美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

静岡市立芹沢銈介美術館Shizuoka City Serizawa Keisuke Art Museum

静岡市立芹沢銈介美術館

静岡市立芹沢銈介美術館についてABOUT Shizuoka City Serizawa Keisuke Art Museum

静岡市立芹沢銈介美術館は、染色界の重鎮、芹沢銈介(せりざわけいすけ 1895~1984)より、郷里の静岡市に作品とコレクションが寄贈されたのを機に1981年(昭和56年)に開館した美術館である。

様々な企画展示、作品の保存収集、調査研究を通して、芹沢銈介の芸術を広く紹介し、その偉業を後世に伝えるべく活動を続けている。

静岡市立芹沢銈介美術館の設計は、建築家 白井晟一(しらいせいいち 1905~1983)による。弥生時代の遺跡として名高い登呂公園の一隅に位置し、その遺跡の雰囲気に自然に融け込むように、石、木、水という天然素材を選んで構成された建物は、白井晟一の個性が遺憾なく発揮された代表作である。石を積み上げた量感ある外壁。ゆるやかな銅板葺きの屋根。そして手斧の跡も温かい白木の楢材の組天井を持つ展示室が池を巡るように配されて、鑑賞の場にふさわしい、ゆったりとした空間を演出している。

現在収蔵されている芹沢の作品約800点とコレクション約4500点は、年に3回展示替えが行なわれ、順次公開している。付属施設として、芹沢の住居と工房があった東京・蒲田から移築した「芹沢銈介の家」があり、毎週日曜日、祝日に公開している(8月は毎週土曜日も公開)。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒422-8033 静岡県静岡市駿河区登呂五丁目10-5  TEL 054-282-5522
静岡市立芹沢銈介美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

静岡市立芹沢銈介美術館 公式サイトURL
https://www.seribi.jp/index.html
所在地
〒422-8033 静岡県静岡市駿河区登呂五丁目10-5
TEL 054-282-5522
最寄駅
静岡駅南口、しずてつジャストライン22番バスのりばから「登呂遺跡」行に乗車、終点「登呂遺跡」にて下車。約12分。

バスを降り、登呂遺跡に向いて遊歩道を右手に進み、つきあたりの石造りの建物(バス停からは徒歩で4分ほど)
開館時間
開館時間 09:00〜16:30
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
祝日の翌日
展示替期間中(年3回)
年末年始
入館料・観覧料
一般 420円
高校生・大学生 250円
小学生・中学生 100円
未就学児 無料 
※団体割引30名以上50円引き、小・中学生は20円引き
※市内在住の70歳以上の方、身体障がい者手帳等の交付を受けている方とその介助者1名は無料。
※上記は通常展の入館料です。特別展の場合、観覧料が変更になることがあります。
入館料・観覧料についての追記事項
※静岡市内に在住または静岡市内の小・中学校に在学中の小・中学生は、無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
しずおかしりつせりざわけいすけびじゅつかん

静岡市立芹沢銈介美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

静岡市立芹沢銈介美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中暮らしを彩る 芹沢銈介の生活デザイン

会期:

芹沢銈介(せりざわけいすけ)は暮らしにとけ込み、暮らしを彩る品々の制作を常に心がけてきました。 のれん、着物などはもちろんのこと、本、カレン...

暮らしを彩る 芹沢銈介の生活デザイン

静岡市立芹沢銈介美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに静岡市立芹沢銈介美術館で開催された展覧会

会期終了芹沢銈介の屏風

会期:

屏風は、染色家・芹沢銈介を代表する仕事の一つです。 芹沢は、型染の特徴を活かし、小さな型を繰り返して長い帯地や着物などを染めましたが、一方で大きな型紙による繰り返しのない絵画的な型染も手が...

芹沢銈介の屏風

会期終了芹沢銈介の収集 ―世界の仮面と衣装―

会期:

型絵染の人間国宝として知られる芹沢銈介ですが、世界の工芸品の収集家としても広く知られていました。 静岡市立芹沢銈介美術館には、芹沢の収集品450...

芹沢銈介の収集 ―世界の仮面と衣装―

会期終了芹沢銈介のイラストレーション

会期:

芹沢銈介はイラストレーションの名手でもあります。 もともと優れた画才があった芹沢ですが、デザインを学び、さらに染色を手がけたことで、その表現の幅が大きく拡がっていきました。 その成果は、単...

芹沢銈介のイラストレーション

会期終了芹沢銈介の四季

会期:

芹沢銈介といえば「春夏秋冬」の四文字が頭に浮かぶほど、芹沢は繰り返し四季を作品の主題にしました。 芹沢にとって「春夏秋冬」とは、季節ごとに大きく変化する日本の美しい自然、そしてその中に暮ら...

芹沢銈介の四季

会期終了芹沢銈介の収集 ―手仕事の世界地図―

会期:

染色家である芹沢銈介は、優れた収集家としても知られ、日本をはじめ、世界中の品々を集めました。芹沢銈介美術館には、その大半にあたる4500点が収蔵...

芹沢銈介の収集 ―手仕事の世界地図―

会期終了のれん ―芹沢銈介の原点―

会期:

芹沢銈介の染色作品の原点でもあり、また芹沢自身がもっとも好んだ「のれん」を特集し、全館に70点を展示します。 昭和4年に制作した芹沢のデビュー作「蔬菜文壁掛」はのれんに近い形式の作品であり、昭...

のれん ―芹沢銈介の原点―

会期終了芹沢銈介と沖縄 ―明るく、静かで、深いものー

会期:

芹沢は昭和3年、沖縄の固有の染物“紅型”に出会って衝撃を受け、染色家となる決意をします。以後最晩年に至るまで紅型は芹沢のバックボーンとなり、創作...

芹沢銈介と沖縄 ―明るく、静かで、深いものー

会期終了パリのセリザワ ―「Serizawa」展から40年―

会期:

芹沢銈介の個展、「Serizawa」展が、パリのフランス国立グラン・パレで開催されたのは1976年のことです。 グラン・パレは、ピカソなどの世界的な巨匠...

パリのセリザワ  ―「Serizawa」展から40年―

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE