美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」

中之島香雪美術館

  • 開催期間:2019年12月17日(火)〜2020年3月15日(日)
  • クリップ数:8 件
  • 感想・評価:1 件
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-1
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-2
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-3
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-4
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-5
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-6
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-1
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-2
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-3
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-4
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-5
企画展「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」 中之島香雪美術館-6

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

18世紀の上方の画壇は、狩野派、土佐派、文人画派、長崎派、円山派など、文字通り多士済々の様相を呈していました。中でも、円山応挙(1733-1795)の写生画は京都で大流行します。

その後、応挙から教えを受けた呉春(ごしゅん 1752-1811)と弟子による四条派は、写生画に情趣を加え、より親しみやすい画風を打出し、町衆たちに大いに受入れられました。

一方、商都として栄えた大坂では、独自の画壇が形成されていました。応挙とも関わった森狙仙(1747-1821)・徹山(1775-1841)の森派など、京都の動向に影響を受けつつ、大坂を拠点に活躍した絵師たちは多く存在します。同時に、古典の知識や教養を介さずに楽しめる四条派の絵画は、大坂にも伝わり人気を博しました。

本展では、円山・四条派を中心に上方画壇の展開に注目します。前期(2019年12月17日-2020年2月2日)は、円山派だけでなく他流派も含め京都で活躍した絵師たちを紹介します。後期(2020年2月4日-3月15日)では、京都からの影響をうけつつ、独自に花開いた大坂画壇の動向を、四条派に焦点を当ててたどります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年12月17日(火)〜2020年3月15日(日)
  • 前期:京都画壇の立役者たち
    2019年12月17日(火)~ 2020年2月2日(日)
    後期:独自の展開 大坂画壇
    2020年2月4日(火)~ 3月15日(日) 
    ※前、後期で作品を総入れ替えします
会場中之島香雪美術館Google Map
住所 大阪府大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト 4階 [MAP]
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
祝日の場合は翌火曜日
年末年始 12月29日(日)~2020年1月7日(火)
観覧料 一般 900円(700円)
高大生 500円(350円)
小中生 200円(100円)

  • ※( )内は前売り(一般のみ)・20名以上の団体料金
    ※前売り券は2019年12月16日まで香雪美術館(御影本館)、中之島香雪美術館、フェスティバルホール・チケットセンターで販売
TEL06-6210-3766
URLhttp://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/

中之島香雪美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

中之島香雪美術館 中之島香雪美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 記念講演会「京と浪花を行きつ戻りつ-絵と絵師のはざまで-」
安永拓世氏
(東京文化財研究所 文化財情報資料部 研究員)
2020年2月1日(土) 14:00~15:30(13:30~受付)
会場:中之島会館
(大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階、中之島香雪美術館隣)
参加料:500円(美術館入館には要別途入館券)
応募方法はこちらから

◆ ギャラリートーク(学芸員による解説)
・2019年12月21日(土)
・2020年1月25日(土)
・2020年2月15日(土)
・2020年3月7日(土)
いずれも午後3:30から45分程度、展示室にて
詳しくはこちら

感想・評価REVIEWS

前期は京都画壇(~2/2)、後期は大阪画壇(2/4~)後期がお薦め!

2

いっときの若冲ブームを顧みるまでもなく、18世紀の京都には、応挙、大雅、蕪村、若冲などなどが近くに住まいて、彼らを繋ぐのが大阪の文化人にして博物者の木村蒹葭堂で、この時代の立役者一人一人の展覧会も繰り返し開催されています。昨年には応挙に始まった京都画壇の系譜を美術館博物館の垣根を越えて辿ってみようとする『 円山応挙から近代京都画壇へ』@京都国立近代美術館や『画家「呉春」―池田で復活(リボーン)!』@逸翁美術館が開催され、円山四条派の流れをおったばかりで、前期はその流れをなぞる展覧会の様でした。後期は大阪画壇が中心となり、大きく展示替えされるらしい。京都画壇とは違った展開を見せた絵師たちの活躍が楽しめそうです。3/3~3/15に冷泉家時雨亭文庫所蔵作品が展示され、その時がお薦めの様に思いました。

BY morinousagisan

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
大阪府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE