美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

婦人画報創刊115周年記念特別展
「婦人画報」と「京都」
つなぎ、つたえる「人」と「家」

美術館「えき」KYOTO

  • 開催期間:2020年1月2日(木)〜2020年1月20日(月)
  • クリップ数:1 件
婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」 つなぎ、つたえる「人」と「家」 美術館「えき」KYOTO-1
婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」 つなぎ、つたえる「人」と「家」 美術館「えき」KYOTO-2
婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」 つなぎ、つたえる「人」と「家」 美術館「えき」KYOTO-3
婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」 つなぎ、つたえる「人」と「家」 美術館「えき」KYOTO-4
婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」 つなぎ、つたえる「人」と「家」 美術館「えき」KYOTO-1
婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」 つなぎ、つたえる「人」と「家」 美術館「えき」KYOTO-2
婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」 つなぎ、つたえる「人」と「家」 美術館「えき」KYOTO-3
婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」 つなぎ、つたえる「人」と「家」 美術館「えき」KYOTO-4

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

代々が守り、代々が手掛けてきた、美しきもの

明治38(1905)年より115年の間、戦時中も一度も休刊することなく発行されてきた「婦人画報」。
創刊以来、「婦人画報」がとりわけ大切にし、誌面でご紹介し続けてきたのが、茶道、華道、工芸、芸能などの「美しい日本」を受け継ぎ、伝え続けてきた、京都の「人」と「家」です。

本展では、京都の13家より、その「人」が手掛けた作品や、「家」に伝わる宝物など、約80点を当時の取材記事と共に展示します。

また、美術館エントランスでは、代表的な歴代の表紙を紹介します。
アール・ヌーヴォー調、日本画風、大正モダンの愛らしい絵、やがて大家となる画家の若かりし頃の作品、大女優の艶やかなポートレートなど、懐かしい表紙をお楽しみいただけます。

◆ 出展
池坊家(華道)、石田家(ガラス工芸)
伊東家(有職御人形司)、井上家(京舞井上流)
上村家(日本画)、江里家(截金)
志村家(染織)、千家(茶道裏千家)
徳岡家(京都𠮷兆)、中村家(塗師)
森口家(友禅)、樂家(樂焼窯元)
冷泉家(冷泉流歌道)
(五十音順)

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年1月2日(木)〜2020年1月20日(月)
会場美術館「えき」KYOTOGoogle Map
住所 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
時間 10:00〜20:00(最終入場時間 19:30)
  • ※但し、1月2日(木)は9:30開館。百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
休館日 会期中無休 
観覧料 一般 900円(700円)
高・大学生 700円(500円)
小・中学生 500円(300円)
  • ※( )内は前売および「障害者手帳」提示の本人と同伴者1名の料金
TEL075(352)1111(大代表)
URLhttp://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

美術館「えき」KYOTOの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

美術館「えき」KYOTO 美術館「えき」KYOTO

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE