美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝

東京国立博物館

  • 開催期間:
  • クリップ数:10 件
  • 感想・評価:5 件
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-1
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-2
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-3
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-4
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-5
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-6
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-7
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-8
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-9
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-10
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-11
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-12
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-13
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-14
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-15
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-1
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-2
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-3
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-4
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-5
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-6
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-7
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-8
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-9
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-10
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-11
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-12
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-13
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-14
アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東京国立博物館-15

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

古代より交易路が張り巡らされ、人々と諸文明が行き交ったアラビア半島。

本展では、その躍動的な歴史と文化を示すサウジアラビア王国の至宝を日本で初めて公開します。

100万年以上前にさかのぼるアジア最初の石器、5000年前に砂漠に立てられた人形石柱、ヘレニズム時代やローマ時代に賑わった古代都市からの出土品、イスラームの聖地マッカ(メッカ)のカァバ神殿で17世紀に使われた扉、サウジアラビア初代国王の遺品(20世紀)など、400件以上の貴重な文化財をとおして、アラビア半島の知られざる歴史をお楽しみください。

開催概要EVENT DETAILS

会期
  • ※「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」は、2018年3月18日(日)までの会期を予定していましたが、5月13日(日)まで会期延長が決定しました
会場東京国立博物館 表慶館 [MAP]
住所 東京都台東区上野公園13-9
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※ただし、金曜・土曜は21:00まで、4月以降の日曜と祝・休日は18:00まで開館
休館日 月曜日 
※ただし3月26日(月)、4月2日(月)、4月30日(月・祝)は開館
観覧料 一般 620円(520円)
大学生 410円(310円)
総合文化展観覧料および開催中の特別展観覧券(観覧当日に限り)で観覧できます
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(入館の際に年齢のわかるものを要提示)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障がい者とその介護者一名は無料。入館の際に障がい者手帳などを要提示
    ※子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館した入館者(子ども1名につき同伴者2名まで)は100円割引
    ※東京国立博物館の常設展観覧料金で入場できます
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1886

東京国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京国立博物館 東京国立博物館

感想・評価REVIEWS

「カァバ神殿の扉」が圧巻!

4

・アラビア半島の文明の発展当時から、近代のサウジアラビア王の所有品などまで、かなりの種類のものが展示されていて、興味深かった。
紀元前~3世紀とかの出土品が多数展示されていますが、ラクダさんなど中東の土地柄の出ているものがユーモラスでかわいい。

・ビデオ展示で、CGによる古代都市の復元映像も面白かった。

・一番圧巻だったのは、噂に聞いていた「カァバ神殿の扉」。
イスラム教徒が一生に1度は巡礼するというメッカの中心地の扉。
1930年代頃まで使われていたものだそうですが、さすがの重厚感と細かな装飾、輝きに、なるほどと唸った。

・展示されていた都市ディルイーヤの写真が、シュルレアリスム建築のような、日本で言うと野又穣さんのような不思議な雰囲気で印象に残った。

・サウジのアブドゥルアジーズ王の上衣、キラキラのコーラン、短剣やハサブサ用具、刀などは、さすがに権威を感じさせるものだった。

・なお、大正天皇の成婚を記念して作られたという表慶館も、普段は公開されていないのだそうで、宮殿のような壮麗な装飾を見られるのも大変貴重だった。

BY あい

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

荘厳な雰囲気の中、アラビアに思いを馳せる

5

館内に入ると、まず建物の荘厳さに圧倒されました。学芸員の方にお話を伺うと100年以上前の建築物だとか。展示を進んでいくと我々人類の歩みを肌で感じることができました。紀元前に作られた展示物もありかなり貴重なコレクションなのだと思います。日本ではアラビアの文化に触れる機会が少ないためとても興味深い体験ができました。好評につき会期が延長されたというのも納得です。

BY plane5400

参考になりました!3
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

タイムトリップへようこそ!

4

100万年前の旧石器時代の礫器から、20世紀の王室の品まで、年代に沿って様々なものを広く鑑賞できる展覧会。

展覧会に入ってすぐに展示された旧石器から新石器時代、紀元前数千年の展示品を経て、いつの間にか、アラビアの「タイムトリップ」に身を委ねていた。

《特に印象に残っている作品》
・063「祈る男」前2900年~前2600年
祈る男を掘った石像。
四千年以上前のアラビア人は、一体何を祈っていたのだろうか。

・071「石器容器」前2500年~前2000年
モダンな文様が精緻に、描かれた石器容器。
あまりの美しさに、足を止めて暫くの間見入ってしまった。

BY mitsuaki

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

開催期間が伸びてお得です

4

100万年以上前の石器時代から現代のサウジアラビア王国までのアラビア半島の歴史を楽しめる特別展です。
エジプト、メソポタミア、インドという三大文明に挟まれたアラビア半島の数奇でダイナミックな変遷を文化財を通じて学ぶことができました。東洋館のインド・西アジア・エジプトの展示と合わせて鑑賞するとより理解が深まるかと思います。
個人的には、荘厳な『預言者モスク、シリア扉のカーテン』と何故か頭部や顔だけ削ぎ落ちたウラーの『男性像』が印象的でした。
普段入ることのできない表慶館の中を観ることができるのも楽しみの一つです。
常設展のチケットや他の特別展のチケットで観ることができるので興味を持たれた方は観に行かれてはと思います。

BY しゃけトマト

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

本邦初、サウジアラビアの歴史と文化と至宝、見ごたえ十分な展覧会。

4

イスラーム発祥の地で、日本とも関係が深いサウジアラビアだが、同国の至宝をまとめて紹介する展覧会が日本で開催されるのは、なんと今回が初めてだそうだ。確かにエジプトや南米、ギリシャローマに中国と、考古フリークの私はずいぶん沢山見て来ている気がするけれど、中東は1977と1988に「古代シリア文明展」以外は…何時だったかの「大トルコ展」と2007「トプカプ宮殿の秘宝展」それに古代オリエント博物館の諸企画展くらいしか記憶にないような…。これはぜひ見ようとチケット入手して行ってみれば、なにと常設展のチケットで見ることが出来たのだそうだ。トーハクはパスポートもあるし、仁和寺展を見たのでそれで一緒に入れたし、ちょっと自分のリサーチ不足にがっくり。でも内容、アジア最古級の石器から、サウジアラビア王国の初代国王の遺品まで、400件を超える貴重な文化財がずらーり、なかなか迫力もあり笑いもあり、十分満足。古代より交易路が張り巡らされ、人々と諸文明が行き交ったアラビア半島の特性に、文化の高さ、美意識、などを感じることが出来たと思う。神殿の扉や墓碑とか祈る男の石像とか羊?の頭部石像とか、もちろん装飾品もあり、たぶん…特に考古好きの人でなくても楽しめる内容かと思う。とにかく、間抜けな私でなければ、実質無料!!とは思えない内容だった。解説もグッズもとても控えめだったのがもったいなく思う。
表慶館前の庭にアラビアの遊牧民テントが設置されていて、アラブ世界で楽しまれているアラビックコーヒーが無料で試飲できた。スパイシーでなかなか美味しい。テント内には、アラビアの民具や、香炉、ナツメヤシの葉で編んだ敷物やかご、毛織物、伝統衣装などを展示されていた。
天気の良い日曜の午後なのに、ゆっくり見ることのできる状態。もしかしたら私のように、仁和寺展と常設展のみ見て表慶館は別料金だからと勝手に思って帰ってしまう人も、まだいるのかもしれない。こちらまだまだ会期は長いので、ご覧になっていない方は、桜の花見ついででも立ち寄って見られてはいかがだろうか。

BY ぷーりっちゅ

参考になりました!4
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE