美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

恩地孝四郎展

東京国立近代美術館

  • 開催期間:2016年1月13日(水)〜2016年2月28日(日)
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:2 件
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-1
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-2
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-3
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-4
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-5
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-6
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-7
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-8
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-9
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-10
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-11
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-1
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-2
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-3
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-4
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-5
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-6
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-7
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-8
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-9
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-10
恩地孝四郎展 東京国立近代美術館-11

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本における抽象美術の父にして木版画近代化の立役者、そして時代に先駆けたマルチクリエイター恩地孝四郎(1891-1955)、じつに20年ぶりの回顧展を東京国立近代美術館で開催。戦後海外に流出した重要作62点や、日本で最初の抽象表現《抒情『あかるい時』》はもちろん、木版画、油絵、ペン画、写真、ブックデザインなど、その領域横断的な表現活動あわせて約400点を一挙公開します。

本展は、日本の抽象表現が誕生して100年を記念するにふさわしい、日本の抽象美術の父のひとりである恩地孝四郎、木版画約250点を中心に出品点数約400点を誇る過去最大規模の回顧展です。

海外に流出した恩地孝四郎の重要作62点が、大英博物館・シカゴ美術館・ボストン美術館・ホノルル美術館の4 館から一堂に里帰り展示されます。

木版画のみならず、恩地孝四郎の領域横断的な活動がうかがえる油彩、水彩・素描、写真、ブックデザインなど多彩な作品をご紹介、時代に先駆けたマルチクリエイターともいえる彼の創作の全貌に迫ります。


<恩地孝四郎について>
10代で竹久夢二に私淑し、1914年に東京美術学校に通う田中恭吉・藤森静雄とともに木版画と詩の同人誌『月映』を創刊、表現者の道を歩み始めました。また装幀家としても人気が高く、萩原朔太郎詩集『月に吠える』や室生犀星詩集『愛の詩集』などに恩地の活躍を見ることができます。

昭和期になると、ヨーロッパの新思潮に共鳴して構成的な人体像やクラッシック音楽に想を得た〈音楽作品による抒情〉シリーズを制作する一方、イメージと言葉とデザインの総合を目指した数々の詩版画集や、油彩画にも匹敵する重厚な肖像版画などを発表しました。

戦後は、GHQ関係者として来日した外国人コレクターたちの理解と励ましを受けて、抽象美術に専念するようになりました。晩年の10年間に作られた版画作品の半数以上が海外の美術館や蒐集家の手に渡っています。

本展は海外に流出した重要作62点も含めて、大正期から昭和の戦後期にかけて前人未踏の足跡を残した、恩地孝四郎の多彩な世界をご覧いただけます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年1月13日(水)〜2016年2月28日(日)
新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年2月29日(土)より3月15日(日)まで臨時休館していましたが、再度政府からの要請を受け、臨時休館を当面の間延長することを決定しました。
会場東京国立近代美術館Google Map
住所 東京都千代田区北の丸公園3-1
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • 金・土曜は20:00まで開館(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
※月曜日が祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌日休館
※展示替期間、年末年始
観覧料 一般1,000(800)円、大学生500(400)円
  • ※高校生以下および18 歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
    ※( )内は20 名以上の団体料金。いずれも消費税込
    ※上記料金で入館当日に限り、同時開催の「MOMATコレクション」、「ようこそ日本へ:1920-30 年代のツーリズムとデザイン」もご覧いただけます。
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.momat.go.jp

東京国立近代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京国立近代美術館 東京国立近代美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

激動の時代にもマイウェイを貫いた芸術家の生涯

4

実は、この抽象美術/木版画の名匠のことを私は詳しく知りませんでした。しかし、こうして個展で400点近い作品を集中的に見ると、大正、昭和という激動の時代に翻弄されることなく活躍したひとりの芸術家の生涯が浮かび上がり、身近に迫ってきました。西洋美術に日本的な“柔らかな感性”を巧みに融合させた自由な作風で、版画にとどまらず、油彩・水彩、写真、はては本の装丁まで、縦横無尽に活躍した恩地。戦後も、枯れることなく悠然と作品を制作し続けた芸術家のマイウェイな人生にしばし想いを馳せ、憧れと共にほんわかと幸せな時間を持てたのでした。。特にボストン美術館やホノルル美術館所蔵の作品に、個人的には惹かれるものが多かったです。会期最終日に駆けつけて、ホントによかった!

BY オクタヴィアン

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

恩地孝四郎展

2

恩地孝四郎という版画家は、海外では高く評価されているとのことですが、日本では認知度が低く、私もほとんど知識がありませんでした。膨大な数の作品が展示されていましたが、小さな版画を説明文なしで羅列する形の展示形式はインパクトがありませんでした。一部、竹久夢二風やルドン風の面白い版画もありましたが、他の抽象版画はやや退屈でした。むしろ肉筆画(特に自画像)の方が印象に残りました。本展自体は凡庸でしたが、同時開催されている「MOMAT コレクション」で数多くの興味深い作品を見られたので、退屈さが癒やされました。

BY keiichi

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE