とある美術館の夏休み

千葉市美術館

  • 開催期間:2022年7月16日(土)〜2022年9月4日(日)
  • クリップ数:12 件
  • 感想・評価:3 件
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-1
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-2
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-3
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-4
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-5
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-6
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-7
伊藤若冲《鸚鵡図》宝暦(1751-64)後期〜明和期(1764-72)頃 千葉市美術館蔵(展示期間:7月16日〜8月14日)
ミヤケマイ《アート&デザインの大茶会》大分県立美術館、2018年 Photo by Satoshi Shigeta
津田道子《あなたは、翌日私に会いにそこに戻ってくるでしょう。》NTTインターコミュニケーション・センター(ICC) 2016年 Courtesy of TARO NASU Photo by Tadasu Yamamoto
恩地孝四郎《白亜(蘇州所見)》昭和15年(1940) 千葉市美術館蔵
小川信治《ストラスブール》2015年 千葉市美術館蔵
華雪《日 2021.11.11》2021年 作家蔵
分野雑貨店による出品物イメージ(掛け時計、ポーチ、プリント軍手)
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-1
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-1
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-1
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-1
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-1
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-1
とある美術館の夏休み 千葉市美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「夏休み」といえば、海水浴や縁日、お盆のお墓参り、旅行、自由研究……とさまざまなものごとが思い浮かびます。それは子どもから大人まで、誰にとっても、いつもとちょっと違う時間に出会い、ささやかで特別な経験をする時期なのではないでしょうか。

では、美術館の夏休みは、どんなものなのでしょう?現代美術家の新作と古美術作品。アート作品とプロダクト。普段は一緒に展示されることが少ない、さまざまな表現者と所蔵作品とのコラボレーションを通して、美術館という場所そのものを「日常と非日常のあわい」から眺めてみたいと思います。

想像を超える出来事ばかりが現実になるいまだからこそ、美術館という場所に降り積もった時間や記憶に触れ、誰かの、そしてあなたの「日常」と出会い直してみませんか?

◆ 参加作家+クリエイター
中﨑透、ミヤケマイ、清水裕貴、津田道子、目[mé]、小川信治、華雪、きぐう編集室、山野英之、井口直人×岩沢兄弟、Mitosaya薬草園蒸留所、井上尚子、文化屋雑貨店、new service(西舘朋央+Rondade)、Gottingham

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年7月16日(土)〜2022年9月4日(日)
会場 千葉市美術館 Google Map
住所 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※金・土曜日は20:00まで
    (最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
休館日:8月1日(月)
休室日:7月25日(月)、8月15日(月)
観覧料 一般 1,200円(960円)
大学生 700円(560円)
小・中学生、高校生 無料
  • ※( )内は前売券、および市内在住65歳以上の料金
    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
    ◎ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18:00以降は観覧料半額
    ◎本展チケットで5階常設展示室「千葉市美術館コレクション選」も観覧できます
    ※割引の併用はできません
TEL043-221-2311
URLhttps://www.ccma-net.jp/

千葉市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

千葉市美術館 千葉市美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

現代アート×日本画×美術館?!

会期終了前に駆け込みました。
結論から言うと、めちゃめちゃ面白い意欲的な展示です。
美術館の裏側が好きな人は絶対に気にいると思います。
で、今回の展示が面白いのは、いわゆる収蔵品展じゃなくて収蔵品やその周辺をテーマに、現代美術家の作品を展示していること。
古美術と現代アートのコラボ。現代アートを通して見ると、収蔵品がまた違った印象を見せて面白い!!
他の美術館でも流行りそうな方法だな、と思いました。

まず、中﨑透さんの学芸員との対話を通した作品から美術館の裏側を覗く展示の世界が始まります。ミヤマケイさんの作品は鳥籠の中に鳥の描かれた絵巻があって、収蔵品とのコラボでこんな方法があるんだ!と思いました。ちなみに、常設展でも鳥の作品がたくさん展示されていて、常設展と特別展のリンクが面白いです。
その後の津田道子さんの《白亜の回廊》の再解釈もメタ的な面白さがあり、別の階の目の作品もどこまでが展示なのか?!と驚きを生むものです。井上尚子さんの「匂い」をテーマにした作品も、視覚、聴覚、触覚、ではなくて嗅覚を展示で扱うというのも新鮮で興味深いと思いました。
ほかにも面白い作品が沢山ありました!行ってよかったです。

常設の南桂子の絵画の鳥と古美術で描かれる鳥の対比もよかったです。鳥だけでなく虫の作品ありました。古美術、とまとめてしまいましたが、葛飾北斎や谷文晁など、有名な絵師も多く日本美術ファンももちろん楽しめると思います。

とはいえ今回の企画展を好むマジョリティは
・現代アート好き
・コアな美術館好き
かな?と思いました。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん、Audreyさん

3.0

津田道子が特に良かった

 現代アート作家などによる収蔵品とのコラボレーション展。
 恩地孝四郎の版画とコラボした津田道子。戦争の足音が近づく中、抽象画が画きにくくなり、通路をうまくモチーフに取り込んで半分抽象画のような恩地の版画も面白いが、それを受けて津田は細長い展示空間をいまく生かしている。
 収蔵作品だけでなく学芸員や監視員ともコラボした中﨑透、清水裕貴も意外性があり良かった。小川信治は初見だが、描写テヒニークが半端ない。不思議な魅力。井口直人+岩沢兄弟も興味深い。
 ただ、特に7階の展示は、各作家の作品がまじりあうような配置だったので、見にくさを感じたのが惜しい。撮影も不可部分が多かったのが残念。

3.0

千葉市美術館の集大成

千葉市美術館は房総地域にゆかりがある画家、及び浮世絵などの近世までの画家に加え、近現代美術の作品も多く収蔵している。この展覧会はまさしくそんな千葉市美術館の集大成のような展覧会。現代美術には疎いため、やや飛ばし気味ではあったもののなかなか面白い取り合わせだった。匂いがいい感じ。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
千葉県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

伊藤若冲《鸚鵡図》宝暦(1751-64)後期〜明和期(1764-72)頃 千葉市美術館蔵(展示期間:7月16日〜8月14日)

ミヤケマイ《アート&デザインの大茶会》大分県立美術館、2018年 Photo by Satoshi Shigeta

津田道子《あなたは、翌日私に会いにそこに戻ってくるでしょう。》NTTインターコミュニケーション・センター(ICC) 2016年 Courtesy of TARO NASU Photo by Tadasu Yamamoto

恩地孝四郎《白亜(蘇州所見)》昭和15年(1940) 千葉市美術館蔵

小川信治《ストラスブール》2015年 千葉市美術館蔵

華雪《日 2021.11.11》2021年 作家蔵

分野雑貨店による出品物イメージ(掛け時計、ポーチ、プリント軍手)

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE