EXHIBITION

シダネルとマルタン展 最後の印象派

山梨県立美術館

  • 開催期間:2021年11月3日(水・祝)〜2022年1月10日(月・祝)
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-1
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-2
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-3
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-4
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-5
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-6
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-7
アンリ・ル・シダネル《ジェルブロワ、テラスの食卓》
1930年 フランス、個人蔵
© Luc Paris
アンリ・マルタン《ガブリエルと無花果の木[エルベクール医師邸の食堂の装飾画のための習作]》
1911年 フランス、個人蔵
©Archives photographiques Maket Expert
アンリ・ル・シダネル《ヴェルサイユ、月夜》
1929年 フランス、個人蔵 
©Yves Le Sidaner
アンリ・マルタン《二番草》
1910年 フランス、個人蔵
©Archives photographiques Maket Expert
アンリ・ル・シダネル《エタプル、砂地の上》
1888年 フランス、個人蔵 
©Bonhams
アンリ・マルタン《腰掛ける少女》
1904年以前 ランス美術館蔵
©C. Devleeschauwer
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-1
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-1
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-1
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-1
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-1
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-1
シダネルとマルタン展 最後の印象派 山梨県立美術館-1

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら ↓

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

フランスで19世紀末から20世紀前半にかけて活動したアンリ・ル・シダネル(1862-1939)とアンリ・マルタン(1860-1943)。2人の画家は豊かな色彩や点描といった印象派や新印象派の表現を継承しつつ、19世紀末に広がった象徴主義的な世界観や、家族や自邸の情景といった身近なものを情感を込めて描くアンティミスト(親密派)の顔もあわせもっています。2人はフランス芸術家協会サロンへの出品などを通じて親交を深め、1900年には2人を中心として新協会(ソシエテ・ヌーヴェル)が設立されました。

生涯にわたる親交を結び、絵画表現における共通点も多い2人ですが、シダネルは月夜や夕暮れ、食卓や庭といった静謐な風景を抑制された色調で詩情豊かに描いたのに対し、マルタンは明るい陽光に照らされた風景や人物を暗示的な表現で描き、フランス国内の公共建築の壁画を数多く手がけました。

本展は2人の画家をあわせて紹介する国内初の展覧会となります。穏やかでどこか神秘的な光と色彩に彩られた画家たちの作品世界をぜひお楽しみください。

アンリ・ル・シダネル
Henri Le Sidaner

シダネル(1862-1939)は、インド洋のモーリシャス島に生まれました。10歳でフランスに移住し、ベルギー国境に近いダンケルクで育ちます。18歳でパリに出て、アレクサンドル・カバネルの画塾に入り、国立美術学校にも入学しました。しかし、美術学校よりも印象派の画家たちから強い影響を受け、23歳の頃、エタプルという北フランスの村に住み、繊細な光の描写を身につけます。
ベルギーに滞在して作風を確立したのち、フランスに帰国したシダネルは、マルタンと共に新協会(ソシエテ・ヌーヴェル)の創設に参加します。またこの頃から田舎町ジェルブロワで春と夏を過ごすようになります。バラ園を整備すると、街の住人たちも家々を花で飾るようになり、この村はのちに「フランスの最も美しい村」のひとつとも言われるようになりました。ジェルブロワや後半生に住んだヴェルサイユにおいて、シダネルは、庭のテーブル、バラに覆われた塀、月夜の街角といった身近な情景を、優しい光に包まれた神秘的な雰囲気で描き、高く評価されました。

アンリ・マルタン
Henri Martin

マルタン(1860-1943)は、南フランスのトゥールーズの家具職人の家に生まれ、19歳でパリに出てジャン=ポール・ローランスに学んだほか、25歳の頃イタリア留学をしてジョットなど初期ルネサンスの影響を受けます。帰国後は点描技法に取り組み、1890年代からは神話や寓意をモチーフとした象徴主義的な作品を描きました。
シダネルとは31歳の時に知り合って親交を深め、1900年には共に新協会(ソシエテ・ヌーヴェル)の創設に携わりました。またこの頃、パリ万博でグランプリを受賞、また南フランスの美しい村ラバスティド・デュ・ヴェールに邸宅マルケロルを購入して、毎年春に滞在し制作するようになります。マルタンは特に大画面の装飾壁画に優れ、パリの国務院やベジエ商工会議所といった公共建造物の壁画を多く手がけ、レジオン・ドヌール勲章コマンドゥールなど数々の賞を受賞しました。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年11月3日(水・祝)〜2022年1月10日(月・祝)
  • ※新型コロナウイルス感染症の拡大の状況により、会期が変更になる場合があります
    ※入場制限をする場合があります
会場 山梨県立美術館 Google Map
住所 山梨県甲府市貢川1-4-27
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
(ただし2022年1月3日、10日は開館)
年末年始(12月27日~1月1日)、1月4日(火)
観覧料 一般 1,000円(840円)
大学生 500円(420円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金
    ※高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳持参)
    ※県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
    ※障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料
    ※11月20日(土)県民の日はどなたでも無料
TEL055-228-3322
URLhttp://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/

山梨県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

山梨県立美術館 山梨県立美術館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトの【感想・評価】のほか【鑑賞レポート】や【アートブログ】へのご投稿をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
山梨県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE