美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)

京都国立博物館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:会期終了
幻の最高傑作「月下渓流図屏風」など代表作をはじめ貴重な初期作や新発見・初公開作品から友松の生涯を辿る史上最大の回顧展
武家に生まれ、桃山を生きた!この絵師、ただものではない! 海北友松(1533~1615)は狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は、若年を東福寺で過…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

武家に生まれ、桃山を生きた!この絵師、ただものではない!

海北友松(1533~1615)は狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は、若年を東福寺で過ごしましたが、主家や兄たちが信長に滅ぼされるに及び、還俗して狩野派の門を敲き、画の道に進んだと伝えられています。

いま遺る作品のほとんどは狩野派から独立して以後の晩年期(60歳以降)のものですが、鋭い筆遣いが駆使された気迫溢れる水墨画や詩情豊かな大和絵金碧画などは、ほかの誰の作とも似ていない、まさに友松ならではのものといえましょう。

この展覧会では、晩年期の代表作はもとより、数少ない初期作や新発見・初公開の作品、さらに諸人との幅広い交流の跡を物語る書状や文書類など70余件を展示し、83年にわたる友松の生涯そして画業を振り返ります。

【アートアジェンダニュース】
2017年上半期に開催スタートの注目の展覧会<関西版&全国版>にてご紹介中の展覧会です。


開催概要EVENT DETAILS

会期
  • ※会期中、一部の作品は展示替えを行います。
    主な展示替:前期 4月11日~4月30日/後期 5月2日~5月21日
会場京都国立博物館 [MAP]
住所 京都府京都市東山区茶屋町527
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 900円(700円)
中学生以下無料
  • ※( )内は前売および団体20名以上。
    ※前売券の販売期間は、2017年1月11日(水)~4月10日(月)
    ※障がい者の方とその介護者(1名)は、障がい者手帳などのご提示で無料となります。
    ※チケットの主な発売場所
    オンラインチケット(公式サイト)、チケットぴあ(Pコード:767-951)、ローソンチケット(Lコード:52533)、セブンチケット、イープラス、CNプレイガイド、JTB各店舗ほか主要プレイガイドとコンビニエンスストアほか、(チケット購入時に手数料がかかる場合があります)
TEL075-525-2473 (テレホンサービス)
URLhttp://yusho2017.jp/

京都国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

京都国立博物館 京都国立博物館

感想・評価REVIEWS

name

雲龍図屏風すごかった

5

今回楽しみにしていた海北友松展 ありがたい事にアートジェンダのプレゼント企画に当選して行ってきました 楽しみにしていた雲龍図屏風 展示会場に足を踏み入れるとなんとも不気味な空気感 でもいつまでも見入ってしまう不思議な絵でした

BY yoshie85

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

大トリ

5

京博の桃山絵師シリーズ最後を飾るのは、狩野派や等伯に比べると知名度の低い友松。
しかし、これまでの展覧会と比べても、勝るとも劣らぬ作品群。
おウチに帰ってからの復習には、月下渓流図屏風が表紙の会場限定ver.図録が見応え十分かつレアでおすすめです。

BY revol9

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

浜松図屏風が秀逸

4

狩野永徳、長谷川等伯、と数年かけて見てきました。雲竜図以外の友松も、特に浜松図屏風等は永徳、等伯に引けを取らず素晴らしいと感じました。絵師も生き方なんですね。
月下渓流図屏風はずっと眺めていたい作品でした。等伯の松林図屏風とは違う、穏やかな静謐に満ちた時間を感じました。

BY yuka0525ares

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

参考になりました!をクリックしたユーザー

name

必見の雲龍図!

5

建仁寺所蔵の雲龍図は、圧倒的な迫力がありました!
スピード感がありつつも、計算された構図・描き方などを感じ、
とてもかっこよかったです。
雲龍図が数点並んだ部屋も、
照明が暗ーく少し不気味な印象で、心に残りました。

狩野派の特徴が出ている初期の屏風絵から、
詩的で穏やかな最晩年の水墨画まで、
友松の魅力がたっぷり詰まった展覧会だったと思います^^

博物館では、ゆるキャラのトラりんにも会えて、大満足でした♪

土曜日に行きましたが、押し合いへし合い、と言うほどは混んでいなかったので、比較的見やすいと思います。ぜひ^^

BY hohoho2n

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

参考になりました!をクリックしたユーザー

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE