美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

明治の金メダリスト 大橋翠石
~虎を極めた孤高の画家

兵庫県立美術館

  • 開催期間:2020年4月18日(土)〜2020年5月31日(日)
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:1 件
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-1
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-2
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-3
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-4
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-5
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-6
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-7
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-1
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-2
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-3
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-4
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-5
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-6
明治の金メダリスト 大橋翠石 ~虎を極めた孤高の画家 兵庫県立美術館-7

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本画家・大橋翠石(おおはしすいせき 1865~1945)は、日本美術史の中でも特異な存在です。オリンピックと同様、国際社会での交流の場であった万国博覧会で、明治33(1900)年のパリ万国博覧会で、日本人画家として唯一の金メダル(金牌)に輝き、4年後のセントルイス万国博覧会でも連続して金メダルを受賞した翠石は、当時、世界で最も高く評価された日本画家だったのです。

大橋翠石は、岐阜・大垣に生まれ、上京して渡辺崋山の息子、渡辺小華に師事して絵を学びました。しかし翌年、師や母を立て続けに亡くし、更に濃尾大震災で被災、父と家を失います。数々の不幸を乗り越える力を虎の絵に求めた翠石は、研鑽を重ねて独自の画風を完成し、それが海外での連続受賞につながりました。

しかし、翠石は療養のため、そして何よりも内向的な性格のために、神戸の須磨に隠棲し、動物たちを友としながら、たった一人で自分の芸術を追求し続けました。生涯を通じて画壇と無縁で過ごした彼の芸術は、ほとんど今までの美術館では注目されず、その名も、芸術も、今や知る人は少なくなりつつあります。

しかし、大橋翠石は生前には横山大観や竹内栖鳳という東西の画壇の巨匠と同等の評価を受けてすらいました。その絵を愛し、所蔵した人物も、明治天皇、東郷平八郎、大隈重信、北里柴三郎、松方幸次郎、鳩山一郎など、錚々たる面々です。

本展は2008年に愛知・田原、岐阜・大垣で開催された「大橋翠石 日本一の虎の画家」展以降12年ぶりに全国各地から相次いで発見された名作によって翠石の画業を通覧できる、過去最大規模の回顧展として開催するものです。

セントルイス万博で来場者を魅了し、「私はきっと、その虎の絵を忘れることができない」とアメリカ人を感動させ、現代の日本でも次々とコレクターが現れている、知られざる、しかし昔も今も高い人気を誇る画家、大橋翠石。その全貌が今、明らかになります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年4月18日(土)〜2020年5月31日(日)
  • 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、開催中止となりました。詳細は、公式サイトにてご確認ください。
会場兵庫県立美術館 ギャラリー棟3階Google Map
住所 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
5月7日(木)
※ただし、5月4日(月・祝)は開館
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
大学生 800円(600円)
  • ※( )内は前売りおよび20名以上の団体、満70歳以上の割引料金
TEL050-5542-8600(ハローダイヤル)
URLhttp://suiseki-exhibition.com/

兵庫県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

兵庫県立美術館 兵庫県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

★★岐阜県美術館★★の大橋翠石

5

★岐阜県美術館の大橋翠石展の感想です★

会期終盤でしたがどうしても観たくて急遽遠征しました。
執拗な毛描き、虎の肉体、躍動、咆哮、堪能しました。
虎という画題が名士に人気なのか個人蔵がとても多かったです。
確かにこの規模での回顧展はしばらくは望めないかも。
地元の画家の個展を地元で開催する意義、その点でも行って良かったです。
露出展示も嬉しい。
9/13で会期終了。

常設展はまだまだ楽しめます。
ルドン、藤田嗣治、スーティン!、ヴラマンク!が観られるとは。
熊谷守一なんてミニ特別展の様相。
とても良い作品をお持ちで、地方の美術館を訪問する醍醐味ですね。

BY 黒豆

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE