いつみても、いつでもラブリー♥
水森亜土展

弥生美術館

  • 開催期間:2020年7月1日(水)〜2020年10月25日(日)
  • クリップ数:8 件
  • 感想・評価:2 件
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-2
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-3
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-4
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-5
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-6
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-7
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-8
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-9
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-10
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-11
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-12
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-13
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-14
「日本のド真ン中。室町一ノ一 我が家。(今でも)」
2019年11月 ©Ado Mizumori
水森亜土 ©Ado Mizumori
『別冊少女フレンド』1974年5月号表紙原画 ©Ado Mizumori
©Ado Mizumori
©Ado Mizumori
レターパッド ©Ado Mizumori
NHK「たのしいきょうしつ」にて ©Ado Mizumori
©Ado Mizumori
『別冊少女フレンド』1976年9月号表紙原画 ©Ado Mizumori
「My Girl」 ©Ado Mizumori
©Ado Mizumori
『別冊少女フレンド』1975年11月号表紙原画 ©Ado Mizumori
劇団未来劇場公演ポスター ©Ado Mizumori
日本橋を背にして ©Ado Mizumori
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1
いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展 弥生美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

歌を歌いながらアクリルボードに両手でお絵かきするパフォーマンスで知られるイラストレーター・水森亜土。子どもの頃から親しんでいるけれど、大人になった今も大好き!という方は多いでしょう。

とびきりラブリーでハートウォーミング、またセクシーでビターな味わいもある亜土作品には、時を超えたユニークな魅力があります。

本展覧会では亜土が「絶対に売らない」と決めている秘蔵の絵画作品やグッズの原画を大公開!歴代〈亜土グッズ〉を700点超!を展示します。

2020年はオリンピックイヤー。日本橋で生まれ育った亜土がみた、古きよき東京の魅力も紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年7月1日(水)〜2020年10月25日(日)
  • 本展は、2020年4月2日(木)~2020年6月28日(日)の会期を予定していましたが、上記に変更となりました。
会場 弥生美術館 Google Map
住所 東京都文京区弥生2-4-3
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※新型コロナウイルスの影響により、変更になる場合がございます。
休館日 月曜日 
8月11日(火)、9月1日(火)、23日(水)
ただし8月10日、9月21日は開館
観覧料 ◎入館にはオンラインによる事前予約(日時指定)が必要となります。美術館の公式サイトをご確認ください。

一般 1000円
大・高生 900円
中・小生 500円
TEL03‐3812‐0012
URLhttps://www.yayoi-yumeji-museum.jp

弥生美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

弥生美術館 弥生美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

カラフルな世界

日時指定で、休日に訪問。やはり休日とあって10時30分の入館時には15人くらいの観覧者がいました。1階と2階に分かれており、生まれた場所の紹介から始まります。以前のパフォーマンスの映像も紹介されています。色彩がとにかくきれいで、描かれている絵も楽しいです。マンガ雑誌の表紙原画も展示され、大変興味深いです。何より様々なグッズがあり、いかに長い間多くの人に愛されていたのかよくわかります。比較的狭い館なので、予約数の余裕がある日時の来館をおすすめします。

5.0

いつの時代も受け入れられるキュートさ!!

特定のキャラクターではなく、水森亜土さんの描くすべてが「亜土ちゃんキャラ」であるという、ちょっと他とは違ったキャラクター展でした。懐かしいタッチと色合いにもかかわらず、現代の若者にまで受け入れられて愛される、亜土ちゃんのかわいらしいキャラクターたちの変遷と歴史がひとまとめにされた展覧会でした!!

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都文京区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

「日本のド真ン中。室町一ノ一 我が家。(今でも)」
2019年11月 ©Ado Mizumori

水森亜土 ©Ado Mizumori

『別冊少女フレンド』1974年5月号表紙原画 ©Ado Mizumori

©Ado Mizumori

©Ado Mizumori

レターパッド ©Ado Mizumori

NHK「たのしいきょうしつ」にて ©Ado Mizumori

©Ado Mizumori

『別冊少女フレンド』1976年9月号表紙原画 ©Ado Mizumori

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE