美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

ベルナール・ビュフェ美術館Bernard Buffet Museum

ベルナール・ビュフェ美術館

ベルナール・ビュフェ美術館についてABOUT Bernard Buffet Museum

伊豆の山々を望む富士山麓に位置する「クレマチスの丘」は、ベルナール・ビュフェ美術館、ヴァンジ彫刻庭園美術館、井上靖文学館をはじめ、庭園、レストランなどが一体となった複合文化施設である

ベルナール・ビュフェ美術館は、戦後の具象画壇を代表するフランスの画家ベルナール・ビュフェの作品を収蔵・展示するために、岡野喜一郎(1917-1995)によって1973年11月25日に創設された。収蔵作品数は油彩画、水彩画、素描、版画、挿画本、ポスター等あわせて2000点を超え、世界一のビュフェコレクションを誇っている。

創設者がビュフェの作品と出会ったのは、第二次世界大戦の荒廃が残る1950年代の前半であった。戦後の虚無感や不安感を描き出した表現は、彼の心に深く刻まれ、その後、各年代の代表作の蒐集を続けた岡野は、この稀有な画家を20世紀の時代の証人として残すため、「ひとりの天才の才能を通じ、この大地に文化の花咲くことをのぞむ」という願いのもと、故郷に近いこの地に美術館の創設を決意した。

「数年にわたる戦争から復員したばかりの私は、感動して彼の絵の前に呆然と立ちつくしたことを思い出す。研ぎすまされた独特のフォルムと描線。白と黒と灰色を基調とした沈潜した色。その仮借なさ。匕首(あいくち)の鋭さ。悲哀の深さ。乾いた虚無。錆びた沈黙と詩情。そこに私は荒廃したフランスの戦後社会に対する告発と挑戦を感じた。当時のわれわれ青年を掩(おお)っていた敗戦による虚無感と無気力さのなかに、一筋の光芒を与えてくれたのが彼の絵であった。国土を何回も戦場にし、占領され、同胞相殺戮しあったフランス。その第2次世界大戦の激しい惨禍のなかから、このような感受性と表現力をもった年若き鬼才が生まれでたことに畏怖の念をいだいた。その表現力はまさしく、私の心の鬱々としたものに曙光を与えたのである。以来、私はビュフェの虜となった。無宗教の私に、一つの光明と進路を与えてくれたのが、ほかならぬ彼のタブロオそのものだった。これが私のビュフェへの傾倒のはじまりである。」岡野喜一郎著「ビュフェと私」1978年4月より

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘515-57  TEL 055-986-1300
ベルナール・ビュフェ美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

ベルナール・ビュフェ美術館 公式サイトURL
https://www.clematis-no-oka.co.jp/buffet-museum/
所在地
〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘515-57
TEL 055-986-1300
最寄駅
<車の場合>
東京方面より:東名裾野I.C.よりR246経由、沼津方面へ10Km
名古屋方面より:東名沼津I.C.および新東名長泉沼津I.C.より伊豆縦貫道へ、長泉I.C.出口R246右折/新東名長泉沼津I.C.より5km

(カーナビ)施設名「ベルナール・ビュフェ美術館」、住所「静岡県駿東郡長泉町東野515-57」と入力でお探しください。

<電車の場合>
JR東海道線「三島駅」下車 北口(新幹線口)発 無料シャトルバスあり
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
1月、11月、12月は10:00~16:30
(最終入場時間 16:00)
2月、3月、9月、10月は10:00~17:00
(最終入場時間 16:30)
定休日
水曜日 
定休日についての追記事項
※水曜日が祝日の場合は営業、その翌日休
※年末年始
入館料・観覧料
<ベルナール・ビュフェ美術館/ビュフェこども美術館>
大人 1000円(900円)
高・大学生 500円(400円)
中学生以下無料
※( )は、20名様以上割引
※7月10日はビュフェ生誕記念日につき入館料無料です
入館料・観覧料についての追記事項
※共通券について:お得な4館共通券3000円もございます。3館・2館共通券も各種取りそろえております。クレマチスの丘のメールマガジンに登録すると、入館料割引の特典があります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
べるなーる・びゅふぇびじゅつかん

ベルナール・ビュフェ美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

ベルナール・ビュフェ美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中没後20年 ベルナール・ビュフェ 或る画家の航海

会期:

ナチスの占領から解放され、第二次世界大戦が終結してまもなくのフランス。人々が戦後の喪失感から立ち直ろうとしていたその時代に、無口な青年の描い...

没後20年 ベルナール・ビュフェ 或る画家の航海

これまでにベルナール・ビュフェ美術館で開催された展覧会

会期終了美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方

会期:

世界中で親しまれている絵本の主人公「ミッフィー(うさこちゃん)」。オランダを代表するグラフィ...

美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方

会期終了ちいさなアーティスト展 第38回絵画展 入賞・入選作品展

会期:

「ちいさなアーティスト展」はベルナール・ビュフェ美術館の「絵画展」に応募された作品の中から選ばれた入賞・入選作品の展覧会です。 「絵画展」は1...

ちいさなアーティスト展 第38回絵画展 入賞・入選作品展

会期終了世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦

会期:

1994年に設立された南インド・チェンナイの出版社「タラブックス」。民俗画家による絵を版画の技法で印刷した、美しいハンドメイドの絵本が知られてい...

世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦

会期終了開館45周年記念展 没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界

会期:

2018(平成30)年は、藤田嗣治の没後50年にあたります。これを記念してベルナール・ビュフェ美術館...

開館45周年記念展 没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界

会期終了ベルナール・ビュフェ再考 代表作から見るビュフェの半世紀

会期:

画面を削るような鋭い線と抑制された色づかい、そして虚飾を廃し、戦後の人々の不安を体現するような独自の人物描写は、20歳で画壇にデビューしたベル...

ベルナール・ビュフェ再考 代表作から見るビュフェの半世紀

会期終了開館45周年記念展 絵画と想像力 ベルナール・ビュフェと丸木位里・俊

会期:

2018年、ベルナール・ビュフェ美術館は開館45周年を迎えます。 ベルナール・ビュフェ美術館の創設...

開館45周年記念展 絵画と想像力 ベルナール・ビュフェと丸木位里・俊

会期終了森—いのちのかたち

会期:

ベルナール・ビュフェ美術館のまわりはたくさんの木々であふれています。 これまで、「親子で遊ぶ-『木とのふれあいワールド』展」(2000年)や、「木のものがたり」展(2013年)など、木をテーマにし...

森—いのちのかたち

会期終了ビュフェと1940−50年代 不条理に対峙する絵画

会期:

1940年代末、若き奇才としてパリの画壇にデビューしたベルナール・ビュフェの初期作品には、孤独にそそり立つ人間、一度も満たされたことのないような...

ビュフェと1940−50年代 不条理に対峙する絵画

会期終了企画展 「ロベール・ドアノーと時代の肖像 -喜びは永遠に残る」

会期:

日常の小さなドラマを絶妙にとらえ、「イメージの釣り人」と評されるフランスの国民的写真家、ロベール・ドアノー(1912-1994)。ドアノーがとらえた、...

企画展 「ロベール・ドアノーと時代の肖像 -喜びは永遠に残る」

会期終了ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す

会期:

当時「現代のユトリロ」、「第二のベルナール・ビュフェ」として売り出された画家 ロベール・クートラス(1930-1985)は、流行に左右される美術界での活...

ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE