EXHIBITION

加藤翼 縄張りと島

東京オペラシティ アートギャラリー

  • 開催期間:2021年7月17日(土)〜2021年9月20日(月・祝)
  • クリップ数:3 件
  • 感想・評価:1 件
加藤翼 縄張りと島 東京オペラシティ アートギャラリー-1
加藤翼 縄張りと島 東京オペラシティ アートギャラリー-2
加藤翼 縄張りと島 東京オペラシティ アートギャラリー-3
加藤翼 縄張りと島 東京オペラシティ アートギャラリー-4
加藤翼 縄張りと島 東京オペラシティ アートギャラリー-5
《The Lighthouses - 11.3 PROJECT》2011 photo: Kei Miyajima
© Tsubasa Kato / courtesy of MUJIN-TO Production
《Underground Orchestra》2017
© Tsubasa Kato / courtesy of MUJIN-TO Production
《2679》2019
© Tsubasa Kato / courtesy of MUJIN-TO Production
《Superstring Secrets: Tokyo》2020
© Tsubasa Kato / courtesy of MUJIN-TO Production
加藤翼
photo: Kana Tarumi
加藤翼 縄張りと島 東京オペラシティ アートギャラリー-1
加藤翼 縄張りと島 東京オペラシティ アートギャラリー-1
加藤翼 縄張りと島 東京オペラシティ アートギャラリー-1
加藤翼 縄張りと島 東京オペラシティ アートギャラリー-1
加藤翼 縄張りと島 東京オペラシティ アートギャラリー-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

加藤翼(1984生)は、複数の参加者による協働作業が生み出す行為を映像、写真などの作品として発表しつづけています。数多くのリサーチやプロジェクトをグローバルに展開し、高い評価と注目を集めている現代作家の一人です。

そこに集まった人々が知恵を出し合い、ロープと人力だけで巨大な構造体を引き倒したり、引き起こす〈Pull and Raise〉シリーズは、加藤翼の代表作の一つです。3.11を逆にした11.3(文化の日)に行われた《The Lighthouses - 11.3 PROJECT》は、東日本大震災後の福島に集まった約500人の人々が、津波で壊された家々の瓦礫によって、灯台のイメージに組みあげられた構造体をロープで引き起こすもので、このプロジェクトの構想が契機になり、震災からの復興を目指す地区の祭事の開催へと発展しました。

加藤翼の作品は、自然災害、都市開発、環境破壊などで地域のコミュニティが解体の危機に瀕するなか、人々が自発的に参画し、一体となって何かを実践することの意義を提示します。新型コロナウイルス感染症のパンデミックという状況下において、また、国家や国民の二極化が世界的に危惧されるなか、加藤の作品は、分断や対立を超えた協働作業や連帯による可能性をあらためて気づかせてくれるでしょう。

また、作家にとって美術館での初個展となる本展は、新型コロナウイルスのパンデミックによって延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催期間とも重なります。ワクチン接種や供給の問題など、コロナが露呈したさまざまな格差や分断のさなか、本来は国民の連帯や一体感を醸成するはずのオリンピックについても、その開催をめぐって賛否が分かれています。異なる意見や立場をどのように捉え、私たちは前に進むべきなのか。本展が、こうした問題解決のためのささやかなヒントになることを願っています。

◆ 加藤翼
1984年生まれ。2007年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業、2010年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。無人島プロダクションでの個展(2011~)のほか、「Scratching the Surface」ハンブルガー・バーンホフ現代美術館(ベルリン、2021)、「They Do Not Understand Each Other」大館當代美術館(香港、2020)、「BECOMING A COLLECTIVE BODY」イタリア国立21世紀美術館(ローマ、2020)、「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」愛知芸術文化センター(名古屋、2019)、「Uprising」ジュ・ド・ポーム国立美術館(パリ、2016)など、グループ展多数。
また、東京国立近代美術館、国立国際美術館、愛知県美術館、豊田市美術館、森美術館、ウルサン美術館などに作品が収蔵されている。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年7月17日(土)〜2021年9月20日(月・祝)
会場 東京オペラシティ アートギャラリー Google Map
住所 東京都新宿区西新宿3-20-2
時間 11:00〜19:00 (最終入場時間 18:30)
休館日 月曜日
8月1日(日・全館休館日)
※月曜日が祝日の場合は翌火曜日
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
大・高生 800円(600円)
中学生以下 無料
  • ※同時開催「収蔵品展071 夏の風景 寺田コレクションの日本画」「project N 83衣川明子」の入場料を含みます
    ※( )内は各種割引料金。ただし団体受付・団体割引の実施は当面の間休止します
    ※障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。割引の併用および入場料の払い戻しはできません
    ※新型コロナウイルス感染症対策および来館の際の注意事項は公式ウェブサイトをご確認ください
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.operacity.jp/ag/

東京オペラシティ アートギャラリーの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京オペラシティ アートギャラリー 東京オペラシティ アートギャラリー

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

2.0

加藤翼さんの回顧展!

週末等、ある程度、お客さんが多いときは引き倒しの疑似体験が出来るようです。巨大な箱が鎮座しており、引き倒しイベントの参加、見学をしたことがない人でも、ちょっと、その雰囲気を感じられるかもしれません。オペラシティの通路のような展示スペースも上手く設営されています。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都新宿区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE