香りの器―高砂コレクション

三重県立美術館

  • 開催期間:2020年9月19日(土)〜2020年12月13日(日)
  • クリップ数:4 件
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-1
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-2
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-3
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-4
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-5
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-6
《鹿形香油瓶》7-8世紀 アフガニスタン~中央アジア 高砂コレクション
《鶴蒔絵香枕》江戸時代 高砂コレクション
セーブル《草花文ポプリポット》18世紀 フランス 高砂コレクション
エミール・ガレ《草花文香水瓶》1900年頃 高砂コレクション
ルネ・ラリック《香水瓶「ユーカリ」》1919年 高砂コレクション
《ピヴェール社化粧品総合カタログ》20世紀初頭 高砂コレクション
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-1
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-1
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-1
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-1
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-1
香りの器―高砂コレクション 三重県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

香料を用いて香りを作り、これを楽しむ文化は、はるか古代に始まり、文明の発達とともに進化してきました。

文明化された社会では、香りは人々の生活に欠かせないものとされ、人々は異国に香料を求め、貴重な香油や香木をおさめるために、贅(ぜい)を尽くし、美しくかざった器を用意しました。香りは目に見えるものではなく、形を残すものではありません。しかし、今日残される香水瓶、香道具の数々は、人々が愛した香りの文化を現在に伝えています。

本展では、今年創業100年を迎える高砂(たかさご)香料工業のコレクションより、香りにまつわる工芸品約230点を展示し、香りの歴史と文化を紹介します。

紀元前オリエントやギリシアの香油瓶から、日本の伝統的な香道で使われた漆芸品の数々、ヨーロッパ王侯貴族に愛された17世紀の陶磁器や20世紀香水メーカーの香水瓶まで、古今東西の「香りの器」が一堂に会するこの機会をどうぞお見逃しなく。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年9月19日(土)〜2020年12月13日(日)
会場 三重県立美術館 Google Map
展示室三重県立美術館 企画展示室(1階)
住所 三重県津市大谷町11
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
9月23日(水)、11月24日(火)
※ただし9月21日、9月22日、11月23日は開館
観覧料 一般 900円 (700円)
学生 700円 (500円)
高校生以下 無料
  • ※( )内は20名様以上の団体料金
    ※この料金で「特集展示 榊莫山展(9月24日(木)から)」、「美術館のコレクション」、「柳原義達の芸術」も観覧できます
    ※生徒・学生の方は生徒手帳、学生証等を要提示
    ※障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料
    ※県内学校(小・中・高・特別支援)等が来館する場合、引率者も観覧無料(要申請)
    ※9月20日、10月18日、11月15日の「家庭の日」(毎月第3日曜)は団体割引料金で観覧できます
    ※前売券は販売していません
TEL059-227-2100
URLhttp://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/index.shtm

三重県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

三重県立美術館 三重県立美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

香りの器―高砂コレクション 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
三重県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

《鹿形香油瓶》7-8世紀 アフガニスタン~中央アジア 高砂コレクション

《鶴蒔絵香枕》江戸時代 高砂コレクション

セーブル《草花文ポプリポット》18世紀 フランス 高砂コレクション

エミール・ガレ《草花文香水瓶》1900年頃 高砂コレクション

ルネ・ラリック《香水瓶「ユーカリ」》1919年 高砂コレクション

《ピヴェール社化粧品総合カタログ》20世紀初頭 高砂コレクション

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE