新潟県立万代島美術館 The Niigata Bandaijima Art Museum

新潟県立万代島美術館新潟県立万代島美術館

新潟県立万代島美術館についてABOUT The Niigata Bandaijima Art Museum

新潟県立万代島美術館(ばんだいじまびじゅつかん)は、新潟県新潟市中央区の複合施設、朱鷺(とき)メッセ内にある県立美術館である。長岡市にある、新潟県立近代美術館の分館として2003年7月に開館した。

朱鷺メッセは、新潟市の中心部、信濃川の河口に建てられた、新潟市のランドマーク的存在の施設で2003年に開館。新潟コンベンションセンター、ホテルやオフィスビルなどが一体化した施設で、新潟県立万代島美術館は、万代島ビル5階に開館した。

両館で共有する収蔵品は、約6,000点に及ぶ。万代島美術館の開館以降は、「現代の美術」の収集にも力を注いでいる。

所蔵品による展覧会と企画展を入れ替えながら、年5~6本の展覧会を開催。現代の美術や新潟ゆかりの作家、西洋やアジアの美術など幅広いジャンルの美術を紹介している。

◆ 主なコレクション
森村泰昌 「Death of Father」 1991年
福田美蘭 「ブッシュ大統領に話しかけるキリスト」 2002年
斉藤典彦 「Rites of Passage」 2000年
野見山暁治 「いけにえ」 1990年
中村一美 「死を悼みて濡れた紫の水瀬に立つ者 V」 2003年
菅原健彦 「円形のジャングルジム」 1993年
宮崎進 「黄色い大地」 2000年
日高理恵子 「空との距離 II」 2002年
千住博 「WATERFALL」 2000年
中野嘉之 「野火」 2000年
岡村桂三郎 「泉」 2003年
横山操 「TOKYO」 1968年

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

新潟県立万代島美術館
〒950-0078 新潟県 新潟市中央区万代島5-1 朱鷺メッセ内 万代島ビル5階  TEL 025-290-6655(代)

利用案内INFORMATION

新潟県立万代島美術館 公式サイトURL
https://banbi.pref.niigata.lg.jp/
所在地
〒950-0078 新潟県 新潟市中央区万代島5-1 朱鷺メッセ内 万代島ビル5階
TEL 025-290-6655(代)
最寄駅
JR新潟駅万代口バス乗り場より「佐渡汽船」行(3番線)あるいは「新潟市観光循環バス」(2番線)に乗車。「朱鷺メッセ」下車(約15分)

新潟駅からタクシー(約8分)
開館時間
開館時間 10:00〜18:00
開館時間についての追記事項
※観覧券の販売は17:30まで
定休日
定休日についての追記事項
※展覧会により異なります
※年末年始
※展示替期間(展覧会終了後、次の展覧会が始まるまでの期間は完全休館になります)
※年間の展覧会スケジュール・休館日は、公式サイトにて確認できます。
入館料・観覧料
<企画展>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。

<所蔵品展>
※企画展開催期間中は所蔵品展は開催しておりません

一般 310円(250円)
大学生・高校生 150円(120円)
中学生以下 無料
※( )内は団体(有料)20名以上のお客様
※「企画展」と「所蔵品展」を入れ替えて開催しているため、「常設展」はありません。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
にいがたけんりつ ばんだいじまびじゅつかん

新潟県立万代島美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

新潟県立万代島美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

庵野秀明展

庵野秀明展

開催中

会期:

総監督を務めた最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が興行収入100億円を超える大ヒットとなった庵野秀明(1960-)。 本展は、アニ...

新潟県立万代島美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに新潟県立万代島美術館で開催された展覧会

和田誠展

和田誠展

会期終了

会期:

和田誠(1936–2019)はイラストレーター、グラフィックデザイナーとして広く知られています。そのほかにも装丁家や映画監督、エッセイ...

サンリオ展 ~ニッポンのカワイイ文化60年史~

サンリオ展 ~ニッポンのカワイイ文化60年史~

会期終了

会期:

ハローキティやマイメロディなど、これまでに450以上ものキャラクターを生み出してきたサ...

コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画

コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画

会期終了

会期:

昭和の「キャバレー王」として知られた福富太郎(ふくとみたろう 1931-2018)は、戦後の...

芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

会期終了

会期:

最後の浮世絵師、月岡芳年(つきおかよしとし)の“すべて”が分かる決定版! 月岡芳年(...

岡本太郎展 太陽の塔への道

岡本太郎展 太陽の塔への道

会期終了

会期:

1970年大阪万博のシンボル《太陽の塔》は岡本太郎(1911-1996)の代表作。 再生された内部空間が2018年より一般公開され、再び注目を...

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

会期終了

会期:

北欧フィンランドを代表するアーティスト、ルート・ブリュック。名窯・アラビア製陶所に長く在籍し、愛らしい図柄の陶板から膨大なピー...

THE ドラえもん展 NIIGATA 2020

THE ドラえもん展 NIIGATA 2020

会期終了

会期:

「あなたのドラえもんをつくってください」。国内外で活躍する28組のアーティストたちに、こんなお願いをしました。 1970年の誕生以来...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE