美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

足立美術館Adachi Museum of Art

足立美術館

足立美術館についてABOUT Adachi Museum of Art

足立美術館は、島根県安来市にある、近代日本画を中心とした、120点におよぶ横山大観の作品と日本庭園で有名な美術館である。

島根県能義郡飯梨村字古川(現・安来市古川町)出身の実業家・足立全康(あだちぜんこう、1899年-1990年)が、1970年(昭和45年 71歳)に開館。横山大観の作品は、日本一の質と量を誇り、総数120点にのぼる。大観のほかに、竹内栖鳳、橋本関雪、川合玉堂、上村松園ら近代日本画壇の巨匠たちの作品のほか、北大路魯山人、河井寬次郎の陶芸、林義雄、鈴木寿雄らの童画、平櫛田中の木彫なども収蔵している。

裸一貫から事業を起こした足立全康は、並外れた絵画蒐集にかける情熱で、一代で大コレクションをつくりあげた。中でも、「北沢コレクション」の横山大観の名作『紅葉』と『雨霽る(あめはる)』は、一度は入手が困難な状況になったものを、心底作品に惚れ込んできた熱い思いが勝り、1979年(昭和54年)に苦労の末、入手をかなえることができたといったエピソードもある。

足立美術館のもう一つの特色は、見事に手入れが行き届いた広大な美しい日本庭園である。庭園は「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」など6つに分かれ、面積5万坪に及ぶ。全康自らが、全国を歩いて庭石や松の木などを探してきたという。専属の庭師や美術館スタッフが、毎日手入れや清掃を行っていて「庭園もまた一幅の絵画である」という全康の言葉通り、絵画のように美しい庭園は国内のみならず、海外での評価も高い。 日本庭園における造園技法のひとつである借景の手法が採られ、彼方の山や木々までも取り込んで織り成す造形美は秀逸である。

アメリカの日本庭園専門誌『Sukiya Living/The Journal of Japanese Gardening(ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング)』が、全国900ヶ所以上の名所旧跡を対象に実施した「2018年日本庭園ランキング」において、「16年連続日本一」に選ばれている。「庭そのものの質の高さ」「建物との調和」「利用者への対応」などが総合的に判断されたもので、とくに細部まで行き届いた維持管理が評価されている。

また、フランスの旅行ガイド『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』や『Guide Bleu Japon』にても、それぞれ三つ星(最高評価)として掲載されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒692-0064 島根県安来市古川町320  TEL 0854-28-7111
足立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

足立美術館 公式サイトURL
http://www.adachi-museum.or.jp/
所在地
〒692-0064 島根県安来市古川町320
TEL 0854-28-7111
最寄駅
JR 安来駅より無料シャトルバスで約20分
車 山陰道安来ICより約10分
※JR安来駅より無料シャトルバスを運行しています
開館時間
開館時間 09:00〜17:30
開館時間についての追記事項
※夏季 4月-9月 9:00-17:30
※冬季 10月-3月 9:00-17:00
※新館への入場は、閉館15分前まで
定休日
年中無休 
定休日についての追記事項
・新館のみ、展示替えのため休館日あり
・新館休館日:2019年1月16日、4月10日、7月10日、10月10日~11日、11月4日~5日、2020年1月22日
入館料・観覧料
大人 2,300円(1,900円/1,700円)
大学生 1,800円(1,500円/1,300円)
高校生 1,000円(800円/700円)
小中生 500円(400円/300円)
※( )内団体(20名以上/100名以上)割引

入館料・観覧料についての追記事項
<各種割引制度について>
次の方は各証明書を要提示【身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方】個人料金の半額。各1種・重度(A)相当・1級の方は、介護者の方1名も半額

<パートナーズカード会員>
6,000円で2年間、何回でも入館できるカード。即時発行可能。
【特典】
・2年間で何度でも入館料無料
・ご同伴者(2名様まで)も個人入館料の半額
・館内施設のご利用料金を10%割引
・1回目の入館時に、足立美術館ガイドブックを進呈
・期間中、4回ご入館されるたびに喫茶券を進呈
・パートナーズカードの提示で、提携美術館に割引料金で入館できます

[提携美術館]
愛媛県美術館
尾道市立美術館
サントリー美術館
島根県立石見美術館
島根県立古代出雲歴史博物館
島根県立美術館
広島県立美術館
広島市現代美術館
ひろしま美術館
MIHO MUSEUM
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
あだちびじゅつかん

足立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

足立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中冬季特別展 「日本画のテーマ 巨匠が愛した美」

会期:

日本画では様々なテーマが取り上げられます。四季折々の花や幽玄な風景を描いたもの、身近にいる動物の愛らしい姿や人物に焦点をあてた作品もあります...

冬季特別展 「日本画のテーマ 巨匠が愛した美」

開催予定春季特別展「美との出会い −名画に恋して− 足立全康の審美眼」

会期:

足立美術館は、1970年11月に開館し、2020年に開館50周年を迎えます。この節目の年に、創設者・足立全康が熱意を持って収集した日本画をご紹介する展覧...

春季特別展「美との出会い −名画に恋して− 足立全康の審美眼」

足立美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに足立美術館で開催された展覧会

会期終了秋季特別展〈改元記念〉名画でふり返る 明治・大正・昭和の日本画

会期:

文明開化の言葉に象徴されるように、国外からの知識や文化が一気に流入した明治時代。自由でおおらかな風潮が広まった大正時代。太平洋戦争を経験し、...

秋季特別展〈改元記念〉名画でふり返る 明治・大正・昭和の日本画

会期終了再興第104回 院展

会期:

「院展」の名で親しまれる日本美術院は、明治31年(1898)に創立された美術団体です。 横山大観、菱田春草、下村観山らがその中心となり、新しい時代にふさわしい日本画を切り開くための研究に打ち込みま...

再興第104回 院展

会期終了夏季特別展「美人画 うるわしき女性美の世界」

会期:

華やかな女性の姿は、絵画の主題として古くから描かれてきました。 明治以降の近代になると、容姿の美しさだけでなく、日常の女性の姿に人物の内面や...

夏季特別展「美人画 うるわしき女性美の世界」

会期終了日本画家のつながり 横山大観をめぐる人物相関図

会期:

近代の日本画家たちは、画塾だけでなく、美術学校などでも多くの画家たちと出会い、親交を深めています。 美術団体を結成して同じ目標に向かって熱心...

日本画家のつながり 横山大観をめぐる人物相関図

会期終了動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪

会期:

橋本関雪(1883~1945)は現在の神戸市に生まれ、幼い頃より儒学者の父の影響から漢学に親しみました...

動物画を中心とする全所蔵作品を一堂に 生誕135年 孤高の画家 橋本関雪

会期終了大観生誕150年記念 横山大観 VS 日本画の巨匠たち

会期:

近代の美術界において、長くその中心として活躍した横山大観は、明治元年(1868)に水戸に生まれました。本年は大観の生誕150年という節目の年です。これ...

大観生誕150年記念 横山大観 VS 日本画の巨匠たち

会期終了国画創作協会創立100年 榊原紫峰と国展の仲間たち

会期:

国展の略称で知られる国画創作協会は、大正7年(1918)に、土田麦僊、榊原紫峰、村上華岳、小野竹喬ら京都の新進気鋭の画家たちによって創立されました。...

国画創作協会創立100年 榊原紫峰と国展の仲間たち

会期終了耳を澄ませば ささやく日本画

会期:

顔を見合わせて笑う人の声、木々に集まった鳥たちの鳴き声、勢いよく流れ落ちる滝の音......。日本画を鑑賞していると、こうした「声」や「音」に気が付くことがあります。 もちろん、実際に絵の中から...

耳を澄ませば ささやく日本画

会期終了発見! 隠れた名画 知られざる日本画との出会い

会期:

足立美術館は、近代日本画壇で活躍した画家たちの作品を中心に、総数1500点を所蔵しています。 その中には横山大観や竹内栖鳳、上村松園といった、日...

発見! 隠れた名画 知られざる日本画との出会い

会期終了制定80年記念 文化勲章受章の作家たち

会期:

文化勲章は、学問や芸術など、文化の発達に卓絶した功績を持つ者に授けられる勲章で、昭和12年(1937)に制定されました。歴代の受章者は400名近くにのぼ...

制定80年記念 文化勲章受章の作家たち

会期終了日本画でわくわく! どうぶつ図鑑

会期:

動物の姿は古くから日本画の題材として描かれ、親しまれてきました。動物画といっても、その対象は様々です。近代の日本画では、身近で可愛がられる犬や猫、家畜として人とともに暮らしてきた馬や牛、野...

日本画でわくわく! どうぶつ図鑑

会期終了HUMAN —ヒューマン—日本画にみる理想の人物表現

会期:

「人」は、古今東西の画家たちを魅了してやまないモチーフです。 近代の日本画においては、女性の端整な姿やその心情を見事に表した美人画や、歴史や...

HUMAN —ヒューマン—日本画にみる理想の人物表現

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE