ムーミンコミックス展

長崎県美術館

  • 開催期間:2022年1月21日(金)〜2022年3月27日(日)
  • クリップ数:5 件
  • 感想・評価:2 件
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-1
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-2
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-3
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-4
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-5
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-6
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-7
トーベ・ヤンソン 「まいごの火星人」 スケッチ (1957年) ©Moomin Characters™
トーベ・ヤンソン 「まいごの火星人」 スケッチ (1957年) ©Moomin Characters™
トーベ・ヤンソン(左)とラルス・ヤンソン(右) ©Moomin Characters™
ラルス・ヤンソン「ムーミンたちの戦争と平和」原画 (1974年) ©Moomin Characters™
ラルス・ヤンソン「10個のブタの貯金箱」原画(1975年) ©Moomin Characters™
トーベ・ヤンソン「黄金のしっぽ」習作(1958年) ©Moomin Characters™
©Moomin Characters™
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-1
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-1
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-1
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-1
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-1
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-1
ムーミンコミックス展 長崎県美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソン(1914-2001)による漫画・ムーミンコミックスは、イギリスの「イブニング・ニューズ」紙で1954年より20余年にわたり連載されました。

主に、トーベが絵と台詞、弟のラルス(1926-2000)がネタ探しと英訳を担当し、1960年からはラルス一人で漫画を制作。コミックスの連載はムーミンの人気を決定的にしました。

本展はコミックスにスポットを当て、キャラクター設定やスケッチ、原画など、日本初公開となる280余点を通じて、楽しくも奥深いムーミンたちの豊かな世界の魅力を伝えます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年1月21日(金)〜2022年3月27日(日)
会場 長崎県美術館 Google Map
住所 長崎県長崎市出島町2-1
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • 長崎県のまん延防止等重点措置の適用期間が3月6日(日)まで延長されたことを受けて、開館時間短縮期間を延長、期間中のイベントは中止となります。
休館日 1月24 日(月)、2月14日(月)、28日(月)、3月14日(月)
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
大学生・70歳以上 1,100円(900円)
高校生 900円(700円)
小中生 500円(300円)
  • ※小学生未満は無料
    ※( )内は前売または15名以上の団体割引料金
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者および介護者1名は5割減額
    ※会期中、本展観覧券でコレクション展にも入場可
TEL095-833-2110
URLhttp://www.nagasaki-museum.jp/

長崎県美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

長崎県美術館 長崎県美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

大満足な企画展

コロナのまん防解除後、やっと行くことができました。とてもかわいらしくて見入ってしまいました。キャラクターとしては子どもの頃から知っていてグッズとしても可愛らしいので愛用しているものがたくさんありましたが、作品が出来上がるまでの思考工夫や作者がご姉弟で作成されていたことなど、今まで知らなかったことがとてもよくわかりました。原画はまるで落書きのようなのにとても繊細でかわいらしく表情豊かでほんとファンにはたまらない展覧会でした。そしてグッズがまた素敵であれこれ買ってしまいました。図録は家で再度楽しめるのでゆっくり読み返しています。今回特にお気に入りグッズはブックマークです。3種購入してしまいました。手帳にも使えるし劣化しづらく長くつかえそうで満足です。普段病院勤めしておりコロナ禍で地味にストレスが溜まっていましたがとても心が癒される大満足な企画展でした。

4.0

ムーミン好きには楽しい空間

ムーミンは好きなのですが、コミックスを読むのは初めてで新鮮でした。トーベではなく、ラルスが書いてる事も初めて知りましたし。日本人は新聞の4コマ漫画と言えば縦書きのコボちゃんを思い浮かべますが(個人差あるかな)、イギリスだと横書き、しかも3コマなんだな〜とか、コマ割りにホースを使ったり、キュンポイントも多くて楽しかった。いつの間にか結構な時間が経ってました。
ギフトショップもかわいいグッズが多くて、まぁ散財しちゃいますよね〜後悔はしてませんが。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
長崎県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

トーベ・ヤンソン 「まいごの火星人」 スケッチ (1957年) ©Moomin Characters™

トーベ・ヤンソン 「まいごの火星人」 スケッチ (1957年) ©Moomin Characters™

トーベ・ヤンソン(左)とラルス・ヤンソン(右) ©Moomin Characters™

ラルス・ヤンソン「ムーミンたちの戦争と平和」原画 (1974年) ©Moomin Characters™

ラルス・ヤンソン「10個のブタの貯金箱」原画(1975年) ©Moomin Characters™

トーベ・ヤンソン「黄金のしっぽ」習作(1958年) ©Moomin Characters™

©Moomin Characters™

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE