美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

川崎市市民ミュージアムKAWASAKI CITY MUSEUM

川崎市市民ミュージアム

川崎市市民ミュージアムについてABOUT KAWASAKI CITY MUSEUM

川崎市市民ミュージアムは、「都市と人間」という基本テーマを掲げて、1988年11月に開館した、美術館・博物館・映像ホールの複合文化施設である。

美術館部門では、都市文化の中で成長を遂げてきたポスター・写真・漫画・映画・ビデオなどの大衆芸術・複製芸術を中心に紹介し、博物館部門では、歴史・民俗・考古資料を通じて都市・川崎の成り立ちと歩みを紹介している。また、映像ホールでは、戦後独立プロの作品など、貴重な所蔵フィルムを中心に戦前戦後~現代までの作品を定期上映している。

また、川崎市市民ミュージアムは、1988年の開館当初に日本の公立美術館・博物館で初めて漫画部門および写真部門を設置し、資料の収集・展示を始めた。

開館時から収集してきた6万点に及ぶ漫画関連の収蔵品のうち、著作権が消滅している一部の内容について、IRI(NPO法人知的資源イニシアティブ)提供のシステムを利用し、「川崎市市民ミュージアム 漫画資料コレクション」「川崎市市民ミュージアム 漫画資料コレクション」 を試行的に公開している。

川崎市市民ミュージアムが収蔵する漫画資料のうち、葛飾北斎『北斎漫画』、川鍋暁斎『暁斎鈍画』、鳥山石燕『画図百鬼夜行』『今昔百鬼拾遺』などの版本の全ページがWEB上で閲覧できる。

館内には、ミュージアムの中心にある高さ25mの吹き抜け空間「逍遥展示空間」をはじめ、福田繁雄や手塚治虫などが手がけた「都市と人間」を具象化するオブジェを常設展示している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-2 (等々力緑地内)  TEL 044-754-4500
川崎市市民ミュージアム [MAP]

利用案内INFORMATION

川崎市市民ミュージアム 公式サイトURL
https://www.kawasaki-museum.jp/
所在地
〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-2 (等々力緑地内)
TEL 044-754-4500
最寄駅
<武蔵小杉駅>
北口1番乗り場から川崎市バス(約10分)
南口「東横線小杉駅」バス停から東急バス(約10分)
横須賀線口2番乗り場から東急バス(約15分)※土曜・休日のみ

<溝の口駅>
北口3番乗り場から川崎市バス(約20分)
北口5番乗り場から東急バス(約20分)

<川崎駅>
川崎駅ラゾーナ広場82番乗り場から東急バス(約40分)

※専用駐車場はありません
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が休日の場合は開館
※祝日の翌日が土・日の場合は開館
※年末年始
入館料・観覧料
入館および博物館展示室は無料

企画展は、展覧会によって異なります
開催展覧会情報をご確認ください
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は観覧料は無料
※20名以上の団体でご利用いただく場合、観覧料が割引となります
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
かわさきししみんみゅーじあむ

川崎市市民ミュージアムについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

川崎市市民ミュージアム 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中妖怪/ヒト  ファンタジーからリアルへ

会期:

妖怪は、古代から科学では説明できない現象を引き起こし、人々に恐れられてきた存在です。不可思議な現象だけでなく異形の存在もまた、妖怪になぞらえ...

妖怪/ヒト  ファンタジーからリアルへ

開催中昔のくらしと家庭の道具2019

会期:

川崎市市民ミュージアムでは大正から昭和にかけての人々のくらしの変化について、生活道具のうつりかわりから紹介する企画展「昔のくらしと家庭の道具2019」を開催します。 今から100年前、電気やガス、...

昔のくらしと家庭の道具2019

開催中のらくろであります!田河水泡と子供マンガの遊園地〈ワンダーランド〉

会期:

2019年は、漫画家・田河水泡(たがわすいほう)(1899-1989)の生誕120年にあたります。彼の代表作...

のらくろであります!田河水泡と子供マンガの遊園地〈ワンダーランド〉

開催予定犬塚 勉 風景が芸術になる

会期:

犬塚 勉(いぬづかつとむ・1949-1988)は、川崎市に生まれ、豊かな自然の残る西多摩郡稲城村(現・稲城市)で少年時代を過ごしました。 小学校時代に見た三沢川の光景が描きたいという思いから画家を志...

犬塚 勉 風景が芸術になる

これまでに川崎市市民ミュージアムで開催された展覧会

会期終了なばたとしたか こびとづかんの世界

会期:

なばたとしたかの書籍「こびとづかん」シリーズは、2006年の刊行以来、一度見ると忘れられない強烈な印象のキャラクターと、図鑑形式という独特のスタ...

なばたとしたか こびとづかんの世界

会期終了岩合光昭写真展 ねこづくし

会期:

1950年に東京に生まれ、動物写真家の父・岩合徳光に同行したガラパゴス諸島で二十歳を迎えた岩合光昭は、その大自然を目の当たりにし、動物写真家を志します。 1979年には『海からの手紙』で第5回木村伊...

岩合光昭写真展 ねこづくし

会期終了ZooとArt 色とカタチのどうぶつ展

会期:

本展では、川崎市市民ミュージアム所蔵の美術作品の中から、どうぶつが描かれた近現代のポスター、マンガ、版画作品約80点を「リアル」、「デザイン」、「コミカル」の3つの視点から紹介します。 同じ種...

ZooとArt 色とカタチのどうぶつ展

会期終了竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary

会期:

退廃的な生活を送る美少年ジルベールと正義感あふれる少年セルジュ。この二人の主人公を中心に、ラコンブラード学院の寄宿舎で繰り広げられる代表作『...

竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary

会期終了発掘された日本列島2018 新発見考古速報

会期:

日本列島では、毎年約8,000件の発掘調査が行われています。「発掘された日本列島2018」展では、このうち近年発掘され成果がまとまった全国17の遺跡から...

発掘された日本列島2018 新発見考古速報

会期終了ビッグコミック50周年展

会期:

今年創刊50周年を迎えた小学館のマンガ雑誌『ビッグコミック』。 マンガが若者たちの文化として大きく拡がり始めた1960年代に登場し、「大人のためのコミック誌」という領域を切り拓いたその軌跡は、マ...

ビッグコミック50周年展

会期終了連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか……

会期:

日本で初めて漫画部門を設立した美術館「川崎市市民ミュージアム」 漫画文化を発信し続けるミュージ...

連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか……

会期終了かこさとしのひみつ展-だるまちゃんとさがしにいこう-

会期:

『だるまちゃんとてんぐちゃん』や『からすのパンやさん』など、皆さんが一度は目にしたことがある絵本の作家かこさとしは、50年以上にわたりおはなし...

かこさとしのひみつ展-だるまちゃんとさがしにいこう-

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE