美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

アルチンボルド展

国立西洋美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
奇想と知、驚異と論理とが交錯する絵画。油彩や素描など約100点の作品からアルチンボルドのイメージ世界の生成の秘密に迫る
ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)は、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍した、イタリア・ミラノ生まれの画家です。 自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世、…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)は、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍した、イタリア・ミラノ生まれの画家です。

自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世、稀代の芸術愛好家として知られるルドルフ2世という神聖ローマ皇帝たちに寵愛されたアルチンボルドは、歴史上でもひときわ異彩を放つ、宮廷の演出家でした。

そんな「アルチンボルド」の名は何よりも、果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々によって広く記憶されています。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘い、20世紀のシュルレアリスム以後のアーティストたちにも、大きな刺激を与えました。

本展は、世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点や素描を中心に、およそ100点の出品作品により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫り、同時代の文脈の中に彼の芸術を位置づけ直す試みです。日本で初めて、アルチンボルドのユーモアある知略の芸術を本格的にご紹介する展覧会です。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場国立西洋美術館 [MAP]
住所 東京都台東区上野公園7番7号
時間 9:30〜17:30(最終入場時間 17:00)
  • ※毎週金・土曜日:9:30~20:00
    ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日 
※ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館、7月18日(火)は休館
観覧料 当日
一般 1,600円
大学生 1,200円
高校生 800円

前売/団体
一般 1,400円
大学生 1,000円
高校生 600円
  • ※上記前売券は2017年3月21日(火)~2017年6月19日(月)まで販売。ただし、国立西洋美術館では2017年3月21日(火)~2017年6月18日(日)まで販売
    前売券の販売場所はこちらでご確認ください
    ※2017年6月20日(火)からは当日券販売
    ※団体料金は20名以上
    ※中学生以下は無料
    ※心身に障がいのある方および付添者1名は無料
    (入館の際に障がい者手帳をご提示ください)
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://arcimboldo2017.jp/

国立西洋美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立西洋美術館 国立西洋美術館

感想・評価REVIEWS

name

アルチンボルト展を観て来ました。

5

私は以前に渋谷のbunkamuraで開催された「だまし絵展」の一部でアルチンボルトの作品を観たことがありますが、今回の様に彼の作品群が世界から一堂に集結したのは初めてで、もう暫くはこの様な展覧会は見られないとのことです。
テレビ放映したためか、混雑していました。中に入ると直ぐに、30人ほどの列を発見。何かと思いきや、自分の顔を画面に映すとアルチンボルト風の絵に仕上がるというユニークな企画でした。混雑していなければ、試してみたかったのですが。
こちらの展示では約100点が展示されています。私の大好きなハブスブルグ家の3代の皇帝の側近として君臨したアルチンボルト。彼が何故に長きに渡り、皇帝に仕えることができたのか、あのユニークなだまし絵的な絵の素材をどの様にして手に入れることができたのか、あの奇抜ともいえる絵はハブスブルグ家の何を意味しているのか、誰の影響を受けてあの絵を描く切っ掛けとなったの等、その全ての謎を解いてくれるそんな展覧会でした。

余談ですが、常設展にル・コルビュジエの設計した国立西洋美術館の屋根の図面が「蚊取り線香型」となっていることを発見。では実際の屋根はという素朴な疑問を抱き、ミュージアムショップにて調査。その結果、四角い蚊取り線香型が途切れた四角形になっていることを発見し、納得。

BY kaino3suke

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

まるで博物図鑑

5

展覧会を知った時は全く知識がなく、奇をてらった作品なの?
その後解説やテレビ番組などで皇帝のお抱え画家であり、絵の中に隠された深い意味があることを知りました
実際に作品を前にすると植物にしろ動物にしろその細部にわたるまで繊細で細密なことに驚き、見入ってしまいました
他の画家のおなじような作品もありましたが完成度のレベルが全然違うと感じました
祭事か何かのデッサンも展示されていましたが、皇帝のお抱え画家の仕事が単に絵画にとどまらずアートディレクター的な多岐にわたっていたこともわかりました
どの作品も見つめていると長居をしてしまうものでした

BY kochawan

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

やっとであえた!

未評価

ずーと見たかったアンチンボルトの「春」
パズルのように組み合わさったお花が肖像画に。平面図なのに立体に見えてくるのはアンチンボルトの才能。今回チケット当選で鑑賞でき感謝です。
素敵な時間をありがとう!

BY aa0317jp

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

二重三重にこめられた含意を読み解く

4

イタリアのマニエリズム画家、アルチンボルドの絵画は「だまし絵」として有名。
たくさんの野菜の組み合わせで表現された肖像画。あるいは魚介類、動物、花。
モデルとなった人物の職業や身分に応じ、素材は異なれど、いろいろな素材をパズルのピースのように組み合わせ、肖像画を構成する。
同工異曲といえばそれまでですが、その手並みはすぐれて絵画的。
そのアルチンボルドの大規模な展覧会が、おそらく日本では初めての開催。
単独の作品を見ることはあっても、一堂に会して圧倒的です。
アルチンボルドを語るときにキーワードのように出てくる言葉が「だまし絵」、会場に来ていた子供たちが、この奇ッ怪な絵も前にして、あ、象がいる、鹿がいる。リンゴだ、サクランボウだと、絵の中に埋め込まれた素材をみつけては嬉々としている様子が印象的。
しかし実際には「だまし絵」というよりは「判じ絵」に近く、判じ絵だから、謎解きを解くように、あ、ここに象がいる、鹿がいる・・・と見つけ出す。
ばかりか、描かれた人やその人の家にゆかりのあるシンボルを織り込むケースもしばしばあって、そこも読み解く必要がある。またたとえば、絵と言葉もダブルミーニングになっている仕掛けもほどこされているのではなかったか(澁澤龍彦のエッセイにそんな文章があったような記憶がある)。
何がどう描かれているかだけでなく、そこのこめられた含意を解読するという面白みも、アルチンボルドの絵にはあります。
とはいえ、これは知識がないと、今の日本に住む我々にはなかなか難しい。
そのためにも図録は買っておくべきでしょう。2800円は高くない。

BY honneko

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

奇想も奇想

5

若冲ブーム以降、何かと「奇想」づいている中、16世紀ヨーロッパを生きた真打ち登場。
フォロワーたちの作品と比べると、早すぎた天才の圧倒的な画力に驚愕すること間違いなしです。

BY revol9

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

参考になりました!をクリックしたユーザー

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE