特別展 大英博物館ミイラ展
古代エジプト6つの物語

神戸市立博物館

  • 開催期間:2022年2月5日(土)〜2022年5月8日(日)
  • クリップ数:20 件
  • 感想・評価:1 件
特別展 大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語 神戸市立博物館-1
特別展 大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語 神戸市立博物館-2
特別展 大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語 神戸市立博物館-3
アメンイリイレトの内棺と、ミイラのCTスキャン画像から作成した 3次元構築画像
末期王朝時代・第26王朝、前600年頃
大英博物館
© The Trustees of the British Museum
大英博物館 外観
© The Trustees of the British Museum
メインビジュアル
特別展 大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語 神戸市立博物館-1
特別展 大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語 神戸市立博物館-1
特別展 大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語 神戸市立博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

歴史の殿堂として知られるイギリスの大英博物館は、古代エジプト文明の研究でも世界を牽引してきました。その研究成果を紹介する本展は、6体のミイラを選りすぐり、CTスキャンを用いた画像解析によって、外側からはうかがい知ることのできないミイラの謎を解き明かし、古代エジプト人の生活や文化を紹介します。

王家の所領を管理する役人、代々続く名家の神官、既婚女性、幼い子ども......展示される6体のミイラは、年齢や性別、社会的立場や暮らしていた時代も様々です。彼らはどのような人生を送ったのちにミイラとして残ったのか―?

CTスキャン画像をもとにした高精度の映像や、「食」「健康」「音楽」「家族」などのテーマに沿った展示物を交え、各ミイラの6つの物語を展開します。神々の像やミイラ作りの道具は、古代エジプトの信仰や死生観を垣間見せる一方、女性の装身具や子どものおもちゃなどは、今も昔も変わらない人々の暮らしを伝えています。

2019年に日本人が率いる日本エジプト合同の調査隊が発見し、現在も調査が続いているサッカラ遺跡のカタコンベ(地下集団墓地)を実寸大の部分模型で再現するなど、日本独自の展示も行います。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年2月5日(土)〜2022年5月8日(日)
会場 神戸市立博物館 Google Map
住所 兵庫県神戸市中央区京町24
時間 9:30〜17:30 (最終入場時間 17:00)
  • ※金曜日、土曜日は19:30まで
休館日 月曜日 
3月22日(火)
※但し、3月21日(月・祝)、5月2日(月)は開館
観覧料 一般 2,000円(1,700円)
大学生 1,000円(900円)
高校生以下 無料
  • ※( )内は前売・20名以上の団体料金
    ※神戸市在住で満65歳以上の方は当日一般料金の半額(確認できるものを要提示)
    ※障がいのある方は障がい者手帳等の提示で無料(確認できるものを要提示)
TEL078-391-0035
URLhttps://daiei-miira.exhibit.jp

神戸市立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

神戸市立博物館 神戸市立博物館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

予想以上に面白かった。関西人はエジプト好きか?

昨年春には、京セラ美でベルリン博物館群から、昨秋は兵庫県美でライデン博物館から、本展は大英博物館から、どれも結構入っていて関西人はエジプト好きなのか?コロナ禍もあって、京セラ美は出かけなかったけど、2月末まで開催していた県美には出かけました。ミイラのお棺がズラリと立てて展示されて、じっくりお棺の中も拝見しました。そして同じ神戸でまたかぁと思いつつも、久々の三宮やし、居留地やしなぁと実はそれほど期待せず出かけたのですが・・・
ミイラの包帯を解かずしてCTスキャン画像解析映像は惹きつけられますね。
県美でも驚きましたが、今回は6体のミイラが選ばれて、それぞれ個性があるミイラたち、彼らの生前の生活に関連づけながらの食事や装飾、化粧などの展示や解説もとても分かりやすかったです。それぞれのミイラとお棺の前に映し出されるCTスキャン画像解析映像の全身像、360度に回転しながら、ミイラつくりの状況や死後の世界を願って置かれた護符など見入ってしまいました。
平日でしたが、まぁまぁの人でしたが、混み混みではなく譲り合いながら観ることが出来ました。
コロナ禍もあって私は今回もパスしましたが、ミュージアムカフェ「TOOTH TOOTH 凸凹茶房」も賑わっていました。
旧居留地を元町へ行くも良しですが、三宮方向へ歩き話題の安藤建築「こども本の森 神戸」も見てきました。小さな子供たちが走り回っているのが微笑ましかったです。

THANKS!をクリックしたユーザー
futuraさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

アメンイリイレトの内棺と、ミイラのCTスキャン画像から作成した 3次元構築画像
末期王朝時代・第26王朝、前600年頃
大英博物館
© The Trustees of the British Museum

大英博物館 外観
© The Trustees of the British Museum

メインビジュアル

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE