生誕150年 山元春挙

滋賀県立美術館

  • 開催期間:2022年4月23日(土)〜2022年6月19日(日)
  • クリップ数:5 件
  • 感想・評価:1 件
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-2
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-3
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-4
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-5
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-6
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-7
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-8
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-9
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-10
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-11
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-12
山元春挙 《瑞祥》 1931 (昭和6)年 足立美術館蔵
山元春挙 《ロッキーの雪》1905(明治38)年頃 髙島屋史料館蔵
(展示期間4月23日-5月22日)
山元春挙 《山上楽園》1922(大正11)年 京都市美術館蔵
(展示期間 4月23日-5月22日)
山元春挙《奥山の春》1933(昭和8)年 足立美術館蔵
山元春挙《義士の面影》1931(昭和6)年 個人蔵
山元春挙 《武陵桃源図》1926 (大正15)年 滋賀県立美術館蔵
(展示期間5月24日-6月19日)
山元春挙《しぐ れ来る瀞峡》1931(昭和6)年 滋賀県立美術館蔵
(展示期間5月24日-6月19日)
山元春挙《寒山帰牧》明治30年代前半 京都市美術館蔵
(展示期間5月24日-6月19日)
山元春挙 《春の海》1928(昭和3)年 愛媛県美術館蔵
(展示期間4月23日-5月22日)
山元春挙《万年雪図》 1915(大正4)年 滋賀県立美術館蔵
(展示期間5月24日-6月19日)
山元春挙伝記マンガ © 河野沙也子
山元春挙
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1
生誕150年 山元春挙 滋賀県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

滋賀県膳所町(当時)に生まれた山元春挙(やまもとしゅんきょ)は、近代京都画壇を代表する画家のひとりです。円山派の伝統を踏まえながらも力強く壮大な画風を創始し、明治、大正、昭和の画壇で華々しく活躍しました。

特に、当時としては珍しい、カメラを活用した取材から生み出された風景表現は、春挙芸術の真髄と言えるでしょう。生誕150年を記念する本展では、館蔵作品のほか各地の春挙の代表作を紹介し、その画業を一望します。

◆ 山元春挙プロフィール
山元春挙は、明治4年11月24日(西暦1872年1月4日)現在の滋賀県大津市に生まれました。一度は商家に養子に入ったものの絵の道が諦めきれず、十代の頃、京都の円山四条派の流れをくむ野村文挙に入門します。その後、「明治の応挙」と称された森寛斎に改めて師事。竹内栖鳳とともに、京都画壇の二大勢力として若いうちから頭角を現しました。春挙の表現の特色は、力強く壮大な画風と華やかな色使いです。写真や科学技術に興味を持ち、油彩画の技法に着目するなどしながら、ダイナミックで華麗な風景画を得意としました。国内外の博覧会でも活躍し、その多くが宮内庁御用画となったことも注目されます。弟子の育成にも熱心に取り組み、春挙の力量と人柄を慕った弟子達が各地から集まりました。1917(大正6)年には帝室技芸員に任命され、名実ともに京都画壇の中心的存在となりますが、1933(昭和8)年、病に倒れ急逝しました。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年4月23日(土)〜2022年6月19日(日)
会場 滋賀県立美術館 Google Map
住所 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
高・大生 800円(600円)
小・中生 600円(450円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※展示室1・2で同時開催している常設展も観覧可
    ※身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
TEL077-543-2111
URLhttps://www.shigamuseum.jp/exhibitions/3879/

滋賀県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

滋賀県立美術館 滋賀県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

REPORT

和洋中折衷

聞いたことのない画家の展覧会に惹かれてしまう。
山元春挙もそうなのだが、今はネットでだいたいの作品と画風がわかるので実に便利。この絵ならたぶん間違いなかろうとの思いで、滋賀県立美術館まで出かけて行った。

アクセスはJR琵琶湖線…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
amethystさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
滋賀県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

山元春挙 《瑞祥》 1931 (昭和6)年 足立美術館蔵

山元春挙 《ロッキーの雪》1905(明治38)年頃 髙島屋史料館蔵
(展示期間4月23日-5月22日)

山元春挙 《山上楽園》1922(大正11)年 京都市美術館蔵
(展示期間 4月23日-5月22日)

山元春挙《奥山の春》1933(昭和8)年 足立美術館蔵

山元春挙《義士の面影》1931(昭和6)年 個人蔵

山元春挙 《武陵桃源図》1926 (大正15)年 滋賀県立美術館蔵
(展示期間5月24日-6月19日)

山元春挙《しぐ れ来る瀞峡》1931(昭和6)年 滋賀県立美術館蔵
(展示期間5月24日-6月19日)

山元春挙《寒山帰牧》明治30年代前半 京都市美術館蔵
(展示期間5月24日-6月19日)

山元春挙 《春の海》1928(昭和3)年 愛媛県美術館蔵
(展示期間4月23日-5月22日)

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE