没後20年 今竹七郎展
近代日本デザインのパイオニア

西宮市大谷記念美術館

  • 開催期間:2020年10月10日(土)〜2020年12月6日(日)
  • クリップ数:6 件
  • 感想・評価:1 件
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-2
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-3
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-4
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-5
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-6
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-7
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-8
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-9
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-10
ポスター[ランランポマード] 1936
新聞用カット[ランランチック] 1934-43頃
ポスター [大毎フェア・ランド] 1936
ポスター[第7回秋のをどり] 1941
ポスター [ナイロン 紳士服裏地] 1952
ポスター [風邪ならダン] 1958
ポスター [SYMPHONY in Silk] 1962
パッケージ[オーバンド] 1951
虚像と実像の間 1969
J変奏曲 1986
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1
没後20年 今竹七郎展 近代日本デザインのパイオニア 西宮市大谷記念美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「今竹七郎」という名前は知らずとも、輪ゴム「オーバンド」の黄色と茶色のパッケージ、メンソレータムのナースなど、どこかで必ず見たことがあるのではないでしょうか。

これらをデザインしたのが今竹七郎(いまたけしちろう)です。1905(明治38)年に神戸市に生まれた今竹は、我が国のグラフィックデザイン界において先駆的な役割を果たしたデザイナーとして活躍しました。戦中から2000(平成12)年に94歳で亡くなるまで西宮市に居住し、関西の芸術文化、特にデザインの分野に大きな功績を残しました。

本展覧会では、西宮市大谷記念美術館が所蔵する原画、グラフィックデザイン、商品パッケージ、絵画など400余点の代表作を展示し、多方面に才能を発揮し確かな足跡を残した今竹七郎の芸術を検証します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年10月10日(土)〜2020年12月6日(日)
会場 西宮市大谷記念美術館 Google Map
住所 兵庫県西宮市中浜町4-38
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 水曜日 
観覧料 一般 1,000円(800円)
高大生 600円(400円)
小中生 400円(200円)
  • ※前売り料金は各料金から200 円引き。ローソンLoppi(L コード52504)、西宮市大谷記念美術館にて販売(販売期間:9/1~10/9)
    ※西宮市在住65 歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
    ※ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
    ※心身に障害のある方及び介助者1 名は無料(要手帳等呈示)
TEL0798-33-0164
URLhttp://otanimuseum.jp

西宮市大谷記念美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

西宮市大谷記念美術館 西宮市大谷記念美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

輪ゴムのパッケージ!

日本のグラフィックデザインの草分けの方ですね。関西人にとっては関電の社章がおなじみです。
館内は一部を除き写真OK。撮影用に巨大な輪ゴムの箱もあります。
氏は吉原治郎氏と同い年の1905年生まれ。戦前から活動されているのですが、今見てもモダンで、古さを感じません。
楽しい展覧会でした。できれば作品リストの配布があればいいのですが。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

ポスター[ランランポマード] 1936

新聞用カット[ランランチック] 1934-43頃

ポスター [大毎フェア・ランド] 1936

ポスター[第7回秋のをどり] 1941

ポスター [ナイロン 紳士服裏地] 1952

ポスター [風邪ならダン] 1958

ポスター [SYMPHONY in Silk] 1962

パッケージ[オーバンド] 1951

虚像と実像の間 1969

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE