美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

新潟県立万代島美術館The Niigata Bandaijima Art Museum

新潟県立万代島美術館

新潟県立万代島美術館についてABOUT The Niigata Bandaijima Art Museum

新潟県立万代島美術館(ばんだいじまびじゅつかん)は、新潟県新潟市中央区の複合施設、朱鷺(とき)メッセ内にある県立美術館である。長岡市にある、新潟県立近代美術館の分館として2003年7月に開館した。

朱鷺メッセは、新潟市の中心部、信濃川の河口に建てられた、新潟市のランドマーク的存在の施設で2003年に開館。新潟コンベンションセンター、ホテルやオフィスビルなどが一体化した施設で、新潟県立万代島美術館は、万代島ビル5階に開館した。

両館で共有する収蔵品は、約6,000点に及ぶ。万代島美術館の開館以降は、「現代の美術」の収集にも力を注いでいる。

所蔵品による展覧会と企画展を入れ替えながら、年5~6本の展覧会を開催。現代の美術や新潟ゆかりの作家、西洋やアジアの美術など幅広いジャンルの美術を紹介している。

◆ 主なコレクション
森村泰昌 「Death of Father」 1991年
福田美蘭 「ブッシュ大統領に話しかけるキリスト」 2002年
斉藤典彦 「Rites of Passage」 2000年
野見山暁治 「いけにえ」 1990年
中村一美 「死を悼みて濡れた紫の水瀬に立つ者 V」 2003年
菅原健彦 「円形のジャングルジム」 1993年
宮崎進 「黄色い大地」 2000年
日高理恵子 「空との距離 II」 2002年
千住博 「WATERFALL」 2000年
中野嘉之 「野火」 2000年
岡村桂三郎 「泉」 2003年
横山操 「TOKYO」 1968年

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒950-0078 新潟県新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル5階  TEL 025-290-6655(代)
新潟県立万代島美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

新潟県立万代島美術館 公式サイトURL
https://banbi.pref.niigata.lg.jp/
所在地
〒950-0078 新潟県新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル5階
TEL 025-290-6655(代)
最寄駅
JR新潟駅万代口バス乗り場より「佐渡汽船」行(3番線)あるいは「新潟市観光循環バス」(2番線)に乗車。「朱鷺メッセ」下車(約15分)

新潟駅からタクシー(約8分)
開館時間
開館時間 10:00〜18:00
開館時間についての追記事項
※観覧券の販売は17:30まで
定休日
定休日についての追記事項
※展覧会により異なります
※年末年始
※展示替期間(展覧会終了後、次の展覧会が始まるまでの期間は完全休館になります)
※年間の展覧会スケジュール・休館日は、公式サイトにて確認できます。
入館料・観覧料
<企画展>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。

<所蔵品展>
※企画展開催期間中は所蔵品展は開催しておりません

一般 310円(250円)
大学生・高校生 150円(120円)
中学生以下 無料
※( )内は団体(有料)20名以上のお客様
※「企画展」と「所蔵品展」を入れ替えて開催しているため、「常設展」はありません。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
にいがたけんりつ ばんだいじまびじゅつかん

新潟県立万代島美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

新潟県立万代島美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中MOE 40th Anniversary 人気絵本のひみつ展

会期:

国内外の絵本作家・児童書作家と信頼を築き、絵本に関する最新情報を幅広い世代に向けて発信してきた月刊雑誌『MOE(モエ)』。 その前身である『絵本...

MOE 40th Anniversary 人気絵本のひみつ展

開催予定乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界

会期:

大衆文化が盛んになり、印刷技術が進歩した大正時代。 美しい装幀の書籍や、街で目にする華やかなポスターなど、人々は様々な図像を身近に楽しむよう...

乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界

これまでに新潟県立万代島美術館で開催された展覧会

会期終了コレナニ!?びじゅつ ~アートいろいろ 見かたイロイロ~

会期:

新潟県立万代島美術館で収集を行ってきた1945年以降の現代アートを中心に展示します。 「ゲンダイアート」と聞くと何だか難しそうですが、それぞれの...

コレナニ!?びじゅつ  ~アートいろいろ 見かたイロイロ~

会期終了ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展

会期:

ソール・ライター(1923-2013)は、1950年代からニューヨークで第一線のファッション写真家として活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、表舞台か...

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展

会期終了創立100周年記念 国画創作協会の全貌展

会期:

「生ルルモノハ藝術ナリ」で始まる宣言文を高らかにうたい上げ、京都の若き日本画家たちが国画創作協会を創立したのは大正7(1918)年のことでした。 ...

創立100周年記念 国画創作協会の全貌展

会期終了みんなのレオ・レオーニ展

会期:

教科書にも載る「スイミー」や「フレデリック」などの絵本で、日本でも親しまれているレオ・レオーニ(1910-1999)。 オランダ生まれのレオーニは、イタリアをはじめ欧米各地で活動した後、1939年にアメ...

みんなのレオ・レオーニ展

会期終了ジブリの動画家 近藤勝也展

会期:

宮崎駿監督も絶大な信頼を置く圧倒的な画力、魅力的な表情、生き生きとしたキャラクターたちの動き。 スタジオジブリ作品の輝きを支える動画家の一人、近藤勝也氏(1963年新居浜市生まれ)を取り上げた...

ジブリの動画家 近藤勝也展

会期終了所蔵品展 ターニングポイント!ー人生、それぞれの“時”

会期:

美術家の人生におけるさまざまな転機に着目し、関連する作品とともに創作の推移をたどります。 進学、卒業、就職、帰郷、転居、出会い、結婚などの機...

所蔵品展 ターニングポイント!ー人生、それぞれの“時”

会期終了古代アンデス文明展

会期:

南米大陸西岸に栄えた古代アンデス文明の環境は、世界の他の文化に類を見ないほど多様でした。 南北の広がりは4000キロメートル、標高差は海岸の砂漠地帯から人が住む限界の高地まで4500メートルにも及...

古代アンデス文明展

会期終了チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地

会期:

東京で、2014~15年に約47万人の入場者を集めた話題の展覧会が、ついに新潟に登場します。 本展は、デジタル領域を中心に独創的事業を展開するウルト...

チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地

会期終了うつくしい暮らし

会期:

「もの」が溢れる現代にあって、「もの」に愛情を注ぎ、丁寧に向き合うことはむしろ容易ではありません。 しかし、身の回りをゆっくりと見渡してみれば、しっくりと手に馴染み、気持ちをなごませてくれ...

うつくしい暮らし

会期終了レオナール・フジタとモデルたち

会期:

フランスに渡り、「乳白色の下地」と呼ばれる独自の画面によって、時代の寵児となったレオナール・フジタ(藤田嗣治、1886~1968年)ほど、ヨーロッパで成功をおさめた日本人画家はいないでしょう。 本展は...

レオナール・フジタとモデルたち

会期終了マリメッコ展-デザイン、ファブリック、ライフスタイル

会期:

フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業されました。 テキスタイルデザインを学んだ...

マリメッコ展-デザイン、ファブリック、ライフスタイル

会期終了鴻池朋子展「皮と針と糸と」

会期:

人間の思索のみに閉じるアートに強い意識改革を求め、芸術の始まりに立ち戻って人間がものをつくることへの問い直しを試みてきた鴻池朋子の個展「根源的暴力」。今回はそのVol.3 として「皮と針と糸と」を開...

鴻池朋子展「皮と針と糸と」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE