美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

ボストン美術館 パリジェンヌ展
時代を映す女性たち

世田谷美術館

  • 開催期間:
  • クリップ数:24 件
  • 感想・評価:8 件
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-1
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-2
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-3
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-4
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-5
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-6
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-7
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-8
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-9
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-10
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-11
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-12
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-13
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-14
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-1
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-2
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-3
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-4
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-5
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-6
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-7
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-8
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-9
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-10
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-11
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-12
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-13
ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 世田谷美術館-14

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

パリという魅力的な都市に生きる女性、パリジェンヌ。

サロンを切り盛りする優雅な女主人に始まり、奇抜な髪型や流行のドレス姿の女たち、画家のミューズとなったモデル、また自ら道を切り開き才能を開花させた画家や女優など、彼女たちは時代を映す多様な生き方を見せています。

本展では、ボストン美術館の所蔵品約120点によって、18世紀から20世紀のパリの文化を体現してきた女性たちの姿をご紹介します。

豪奢なドレス、時のファッションを手彩色で表現した版画のほか、ルノワールによるエキゾチックなコスチュームの女性像、マネが描く街角の凛々しい女性歌手、あるいはパリに渡って画家として成功したカサットの作品など、パリジェンヌをめぐる多彩な作品をお楽しみいただきます。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場世田谷美術館 [MAP]
住所 東京都世田谷区砧公園1-2
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
※2月12日(月・振替休日)は開館
翌13日(火)は休館
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
65歳以上 1,200円(1,000円)
大高生 900円(700円)
中小生 500円(300円)
  • ※( )内は前売および団体20名以上
    ※障害者の方は500円(介助の方1名まで無料)、大高中小生の障害者の方は無料
    ※リピーター割引/会期中、本展有料チケットの半券のご提示で2回目以降は団体料金でご覧いただけます。
    ※早割ペア券(2枚セット 2000円)は9月6日(水)から11月30日(木)まで、通常前売券は10月5日(木)から2018年1月12日(金)まで販売
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)※10月1日(日)~
URLhttp://paris2017-18.jp/

世田谷美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

世田谷美術館 世田谷美術館

感想・評価REVIEWS

時代を生き抜く女性の姿

4

激動する時代に自ら道を切り開くことは容易なことではありません。ましてやこの時代、女性に対する偏見は相当なものだったと想像します。パリだからといって、ただオシャレさや華やかを強調するだけでなく、その時代に活躍した女性が偏見にも負けずに頑張る姿も垣間見られたところに好感を持ちました。

展示室の規模に対して作品数が少なく、かなり余裕を持って作品が展示されていました。また、鑑賞している方の人数も少なかったため、ゆっくり、じっくりと鑑賞することができました。

BY gengreen

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

ゆったりとパリを楽しむ

4

絵だけでなく、コスチュームや雑誌、ポストカードなどの展示があり、その時代ごとの女性たちの息吹を感じることができました。平日は、美術館までの交通の便が悪いせいか、鑑賞者が少なく、静かでした。

BY artkobuti8

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

「パリジェンヌ」その響きに心惹かれるなら

4

ファッションや芸術の最先端であり続けるパリの豪華なドレスや、肖像画、風俗画などを観ることができます。
装飾的な華やかさも然る事ながら、女流画家ベルト・モリゾや女優サラ・ベルナールなど自立した女性、知的な印象も強く受けます。

けれども昔は女性がズボンを履いたり、小説を書いたりするだけで非難されてしまう時代があったのだと驚きました。
自分を表現すること、内面から輝ける女性がもっと増えるには、私たちにもかかっているのだと感じた展覧会でした。

BY ミトン

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

美しいパリジェンヌ

4

女性達の顔や表情、衣装が華やかで美しく、パリの空気を感じることが出来ました。作品数も多く、見ごたえがあると思います。

BY PIRANI

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

素敵な女性たちの記憶

3

時代の変化する最中、もがきながらも輝く女性たちがパリを美しく導いた。

印象派のカサットやモリゾらの作品もいいし、何より肖像画に描かれた女性たちの顔が素晴らしい。

BY revol9

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

パリの華やぎを多角的に見せる

4

華の都パリの、その華々しいムードを醸し出しているものの一つにパリジェンヌがあります。
パリジェンヌにまつわる美術品を集めた展覧会ですから華やいだ雰囲気にあふれて贅沢な気分にさせてくれます。
絵画だけでなく、ファッション・プレート、食器、ドレス、リトグラフ、写真、ポスターなどなど多彩な作品で、パリジェンヌを多角的に見せます。そのパリジェンヌも、サロンのマダムや家庭の主婦、女優、踊り子など家の内外、有名無名と偏りがありません。すなわち、パリジェンヌをさまざまに見せているのです。なんとなくムードで感じ取っていたパリのムードを、構成要素で切り取ることでわかりやすく示してくれます。
都市は明るく華やぐと、その分、負の部分も生まれるはずで、その点をもう少し見せてくれると万全だったかもしれません。

BY honneko

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

いつの時代も惹きつけてやまないパリジェンヌ

5

現代でもパリといえば、日本の女性雑誌にパリジェンヌ風スタイルやパリジェンヌのファッションスナップが特集されたり、またパリのガイドブックは、どの世界都市よりも多く書店に並んでいるのではないでしょうか。
そんな女性たちの心を惹きつけてやまないパリ、そしてパリジェンヌ。
それはここ数十年の話ではなく、もう何百年も前から世界中の人々を惹きつけていた、ということがとても伝わってきた展覧会でした。

こんな街、世界を探してもパリだけだと思いませんか?

この企画展では
フラゴナール、ルノワール、メアリー・カサット、モネ・・・・
と、贅沢にも絵画の巨匠の絵画作品を通して、当時のフランスの女性たちを
垣間見ることができます。

また、絵画は勿論、
バロック・ロココ時代の上流階級女性のドレス、
19C-20cに活躍したシャルル・フレデリック・ウォルトの初期作品に当たる貴重なドレス、アールデコ、そして近代のハイブランドファッション(1960-70年代かな??)の展示もあり、本物の素敵なお洋服たちにうっとりしました

BY asana2011

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

かわいいパリがたくさん!

5

パリジェンヌ、といえばオシャレの代名詞的な感じですが、ただ宇和bだけのオシャレってことではなく、「自分自身」をちゃんともった人たちの「じぶんなりのこだわり」見たいなモノが感じられる展覧会でした。
こだわりを追求したあまりに、コルセットや下着を改良したり、工夫したり、といういろいろな服飾の歴史もわかりやすく、またかわいらしいファッション誌や本物のドレスもあったり、と女の子はみんな好きな世界だとおもいます。

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE