EXHIBITION

栃木における南画の潮流
- 文晁から魯牛まで

栃木県立美術館

  • 開催期間:2021年1月16日(土)〜2021年3月21日(日)
  • クリップ数:1 件
  • 感想・評価:1 件
栃木における南画の潮流 - 文晁から魯牛まで 栃木県立美術館-1
栃木における南画の潮流 - 文晁から魯牛まで 栃木県立美術館-2
栃木における南画の潮流 - 文晁から魯牛まで 栃木県立美術館-3
栃木における南画の潮流 - 文晁から魯牛まで 栃木県立美術館-4
谷文晁《那須眺望図》1799年、栃木県立美術館
谷文晁《赤壁図》1826年、栃木県立美術館
石川寒巌《子牛》1931年、栃木県立美術館
小室翠雲《幽渓聴泉》1921年、栃木県立美術館
栃木における南画の潮流 - 文晁から魯牛まで 栃木県立美術館-1
栃木における南画の潮流 - 文晁から魯牛まで 栃木県立美術館-1
栃木における南画の潮流 - 文晁から魯牛まで 栃木県立美術館-1
栃木における南画の潮流 - 文晁から魯牛まで 栃木県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本の絵画は古来中国や朝鮮からの影響を受けながら歴史を刻んできました。「唐絵(からえ)」や「漢画(かんが)」という呼称はまさに中国風の絵ということでした。

一方、平安時代に国風文化が盛んになると、文学に呼応した新しい絵画テーマを王朝風の雅な色彩によって表現する「大和絵」が生まれます。このように日本絵画に大きな二つの流れができると、渡来人ではない日本の絵師たちが活躍するようになります。

その後、鎌倉時代に武家政権となり中国から禅宗が移入されると、禅寺には修行の指標となる祖師たちを描く画僧が誕生し、やがて絵師となって専門的な仕事をするようになりました。

京都五山の相国寺を中心とした室町将軍家の文化サロンでは、僧籍にありながら御用絵師をつとめる如拙や周文、宗湛といった水墨画の担い手が生まれます。彼らの描く絵は、中国南宋時代の画院を中心とする水墨画を範としていたため「漢画」とも呼称されました。その流れを汲む雪舟は日本一有名な水墨画家として知られています。

さらには狩野正信・元信が出て「狩野派」を誕生させました。「狩野派」は、安定した絵画を提供するために流派の画体を確立し、発注者の望みに応える「筆様制作」もこなします。そして将軍や有力寺院、大名や商人、さらには市井にまで支持者を増やし、幕末までその血縁を中心とした巨大画壇を維持したのです。一方、禁裏御用絵師(絵所預)としては「土佐派」や「住吉派」が「大和絵」の系脈を保ちしっかりと御用をつとめていました。

江戸時代後期の18世紀になると、「狩野派」の絵に対する不満が高まり、中国明清時代の版本類が流入してきたことにより、「南宗画」が広く伝わりました。その受容期の画家たちの活動を経て、文人たちも好み、庶民にもわかりやすいものとして「南宗画」を日本風に大成した人物が上方の池大雅と与謝蕪村でした。

それはやがて江戸へも伝わり、すでに流行していた狩野派以外の様々な流派と共に大いにもてはやされ、江戸の絵画をより豊かなものにしました。その「南宗画」が後に「南画」と呼称されるようになり、「南画」は日本絵画の一つのジャンルとして展開していきます。

しかし明治時代になると、今までの日本の絵画規範は中国から西洋へと大きな転換を強いられることになりました。「南画」界は、「日本美術院」など新しい「日本画」創造を目指す「新派」に対抗し、伝統的絵画を維持する「旧派」の中心として明治・大正・昭和という各時代に合わせた「新しい南画」への模索を続けました。

本展では、幕末期の谷文晁を中心とする本県出身の高久靄厓らによる「関東南画」に始まり、次代の田﨑草雲、その高弟小室翠雲らの「南画」継承を経て、栃木所縁の南画家たちがどのように自らの「南画」風を展開させていったのかを162点の作品により概観します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年1月16日(土)〜2021年3月21日(日)
会場栃木県立美術館Google Map
住所 栃木県宇都宮市桜4-2-7
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 900円(800円)
大高生 600円(500円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金
TEL028-621-3566
URLhttp://www.art.pref.tochigi.lg.jp/index.html

栃木県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

栃木県立美術館 栃木県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

REPORT

ざわざわ、もぞもぞしている自然

何故だかわからないのですが、なんとなく見に行かなければいけない気がして、緊急事態宣言明けの日曜日、雨の中レンタサイクルを跳ばして最終日に見に行きました(余談ですけど宇都宮は公営のレンタサイクルが1日100円で借りられるので…readmore

  • VIEW33
  • THANKS1
  • BY cedar0

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
栃木県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE