鑑賞レポート一覧

新せ界

新せ界

六本木ミュージアム|東京都

開催期間:

  • VIEW353
  • THANKS0

新せ界は、過去も現在もあって創造されていくものだった

欅坂46時代には展覧会が無かったが、櫻坂46になってようやく展覧会が開催されることとなり、ファンからしたらたまらないものだった。開催された場所が以前、姉妹グループの乃木坂46が開催しただいだいぜんぶ展と同じ六本木ミュージアムであったことも感慨深い。
衣装やCDジャケットの展示などもあり、普段間近で見れない作品を観ることができた。間近どころか、この展覧会以外では公開されていないダンス練習シーンや、MV撮影シーンの合間のやり取り、最近のパリ郊外での映像が所々にあり、どこも見逃せない空間であった。それは勿論、足元も例外ではない。展示作品の足元をよく見ると、櫻坂46時代のダンスシーン映像やコンセプト企画書などが散りばめられていた。それはつまり、欅坂46という地盤があったからこそ、今の櫻坂46がつくりあげられているということを物語っていて、古参のファンのこともわかっている演出がされていて嬉しかった。
個人的に嬉しいと同時に悔しいと感じたのは、「なぜ恋をしてこなかったのだろう?」の解説コーナーである。このコーナーではMVシーンの絵コンテが全部公開されていたが、一部が天井近くの壁にまで展示されていて、すべてを見るには、あまりにも身長、視力が足りなかったのだ。あれ程悔しい思いをしたことはない。今度また鑑賞する際には双眼鏡を持っていこうと考える程だ。
最後の方にはそれぞれのメッセージやメンバーたちの手書きの新せ界の字やサインがあり、満足して退館できた。
これからの櫻坂46を知りたい人は、この新せ界に足を運ぶことをお薦めする。

鑑賞レポート一覧に戻る

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE