美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

興福寺中金堂再建記念特別展 「運慶」

東京国立博物館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
運慶とゆかりの深い興福寺をはじめ各地から名品を集めて、その生涯の事績を通覧。運慶の作風の樹立から次代の継承までを辿る
奈良・興福寺では2010年の創建1300年を機に、今世紀最大級の木造建築事業と言われる中金堂の再建事業を進めています(2018年落慶予定)。 本展覧会はこの中金堂が約300年ぶりによみがえるのを記念し、鎌倉…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

奈良・興福寺では2010年の創建1300年を機に、今世紀最大級の木造建築事業と言われる中金堂の再建事業を進めています(2018年落慶予定)。

本展覧会はこの中金堂が約300年ぶりによみがえるのを記念し、鎌倉時代初頭に、興福寺の復興・再建を牽引した天才仏師・運慶に焦点を当て、その優れた業績を広く紹介するものです。

運慶は、平安時代末期から鎌倉時代初頭に活躍した仏師です。奈良に拠点を置いた工房の出身で、新しい時代にふさわしい、写実的で力強い作風を生み出しました。本展覧会では、興福寺以外からも運慶の作品を加えて、その代表作を初期から晩年まで通覧し、さらに父・康慶(こうけい)の作品や運慶の実子・湛慶(たんけい)、康弁(こうべん)ら親子3代の作品も加え、大仏師・運慶の真髄を紹介する、最大規模、国立博物館初の決定版的な展覧会となります。

◆運慶について
運慶(生没年不詳)は平安時代末期から鎌倉時代初頭という時代の大転換期に活躍した仏師です。源平の合戦の中、平家によって焼かれた南都の復興に活躍する一方、京都の貴族、新興勢力である鎌倉幕府、東国武士の依頼を受けて造像したことが知られます。

運慶の造形の特色は、生きているかのような現実感に富み、動きの一瞬を捉えた作風は、多くの仏師に影響を与えました。運慶の造形力は卓越しており、日本を代表する彫刻家というに留まらず、世界でも屈指の巨匠といっても過言ではありません。

運慶作あるいはその可能性が高い作品は約30点と多くはありませんが、最近新たな運慶作品が見出され、注目を浴びました。さらにX線CT調査によって得た像内納入品Read Moreの映像も運慶研究を大きく進展させるものです。この展覧会では運慶の代表的な作品とともに父康慶、実子である湛慶、康弁等の作品を集めて構成し、運慶の誕生から次世代への継承までをたどります。Close

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場東京国立博物館 平成館 [MAP]
住所 東京都台東区上野公園13-9
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※特定日、時間延長あり。入館は閉館時間の30分前まで
休館日 月曜日 
※10月9日は開館
観覧料 一般 1600円
※その他は未定
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://unkei2017.jp/

東京国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京国立博物館 東京国立博物館

感想・評価REVIEWS

まだレビューがありません。レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE