特別展「ポンペイ」

宮城県美術館

  • 開催期間:2022年7月16日(土)〜2022年9月25日(日)
  • クリップ数:3 件
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-2
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-3
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-4
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-5
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-6
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-7
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-8
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-9
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-10
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-11
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-12
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-13
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-14
《劇の準備》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《バックス(ディオニュソス)とヴェスヴィオ山》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《パレード用の兜》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《青い水差し》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《ヘタイラ(遊女)のいる饗宴》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《哲学者たち》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《エメラルドと真珠母貝のネックレス》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《テーブル天板(通称「メメント・モリ」)》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《パンのある静物》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《炭化したパン》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《猛犬注意》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《踊るファウヌス》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《葉綱と悲劇の仮面》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
《イセエビとタコの戦い》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1
特別展「ポンペイ」 宮城県美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

南イタリアに存在した古代都市、ポンペイ。西にナポリ湾を望むこの街は、風光明媚で大地は肥沃、交通の要衝でもあり、紀元前2世紀ごろから大きく栄えました。やがてローマ人の別荘地としても発展しますが、79年、街の北西にあるヴェスヴィオ山の噴火によって、すべてが埋没してしまいます。

短時間で噴火堆積物の下に閉じ込められた家々や神殿、美術品、家財道具は、誰にも手をつけられることなく、約1700年にわたり眠り続けてきました。18世紀にようやく開始され、現代まで続く発掘は、まさに「タイムカプセル」を開封する作業。ポンペイと周辺の遺跡は古代ローマ都市の人々の生活を知る資料の宝庫であり、長年の発掘作業が古代史、美術・文化史の研究にもたらした成果は計り知れません。

本展覧会では、ナポリ国立考古学博物館の全面的な協力のもと、日本初公開を含む約130点を展示、ポンペイの豊かな暮らしを、発掘の成果をもとに紹介します。出品されるモザイク画やフレスコ画、彫像や工芸品はどれも、同館の誇る優品ばかりです。なかでも、ポンペイの旧家であり最も大きい邸宅「ファウヌスの家」から出土した精細なモザイクの数々は必見です。

ポンペイ展の決定版ともいえる本展で、約2000年前の古代都市への「タイムトラベル」を是非おたのしみください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年7月16日(土)〜2022年9月25日(日)
会場 宮城県美術館 Google Map
展示室本館2階
住所 宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
7月19日(火)、9月20日(火)
※ただし7月18日、8月8日、9月19日は開館
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
学生 1,300円(1,100円)
小・中学生・高校生 750円(600円)
  • ※( )内は前売及び20名以上の団体料金
    ※本展チケットでコレクション展示(本館1階展示室、佐藤忠良記念館)も観覧できます
    前売り券販売期間:2022年7月15日(金)まで
TEL022-221-2111
URLhttps://pompeii2022.jp/

宮城県美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

宮城県美術館 宮城県美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

特別展「ポンペイ」 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
宮城県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

《劇の準備》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini

《バックス(ディオニュソス)とヴェスヴィオ山》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini

《パレード用の兜》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini

《青い水差し》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini

《ヘタイラ(遊女)のいる饗宴》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini

《哲学者たち》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini

《エメラルドと真珠母貝のネックレス》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini

《テーブル天板(通称「メメント・モリ」)》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini

《パンのある静物》ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo ©Luciano and Marco Pedicini

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE