EXHIBITION

企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」

龍谷大学 龍谷ミュージアム

  • 開催期間:2020年11月21日(土)〜2021年1月24日(日)
  • クリップ数:2 件
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-2
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-3
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-4
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-5
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-6
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-7
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-8
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-9
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-10
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-11
岡山県指定文化財 両界曼荼羅のうち金剛界 鎌倉~南北朝時代 持宝院(笠岡市) 岡山県立博物館提供 後期展示
岡山県指定文化財 両界曼荼羅のうち胎蔵界 鎌倉~南北朝時代 持宝院(笠岡市)岡山県立博物館提供 後期展示
重要文化財 両界曼荼羅のうち胎蔵界 鎌倉時代 寳光寺(瀬戸内市)岡山県立博物館提供 前期展示
岡山県指定文化財 木造 宝冠阿弥陀如来坐像 鎌倉・嘉暦4年(1329)岡山県立博物館 岡山県立博物館提供 通期展示
岡山県指定文化財 木造 聖観音坐像 平安時代後期 明徳寺(真庭市)岡山県立博物館提供、寿福滋氏撮影 通期展示
重要文化財 不動明王二童子四十八使者像 南北朝時代 寳光寺 (瀬戸内市)岡山県立博物館提供 後期展示
岡山県指定文化財 木造 男神坐像 平安時代後期 宇南寺(真庭市)岡山県立博物館提供、寿福滋氏撮影 通期展示
岡山県指定文化財 木造 童形神(文殊大明神)坐像 南北朝・応安3年(1370)摩賀多神社(久米郡)岡山県立博物館提供、寿福滋氏撮影 通期展示
重要文化財 木造 獅子・狛犬 平安時代後期 高野神社(津山市)岡山県立博物館提供、寿福滋氏撮影 通期展示
重要文化財 地蔵菩薩来迎図(僧形八幡神影向図)南北朝時代 捧澤寺(小田郡)岡山県立博物館提供 前期展示
虚空蔵菩薩・明星天子像 室町時代 寳光寺(瀬戸内市)岡山県立博物館提供 後期展示
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1
企画展 「ほとけと神々大集合 -岡山・宗教美術の名宝-」 龍谷大学 龍谷ミュージアム-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

岡山県は古代から宗教文化が豊かに育まれ、中世においては、浄土宗開祖の法然、臨済宗開祖の栄西といった、日本の仏教史に名だたる高僧を輩出しました。また、古くから瀬戸内海を介して、畿内や四国と密接に結びつき、弘法大師信仰をもとに真言宗寺院が勢力を広げました。

本展は、関西ではあまり知られていない岡山における「密教」と「神仏習合」に焦点をあて、岡山県立博物館(岡山市北区)所蔵の名品の数々を展示します。

第1部「密教」では、両界曼荼羅(重文 瀬戸内市・寳光寺所蔵、鎌倉時代)をはじめとする多彩な曼荼羅や、十二天像(同 美作市・長福寺所蔵、南北朝~室町時代)など、密教のほとけを表した美麗な尊像を紹介します。

さらに古代において岡山は、「吉備国」として近畿・出雲に並ぶ勢力を有し、在地の神々が祀られてきました。その伝統を背景に、ほとけと神を一体と考える「神仏習合」の思想が発展し、多彩な垂迹美術が生み出されました。

第2部「神仏習合」では、木造 男神坐像(真庭市・宇南寺、平安時代)など、本来は不可視の神のすがたを象った神像や、高野四所明神像(笠岡市・持宝院所蔵、室町時代)をはじめとする、聖地にましますほとけと神を描いた作品を紹介します。

岡山県のみならず、日本の古代~近世の仏教文化の精華とも言える絵画・彫刻・工芸品・民俗資料の数々を鑑賞できる展覧会となっています。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年11月21日(土)〜2021年1月24日(日)
  • ※会期中休館日あり
会場龍谷大学 龍谷ミュージアムGoogle Map
住所 京都府京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  •  
休館日 月曜日 
11月24日、12月29日~2021年1月6日
※ただし、11月23日、1月11日は開館
観覧料 一般 900円(700円)
高大学生 500円(300円)
小中生 200円(100円)
※原則、龍谷ミュージアムHPからの事前予約が必要
  • ※2階展示室における併設のシリーズ展の料金を含む
    ※( )内は、前売料金・20名以上の団体料金
TEL075-351-2500
URLhttps://museum.ryukoku.ac.jp/

龍谷大学 龍谷ミュージアムの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

龍谷大学 龍谷ミュージアム 龍谷大学 龍谷ミュージアム

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE