美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

熊本市現代美術館Contemporary Art Museum, Kumamoto

熊本市現代美術館

熊本市現代美術館についてABOUT Contemporary Art Museum, Kumamoto

2002年10月、熊本県熊本市に開館した現代美術館である。熊本県出身の洋画家である故 井手宣通コレクションで知られ、美術館内に、井手宣通記念ギャラリーを擁する。

エントランスに入ったその瞬間からアート体験が始まる「アートホーム」として、国際的に活躍する4人のアーティストに、館内のさまざまな場所に建築と一体化した作品の制作を依頼し、以下の作品を館内に恒久的に展示している。

・光のアーティストとして知られるジェームズ・タレル(James Turrell/1943年/アメリカのロサンゼルス生)の光の天蓋を設置した、光の図書館。

・コミュニケーションの意味を問うパフォーマンスやインスタレーションで知られるマリーナ・アブラモヴィッチ(Marina Abramovic/1946年/旧ユーゴスラヴィアのベオグラード生)による、ホームギャラリーに設置し、その中で寝ることもできるユニークな本棚。

・60年代以降、ニューヨークをはじめ、世界各国でドット・ペインティング(点による絵画)や前衛的なパフォーマンスを展開する草間彌生(Yayoi Kusama/1929年/長野県生)による、階段下に設置したミラールーム。

・発光ダイオードが数字を刻むように点滅する作品によって独自の世界観を表出する宮島達男(Tatsuo Miyajima/1957年/東京都生)による、エントランスロビーの中心に設置した、美術館の鼓動を象徴する光の柱。

熊本市現代美術館は、1993年6月、井手宣通の遺族より、熊本市に主要な作品が寄贈されたことを発端として美術館建設計画が始まった。1997年3月、熊本市議会の決定により、上通A地区第1種市街地再開発事業に参画。その後、2002年3月、上通A地区市街地再開発ビル建築工事が竣工し、10月12日に開館した。

洋画家 井手宣通(いで のぶみち、1912年2月1日-1993年2月1日)は、熊本県上益城郡出身。東京美術学校を卒業後、帝展、文展などを中心に活躍した。自ら「日洋会」を創設するなど後継の指導育成にあたり、戦後の洋画壇の刷新に貢献した。

熊本市現代美術館に収蔵されている作品に
安本亀八 《相撲生人形》 1890年
中島千波 《一心行の桜》 2003年
マリーナ・アブラモヴィッチ 《Count on US》 2003年
アンドレアス・グルスキー 《San Paulo Se》 2002年
ほか

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒860-0845 熊本県熊本市中央区上通町2-3 びぷれす熊日会館3階   TEL 096-278-7500
熊本市現代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

熊本市現代美術館 公式サイトURL
https://www.camk.jp/
所在地
〒860-0845 熊本県熊本市中央区上通町2-3 びぷれす熊日会館3階 
TEL 096-278-7500
最寄駅
<JR線をご利用の場合>
熊本駅から市電またはバスで15分、通町筋下車
新水前寺駅から市電またはバスで10分、通町筋下車

<航空機をご利用の場合>
熊本空港から空港バスで40分、通町筋下車

<高速自動車道をご利用の場合>
熊本インターから車又は高速バスで30分、通町筋下車
開館時間
開館時間 10:00〜20:00
定休日
火曜日 
定休日についての追記事項
※火曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館
年末年始(12月29日から1月3日)
入館料・観覧料
入館料は無料です(企画展示室を除く)。
ホームギャラリー(美術図書館)、キッズサロン(子供用遊び場)をはじめ、熊本市現代美術館のさまざまな機能が無料でご利用いただけます。

企画展示室のみ観覧料が必要です。
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
くまもとしげんだいびじゅつかん

熊本市現代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中デザインあ展 in KUMAMOTO

会期:

こどもたちのデザイン的な思考をはぐくむテレビ番組・NHK Eテレ「デザインあ」。本展は「デザインあ」のコンセプトを実際の体験に発展させた企画展です。 優れたデザインには、人と...

デザインあ展 in KUMAMOTO

熊本市現代美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに熊本市現代美術館で開催された展覧会

会期終了大竹伸朗 ビル景 1978-2019

会期:

大竹伸朗(おおたけしんろう 1955-)が、1970年代から現在までの約40年間にわたり、「ビル景」というシリーズの絵画を描き続けていることに、本展では注目する。 「ビル景」は、現実...

大竹伸朗 ビル景 1978-2019

会期終了GⅢ-vol.127 田中栄一展 太古の鼓動

会期:

本展は、熊本出身・在住の写真家 田中栄一(1954-)の個展で、オーストラリアのフレーザー・アイランドを取材したカラー写真作品を、縦...

GⅢ-vol.127 田中栄一展 太古の鼓動

会期終了バブルラップ

会期:

このたび熊本市現代美術館は、「バブルラップ:『もの派』があって、その後のアートムーブメントはいきなり『スーパーフラット』になっちゃうのだが、その間、つまりバブルの頃って、...

バブルラップ

会期終了魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム

会期:

中国随一の経済都市である上海は近年、地元政府の都市計画による後押しもあり、万博跡地を中心にアート関係施設やイベントが続々と増加...

魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム

会期終了蜷川実花展 -虚構と現実の間に-

会期:

写真家の枠を超え、映画、デザイン、ファッションなど多彩な活躍をしている蜷川実花。 本展では、「虚構と現実」をテーマに、アーティストの写真の本質に迫ります。 桜をはじめ色...

蜷川実花展 -虚構と現実の間に-

会期終了渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉

会期:

熊本市現代美術館は、演劇作家である岡田利規(チェルフィッチュ主宰)が境界のありようをテーマにつくる6本の〈映像演劇〉によって構成...

渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉

会期終了熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト

会期:

本展は、2016年の熊本地震により熊本城が大きな被害を受け、その敷地の大部分が立入不可となっている状況を背景に、熊本出身の特撮美術...

熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト

会期終了開館15周年記念 誉(ほまれ)のくまもと展

会期:

2016年熊本地震から一歩ずつ復興へと向かう市民と全国からの応援を熊本の「誉」とし、「熊本の歴史と未来」をテーマに、石内都、宮島達...

開館15周年記念 誉(ほまれ)のくまもと展

会期終了三沢厚彦 ANIMALS in 熊本

会期:

三沢厚彦は、日本を代表する現代彫刻家として知られています。 2000年から制作を開始した「Animals」は、動物をモチーフとした三沢の代表作で、樟(くすのき)の丸太から、力強いノ...

三沢厚彦 ANIMALS in 熊本

会期終了高橋コレクションの宇宙

会期:

精神科医・高橋龍太郎氏によって収集された高橋コレクションは、1990年代以降の日本の現代美術を主軸に据えたプライベートコレクションです。 きっかけとなったのは、1960年代後半...

高橋コレクションの宇宙

会期終了3.11→4.14-16 アート・建築・デザインでつながる東北⇔熊本

会期:

熊本市現代美術館では、ギャラリーⅢにおける115回目の企画展として「3.11→4.14-16 アート・建築・デザインでつながる東北⇔熊本」展を開...

3.11→4.14-16 アート・建築・デザインでつながる東北⇔熊本

会期終了CAMKコレクション展 Vol.5  知っとるね?くまもとのお宝、大公開てばい!

会期:

2017年に開館15周年を迎える熊本市現代美術館のコレクションには、熊本市現代美術館での...

CAMKコレクション展 Vol.5  知っとるね?くまもとのお宝、大公開てばい!

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE