美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

宮城県美術館THE MIYAGI MUSEUM OF ART

宮城県美術館

宮城県美術館についてABOUT THE MIYAGI MUSEUM OF ART

宮城県美術館は、1981年(昭和56年)11月に開館。作品の収集は、宮城県および東北地方にゆかりのあるものを中心に、明治時代以降から現代までの日本画、洋画、版画、彫刻、工芸などのほか、カンディンスキー、クレーなどの外国作品や戦後日本の絵本原画も収蔵されている。

1990年(平成2年)6月には、本館西隣に佐藤忠良記念館がオープンした。

また、宮城県美術館では、常設展や特別展だけでなく、作ることによって美術を体験する、オープンアトリエなどのプログラムがあり、創作室には絵画、版画の制作や、木、金属、土などを材料とした制作ができるような道具があり、スタッフによる具体的なアドバイスを受けることができる。

各種講演会・講座なども開催され、美術とそれにかかわる幅広い表現領域にまでおよぶ創造的な体験の場として、地域に根ざした美術館をめざしている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒980-0861 宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1  TEL 022-221-2111
宮城県美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

宮城県美術館 公式サイトURL
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
所在地
〒980-0861 宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
TEL 022-221-2111
最寄駅
仙台市営地下鉄東西線「国際センター駅」西1出口から北へ徒歩7分、「川内」駅北1出口から東へ徒歩7分
その他アクセスはこちら
開館時間
開館時間 09:30〜17:00
開館時間についての追記事項
※観覧券の販売は16:30まで
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※ただし祝日・休日にあたる場合は開館し、原則として翌平日が休館
※休館日の詳細は公式サイトのご利用案内をご確認下さい。
入館料・観覧料
<常設展(コレクション展示)>
一般 300 円(240円)
大学生 150 円(120円)

<特別展>
展覧会によって異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※( )内は20名以上の団体料金
※特別展観覧券で常設展も観覧できます
(小企画展・特集企画展を含む)
※中・高校生の方は身分証等を要提示
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
みやぎけんびじゅつかん

宮城県美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

宮城県美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

宮城県美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに宮城県美術館で開催された展覧会

会期終了ストラスブール美術館展

会期:

ドイツの国境近く、フランス北東部アルザス地方の中心地ストラスブールは、10館にも及ぶ美術館、博物館を擁し、多岐にわたる優れたコレクションを所蔵しています。 中でも1998年に開館したストラスブー...

ストラスブール美術館展

会期終了平福百穂展

会期:

平福百穂(ひらふく ひゃくすい 1877~1933)は秋田県角館町に生まれ、明治から昭和初期にかけて活躍した日本画家です。 はじめ自然主義を掲げる无声会(むせいかい)に参加し、その後珊瑚会や金鈴社で作...

平福百穂展

会期終了横山華山 KAZAN - A Superb Imagination at Work

会期:

横山華山(1781/4~1837)は、江戸時代後期の京都で活躍した絵師です。伝統や形式を重んじる諸画派に属さず、画壇の潮流に左右されない自由な画風と筆...

横山華山 KAZAN - A Superb Imagination at Work

会期終了アートみやぎ 2019

会期:

アートみやぎ2019は宮城県ゆかりの現代作家の仕事を紹介する展覧会です。地域に根ざした美術館活動のひとつとして行ってきた展覧会で5回目を迎えます。 宮城県内に在住または出身のアーティストを対象と...

アートみやぎ 2019

会期終了コレクション展示 平成30年度第 III 期

会期:

本館1階では、宮城県美術館所蔵の近現代絵画コレクションから約100点程度を展示します。 日本の近現代美術から、洲之内コレクションをはじめ、「帝展...

コレクション展示 平成30年度第 III 期

会期終了ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法

会期:

ミッキーマウスの誕生作となった『蒸気船ウィリー』にはじまり、『白雪姫』、『ダンボ』など初期の作品から『アナと雪の女王』、『ズートピア』、『モ...

ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法

会期終了絵本のひきだし 林明子原画展

会期:

林明子さんは、初めて物語絵本『はじめてのおつかい』の絵を手掛けて以来40年以上にわたり、絵本作家として数々の作品を生み出してきました。 子どもたちのあどけない仕草や心の揺らぎを写し取るその優...

絵本のひきだし 林明子原画展

会期終了求道の画家 岸田劉生と椿貞雄

会期:

岸田劉生(1891~1929)と椿貞雄(1896~1957)は、大正期の美術界にユニークな位置を占めた美術団体「草土社」で深い交流のあった画家である。 岸田劉生は1912年、後期印象派に共感した仲間たちととも...

求道の画家 岸田劉生と椿貞雄

会期終了フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展

会期:

「森と湖の国」フィンランドが、独立100周年を迎えたのを記念し、多くの人々に愛され続けている同国のデザインの全貌をふりかえる「フィンランド・デザ...

フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展

会期終了ルオーのまなざし 表現への情熱

会期:

20世紀最大の宗教画家、ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。 輝くような色彩を塗り重ね、人間にもたらされる悲劇と救済を描き続けたルオーの絵画は、見るものに時代や国籍、宗教を超えた感動をもたらしてく...

ルオーのまなざし 表現への情熱

会期終了特別展「コレクション再発見 東北の作家たち 洋画/版画」

会期:

所蔵作品の中から、東北地方の出身もしくはその活動の拠点とする作家の油彩・版画作品を対象に、3つのテーマに沿って紹介します。 第1章では、主と...

特別展「コレクション再発見 東北の作家たち 洋画/版画」

会期終了コレクション展示「特集:速水御舟と人物画の名品」

会期:

常に日本画の可能性を追究し、挑戦的な絵を世に提示し続けた速水御舟(1894-1935)は、訪欧後、新たに人物表現を深めようとしていた矢先に、突然の病で早...

コレクション展示「特集:速水御舟と人物画の名品」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE