美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-1
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-2
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-3
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-4
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-5
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-6
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-7
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-8
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-9
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-10
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-11
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」 紹介画像-12

創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本美術」

東京国立博物館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
  • クリップ:15 件
  • 感想:3 件
仏教美術の白眉から雪舟、若冲らの代表作、源氏物語など古典文学から生まれた工芸、近代洋画まで、国宝・重文を含む約120件
日本美術史上には「名作」と呼ばれる作品が数多く存在します。 時代を代表する作家によって作られた名作、海を越えて日本へもたらされた名作、古典に学び新時代の美意識で生まれ変わった名作など、「名…Read More
  • ※クリップとは?

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本美術史上には「名作」と呼ばれる作品が数多く存在します。

時代を代表する作家によって作られた名作、海を越えて日本へもたらされた名作、古典に学び新時代の美意識で生まれ変わった名作など、「名作」はさまざまなドラマをもって誕生し、語り継がれ、作り継がれてきました。

本展では、こうした作品同士の影響関係や共通する社会背景に着目して、鑑真ゆかりの木彫や美麗な普賢菩薩像など仏教美術の白眉から、雪舟、若冲らの代表作、伊勢物語や源氏物語などの古典文学から生まれた工芸、さらには近代洋画まで、地域、時代を超えた名作の数々を12のテーマで紹介します。

国宝・重要文化財を含む約120件が集まることによってみえてくる、名作誕生のドラマをぜひご堪能ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場東京国立博物館 平成館 [MAP]
住所 東京都台東区上野公園13-9
時間 9:30〜17:00
  • 金曜・土曜は21:00まで
    日曜および4月30日(月・休)、5月3日(木・祝)は18:00まで開館
    ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日 
※ただし4月30日(月・休)は開館
観覧料 一般 1600円(1400円/1300円)
大学生1200円(1000円/900円)
高校生900円(700円/600円)
  • ※( )内は前売り/団体料金
    ※中学生以下無料
    ※団体は20名以上
    ※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)
    ※チケット取り扱い
    東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ)、展覧会公式サイト、各種プレイガイド
    前売券販売期間は2018年2月1日~4月12日
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://meisaku2018.jp/

東京国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京国立博物館 東京国立博物館

感想・評価REVIEWS

name

ハッピバースデイ

3

出品作品はスゴイです。
綺羅星のごとく輝く一線級のスター選手ばかりです。
雪舟、若冲、等伯、又兵衛など壮観な展示で東博でしか出来ない企画ですね。

ただ見せ方に難ありと個人的には思います。
ブリューゲル展でも感じたのですが、つながるというキーワードに引っ張られ過ぎて同じような作品が連続します。
薬師如来と聖徳太子と蓮をそんなに連発されてもっていう。

事前に出品リストを確認して自分が見たいものだけをじっくり鑑賞するのが良いと思います。
既に混み始めているようですので早めが吉。
仁和寺展に比べグッズにあまりグッとくるものはありません。
後期でまたガラリと展示が変わるので併せて楽しみたいと思います。

BY 黒豆

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

恒例の

4

10年に一度の國華展。
面と向かうと毎度吸い込まれる松林図屏風も前半観られます。
雪舟のモノマネシリーズに感心してしまいました。

BY revol9

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

様々な名作を堪能しました。

4

早速足を運びました。仏教美術から工芸や古典文学など、様々なジャンルの作品を大いに堪能する事が出来ました。もう一度鑑賞したいと感じました。

BY ac112291

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

参考になりました!をクリックしたユーザー

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE