコレクションでした。
特に2階の展示が良く、誕生から死まで、人生の節目にはレースが寄り添っています。
松濤美術館の雰囲気ともバッチリ合っていましたね。

こういった規模が大きくなくても学芸員の気持ちのこもった展覧会に惹かれます。
ワンコインという入館料も◎!
松濤美術館はかなり冷房を効かしているので上掛け必須です。

BY 黒豆

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都渋谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE