フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展
フジフイルム・フォトコレクション特別展
「師弟、それぞれの写真表現」

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

  • 開催期間:2021年10月20日(水)〜2021年12月28日(火)
  • クリップ数:12 件
  • 感想・評価:1 件
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-2
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-3
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-4
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-5
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-6
岩宮武二「マヌカン」 1954年/森山大道「三沢の犬」 1971年
桑原甲子雄「麹町区馬場先門(現・千代田区)」 1936年2月27日/荒木経惟〈センチメンタルな旅〉より 1971年
篠山紀信〈誕生〉より 1967年/十文字美信「Untitled」〈首なし〉より 1971年
大辻清司「陳列窓」 1955年/牛腸茂雄〈SELF AND OTHERS〉より 1977年
田中光常「オウサマペンギン サウスジョージア島」 1992年/星野道夫「夕暮れの河を渡るカリブー」 1988年頃
田淵行男「初冬の浅間 黒斑山の中腹より」 1940年/水越 武「天に登る光跡 カラコルム・パキスタン」 1979年
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展 フジフイルム・フォトコレクション特別展「師弟、それぞれの写真表現」 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「フジフイルム・フォトコレクション」は2014年、富士フイルム株式会社の創業80周年を機に「写真文化を守る」ことを基本理念として創設された写真コレクションです。幕末・明治から現代に至る、日本を代表する101人の写真作家の歴史的価値の高い作品を1点ずつ収集した101点からなる本コレクションは、日本の写真史と写真界の発展の軌跡をご覧いただける稀有なコレクションとして、これまでに全国の美術館や博物館など、のべ17回の巡回展示を重ね、多くのお客様にお楽しみいただいております。また2018年には、公益社団法人企業メセナ協議会が主催する「メセナアワード2018」において、富士フイルムフォトサロンおよび写真歴史博物館の運営とあわせ、本コレクションの収蔵・展示が総合的に評価され、優秀賞「瞬間の芸術賞」を受賞しました。

本展は「師弟、それぞれの写真表現」と題し、「フジフイルム・フォトコレクション」から師匠と弟子、写真家と助手、教師と教え子といった関係にあった写真家たちの作品を特集し、対比することで、それぞれの写真表現を読み解く試みです。1960年代に桑沢デザイン研究所で写真の指導をしていた大辻清司(1923–2001)と教え子の牛腸茂雄(1946–1983)、篠山紀信(1940– )と彼のアシスタントとして1960年代に経験を積んだ十文字美信(1947– )、さらに名編集者として知られていた桑原甲子雄(1913–2007)と彼の名作を見出した荒木経惟(1940– )との直接の師弟を超えた関係など、知られざる写真家同士の関わりを紹介しながら、28作家28点の作品を展観いたします。弟子は師匠の写真表現から何を学んだのか、そして、そこからどのような写真表現に行き着いたのか。師弟それぞれの作品を観察し、比較することで、写真表現とは何かということのヒントを探っていきます。「フジフイルム・フォトコレクション」との新たな出会いをお楽しみいただければ幸いです。

◆ 出展写真家(敬称略)
岡田紅陽、白簱史朗/塩谷定好、植田正治/木村伊兵衛、田沼武能/田淵行男、水越 武/桑原甲子雄、荒木経惟/林 忠彦、清家冨夫/岩宮武二、森山大道/杵島 隆、野町和嘉/大辻清司、牛腸茂雄/田中光常、星野道夫/細江英公、普後 均/篠山紀信、十文字美信/深瀬昌久、瀬戸正人/有田泰而、上田義彦

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年10月20日(水)〜2021年12月28日(火)
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) Google Map
住所 東京都港区赤坂9-7-3
時間 10:00〜19:00 (最終入場時間 18:50)
  • ※最終日は16:00まで(最終入場時間 15:50)
休館日 会期中無休 
観覧料 無料
TEL03-6271-3350
URLhttp://fujifilmsquare.jp/

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

影響されその先へ

弟子だったり助手、教え子だった写真家は師匠や先生から何を学び、どんな影響を受けたのだろう。
それぞれを対比比較している楽しい展示。
師匠や先生もまた、誰かに影響を受けて来たのだろう。
田中光常と星野道夫の作品が美しい。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

岩宮武二「マヌカン」 1954年/森山大道「三沢の犬」 1971年

桑原甲子雄「麹町区馬場先門(現・千代田区)」 1936年2月27日/荒木経惟〈センチメンタルな旅〉より 1971年

篠山紀信〈誕生〉より 1967年/十文字美信「Untitled」〈首なし〉より 1971年

大辻清司「陳列窓」 1955年/牛腸茂雄〈SELF AND OTHERS〉より 1977年

田中光常「オウサマペンギン サウスジョージア島」 1992年/星野道夫「夕暮れの河を渡るカリブー」 1988年頃

田淵行男「初冬の浅間 黒斑山の中腹より」 1940年/水越 武「天に登る光跡 カラコルム・パキスタン」 1979年

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE