美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

広島市現代美術館Hiroshima City Museum of Contemporary Art

広島市現代美術館

広島市現代美術館についてABOUT Hiroshima City Museum of Contemporary Art

広島市現代美術館は、市制施行100周年、広島城築城400年の年にあたる、1989年5月3日に開館した現代美術を扱う美術館である。市内を見渡す比治山の丘陵、桜の名所としても親しまれている緑豊かな公園内に位置する。建築設計は黒川紀章によるもの。古代ヨーロッパの広場を思わせるアプローチプラザ、外観の三角屋根は日本の蔵を思わせる。建物の素材は地面から高くなるに従って、自然石、磨き石、タイル、アルミ、と現代的な素材へと軽やかに変わっていく。

作品の収集は、3つの方針「主として第二次世界大戦以降の現代美術の流れを示すのに重要な作品」、「ヒロシマと現代美術の関連を示す作品」、「将来性ある若手作家の優れた作品」によって行われている。また、従来の美術分野にとらわれず、デザイン・建築などの作品も積極的に収集し、現代美術の総合的な美術館を目指している。

主な収蔵作品として、アンディ・ウォーホル「マリリン」1967、ヘンリー・ムーア「アトム・ピース」1964-65、モーリス・ルイス「ワイン」1958、ドナルド・ジャッド「無題」1968、フランク・ステラ「ラッカ1」1967、靉光「静物(魚の頭)」1941、斎藤義重「複合体401ヒロシマ」1988、若林奮「ドーム」1988 などがある。

野外彫刻には、田窪 恭治、フェルナンド・ボテロ、岡本 敦生、舟越 保武、菅 木志雄、ヘンリー・ムーアなどの作品が展示されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒732-0815 広島県広島市南区比治山公園1-1  TEL 082-264-1121
広島市現代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

広島市現代美術館 公式サイトURL
https://www.hiroshima-moca.jp/
所在地
〒732-0815 広島県広島市南区比治山公園1-1
TEL 082-264-1121
最寄駅
<広島駅から>
路面電車
5番「広島港」行き「比治山下」下車 約500m
広島バス
(1)「旭町」行き(26-1番系統)A-3番のりば
(2)「県病院」行き(31番系統)B-7番のりば
広電バス
(3)「大学病院」行き(5番系統)A-4番のりば
「段原中央」下車、動く歩道「比治山スカイウォーク」経由約700m

タクシー約10分
その他のアクセス方法はこちらから
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝休日・8月6日にあたる場合は開館し、その翌平日休館
※年末年始
入館料・観覧料
<コレクション展>
一般 370円(280円)
大学生 270円(210円)
高校生・65歳以上 170円(130円)
※( )内は30人以上の団体料金

<特別展>
各展覧会ごとに設定しています。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
前売券取り扱い場所
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ひろしましげんだいびじゅつかん

広島市現代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

モダンアート再訪―ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展

開催期間:

20世紀の美術は、次々に現れる前衛的な美術運動によって彩られています。シュルレアリス...

モダンアート再訪―ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展

作品約70点でモダンアートの歴史を辿る
ただいま開催中

これまでに広島市現代美術館で開催された展覧会

阿部展也―あくなき越境者

開催期間:

新潟県出身の作家、阿部展也(あべ・のぶや1913-1971)は、瀧口修造との詩画集『妖精の距離』(1937)により若くして一躍注目を集めま...

阿部展也―あくなき越境者

初期から晩年にかけての主要作品や資料等
会期終了

交わるいと 「あいだ」をひらく術として

開催期間:

糸や布、繊維を素材にした作品は、工芸や美術といったジャンルを問わずたくさんあります。 本展では16組の作家に注目し、彼ら彼女らが...

交わるいと 「あいだ」をひらく術として

どのような「あいだ」が開かれるのか
会期終了

藤森照信展 自然を生かした建築と路上観察

開催期間:

1946年生まれの藤森照信は、高校卒業まで長野県茅野市で過ごし、東北大学、東京大学大学院に進学しました。近代建築史・都市史研究の第...

藤森照信展 自然を生かした建築と路上観察

建築と自然との関係を取り戻す
会期終了

第10回ヒロシマ賞受賞記念 モナ・ハトゥム展

開催期間:

世界最初の被爆地である広島市は、世界の恒久平和と人類の繁栄を願う「ヒロシマの心」を美術を通して世界へ訴えることを目的とし、1989...

第10回ヒロシマ賞受賞記念 モナ・ハトゥム展

日本で初めての本格的な個展
会期終了

村野藤吾の建築―世界平和記念聖堂を起点に

開催期間:

日本を代表する建築家の一人である村野藤吾(1891~1984)は、戦前戦後を通じて関西を中心に活動し、そごう百貨店(1935)、宇部市民館(...

村野藤吾の建築―世界平和記念聖堂を起点に

自由で豊かな世界とその思想を体感
会期終了

殿敷侃(とのしきただし):逆流の生まれるところ

開催期間:

広島出身の作家、殿敷侃(とのしき・ただし1942-1992)は29歳で画家を志し、本格的な制作を開始しました。70年代からは生活と創作の拠...

殿敷侃(とのしきただし):逆流の生まれるところ

殿敷侃という作家の全貌に迫る
会期終了

世界が妙だ! 立石大河亞+横山裕一の漫画と絵画

開催期間:

立石大河亞/タイガー立石/立石紘一(1941-98)は、1963年、第15回読売アンデパンダン展に出品し、美術家としてのキャリアをスタート...

世界が妙だ! 立石大河亞+横山裕一の漫画と絵画

漫画原画と絵画が展示室を埋め尽くす
会期終了

1945年±5年 戦争と復興:激動の時代に美術家は何を描いたのか

開催期間:

「1945年±5年」展は、1945(昭和20)年を境にして、その前後それぞれ5年間の日本の美術を...

1945年±5年 戦争と復興:激動の時代に美術家は何を描いたのか

最も激動の過酷な時代、美術家の表現とは
会期終了

コレクション展2016−Ⅱ コレクション・ハイライト+特集「ヒロシマの現代美術」

開催期間:

「コレクション・ハイライト」では、広島市現代美術館のコレクションから選りすぐりの作...

コレクション展2016−Ⅱ コレクション・ハイライト+特集「ヒロシマの現代美術」

「ヒロシマ」をテーマに作家らが制作
会期終了

東松照明 ―長崎― 展

開催期間:

戦後日本を代表する写真家・東松照明(1930ー2012)が50年にわたり撮影を続けた長崎。広島と同様に原子野となった街の再生を歴史や風土...

東松照明 ―長崎― 展

戦後日本を代表する写真家東松照明の視点
会期終了

コレクション展2016-Ⅰ あふれる「せい」― 生、勢、盛、精

開催期間:

なぜか気になる作品、描かれているものは判然としないが心惹かれる作品との出会い。そして、作品に呼び止められるような芸術体験は誰し...

コレクション展2016-Ⅰ あふれる「せい」― 生、勢、盛、精

「なぜか」心惹かれる、芸術体験を探る
会期終了

ディン・Q・レ展:明日への記憶

開催期間:

カンボジアとの国境に近いベトナムのハーティエンに生まれたディン・Q・レ(1968年-)は、クメール・ルージュ(ポル・ポト派)の侵攻...

ディン・Q・レ展:明日への記憶

世界的ベトナム人アーティスト注目の個展
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE