Art AgendA

EXHIBITION

高畑勲がつくるちひろ展 ようこそ!ちひろの絵のなかへ

ちひろ美術館・東京

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
独自の審美眼をもつ、演出家 高畑勲の視点からちひろの絵の魅力を新発見し今までにない演出でちひろの絵の世界を“体感”する
古今東西の美術や文学に通じ、独自の審美眼でアニメーション表現の可能性を追求し、第一線で活躍してきた高畑勲。彼に深い洞察を与え続けてきた画家のひとりが、いわさきちひろです。 高畑が初めて、ち…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

古今東西の美術や文学に通じ、独自の審美眼でアニメーション表現の可能性を追求し、第一線で活躍してきた高畑勲。彼に深い洞察を与え続けてきた画家のひとりが、いわさきちひろです。

高畑が初めて、ちひろの絵本に出会ったのは今から約50年前のことです。当時、高畑の長女が保育園から家に持ち帰った絵本が『あめのひのおるすばん』でした。詩のような短いことばと水彩のにじみを生かした絵で子どもの心をとらえたちひろの絵本に心を奪われたといいます。

ちひろが新たな絵本表現に意欲的に取り組み始めたとき、高畑はリアルタイムでその作品に接し、折に触れてインスピレーションを得てきました。

本展では、高畑の視点からちひろの絵の魅力を新発見し、今までにない演出でちひろの絵の世界を“体感”していただきます。

◆ 高畑勲(1935~)
東京大学仏文科卒業。東映動画(現・東映アニメーション)などを経て、1985年、宮崎駿らとスタジオジブリ設立。主な監督・演出作品にTVシリーズ「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」、映画「じゃりン子チエ」「セロ弾きのゴーシュ」「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「ホーホケキョ となりの山田くん」「柳川掘割物語」「かぐや姫の物語」など。そのほか「王と鳥」など海外アニメーションの日本語版翻訳・監修や『十二世紀のアニメーション』『アニメーション、折りにふれて』など著作多数。当財団評議員。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場ちひろ美術館・東京 [MAP]
住所 東京都練馬区下石神井4-7-2
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※月曜日が祝休日の場合は開館、翌平日休
※8/1~8/20は無休
観覧料 大人800円
高校生以下無料
  • ※グループ(有料入館者10名以上)、学生証をお持ちの方、65歳以上は700円
    ※障害者手帳ご提示の方は400円、介添の方は1名まで無料。視覚障害のある方は無料となります。(二重割引はいたしておりませんのでご了承ください。)
    ※ちひろ美術館(東京・安曇野)では「年間パスポート」(2,500円)あり
TEL03-3995-0612 テレフォンガイド 03-3995-3001
URLhttp://www.chihiro.jp/tokyo/
割引券https://www.chihiro.jp/tokyo/coupon/form/

ちひろ美術館・東京の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

ちひろ美術館・東京 詳細はこちら

感想・評価REVIEWS

まだレビューがありません。レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE