ムーミン展
THE ART AND THE STORY

あべのハルカス美術館

  • 開催期間:2020年7月4日(土)〜2020年8月30日(日)
  • クリップ数:10 件
  • 感想・評価:4 件
ムーミン展 THE ART AND THE STORY あべのハルカス美術館-1
ムーミン展 THE ART AND THE STORY あべのハルカス美術館-2
ムーミン展 THE ART AND THE STORY あべのハルカス美術館-3
トーベ・ヤンソン 《イースターカード原画》1950年代 グワッシュ、インク・紙 ムーミンキャラクターズ社蔵 © Moomin Characters™
トーベ・ヤンソン 《「ムーミン谷の彗星」挿絵》1946年、1968年(改作) インク・紙 ムーミン美術館蔵 © Moomin Characters™
トーベ・ヤンソン 《スウェーデンの日刊紙「スヴェンスカ・ダーグブラーデット」広告》1957年 印刷 ムーミンキャラクターズ社蔵 © Moomin Characters™
ムーミン展 THE ART AND THE STORY あべのハルカス美術館-1
ムーミン展 THE ART AND THE STORY あべのハルカス美術館-1
ムーミン展 THE ART AND THE STORY あべのハルカス美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち。

フィンランドを代表する芸術家、トーベ・ヤンソン(1914~2001年)が生みだした「ムーミン」シリーズは、小説、絵本、新聞連載コミック、アニメ、商品などさまざまなかたちで親しまれています。

本展は、その多彩なアートと奥深い物語の魅力を、約500点のムーミンの展示品で体感できる展覧会です。2017年にリニューアルオープンした、フィンランド・タンペレ市にある世界で唯一の「ムーミン美術館」から、よりすぐりの作品を出展。

また、トーベが最後まで手元に残しておいた貴重なコレクションから日本初公開の作品も並びます。ムーミンの小説、絵本から代表的なシーンを原画で楽しむことができる、ムーミンファン必見の展覧会です。

このほか、イースターカード、アドベントカレンダーの原画、銀行の広告など、小説や絵本では見たことがないムーミンとそのなかまたちの多彩な表情にも出会うことができます。

2019年はフィンランドと日本の外交関係樹立100周年。トーベは来日も果たしています。トーベと日本の交流にも光を当てトーベが愛した日本を写真資料やスケッチで紹介するほか、浮世絵とムーミンを並べて展示します。
※葛飾北斎《富獄三十六景 甲州石班澤》は、保存上の理由から半期、アダチ版画研究所の復刻版を展示します。

◆トーベ・ヤンソン(1914~2001)について
フィンランドを代表する芸術家。1914 年8月9日、フィンランド・ヘルシンキに生まれる 。彫刻家でスウェーデン語系フィンランド人のヴィクトル・ヤンソンと挿絵画家でスウェーデン人の母シグネ・ハンマルステン=ヤンソンのもとに生まれる。15歳で風剌雑誌の挿絵画家としてデビュー。1945年から70 年にかけて、ムーミンの児童 小説シリーズ9作を発表。ムーミンの漫画や絵本も発表した。大人向けの小説や油彩画、フレスコ画、広告、舞台のためのスケッチなども手がけるなど芸術家として多彩に活躍した。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年7月4日(土)〜2020年8月30日(日)
会場 あべのハルカス美術館 Google Map
住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階
時間 10:00〜20:00
  • 火~金は、上記時間帯
    月土日祝は、10:00~18:00
    ※入館は閉館30分前まで
休館日 7月6日、13日、20日の各月曜日
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
大高生 1,100円(900円)
中小生 500円(300円)
  • ※( )内は前売・団体15名様以上料金
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、美術館チケットカウンターで購入された本人と付き添いの方1名まで当日料金の半額
TEL06-4399-9050
URLhttps://moomin-art.jp/

あべのハルカス美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

あべのハルカス美術館 あべのハルカス美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

ムーミン展

大好きなムーミンの展覧会を見にいきました。
大人も子供も楽しめる展覧会です。
北欧への憧れもつのります。

5.0

イラストそのもの以外にも魅力がいっぱい

作者であるトーベ・ヤンソンさん本人が描いた、ムーミンとその仲間たちの原画がたくさん飾られてありました。中には修正ペンで修正した跡が残ったラフ画もあり、めったに見られない貴重なイラストをいくつも観ることが出来てとても楽しかったです。ムーミン谷シリーズの小説の内容を一巻から追えるような順路にもなっていて、キャラクターの変遷やストーリーの内容を深く知ることができました。

展示物も素晴らしかったですが、会場限定グッズの可愛さにやられました…!リトルミィのぬいぐるみや缶入りクッキーなど、全部素敵でした。なかでもミニ食器のガチャガチャは、300円で絵柄が可愛い上に、陶器製でプレミア感があり、何度も引く価値があると感じました(私は一回だけ引きましたが、ムーミンがプリントされたミニ皿でした!)。

新型コロナの対策としてアルコール消毒や検温はもちろん、空いている箇所からの観覧の推奨などもされていて、しっかりと対応されている印象を受けました。会場は開催終了間際だからか、この時期にも関わらずたくさんの人が観に来ていて、その人気がうかがえました。とても良い展覧会でした。

5.0

ムーミンだけじゃない。

挿絵やカラー表紙の原画、スケッチなど、500点にのぼるという展示。
特に、トーベ・ヤンソンさん独特の、黒ペンのみで描かれた線画の細かさに惚れ惚れします。
トーベ・ヤンソンさんの作品は「ムーミン」しか知らなかったのですが、
ムーミン以外の本の挿絵や、風刺雑誌に投稿されたイラストなどもありました。
(風刺イラストに小さく描かれたムーミントロール似(?)のキャラが気になってつい探してしまいます)
また、ムーミンの挿絵と、北斎や広重などの有名な浮世絵を並べて展示しているコーナーが興味深かったです。

トーベ・ヤンソンさんが(お顔は映っていませんが)フェルトペンでムーミントロールを一発描きする45秒の動画は必見です。

事前予約制ではなかったので混雑状況が不安でしたが、
平日の夕方以降に来館したところ、ソーシャルディスタンスを保ちながら自分のペースで見て回ることができました。

5.0

ムーミンを堪能出来ました

コロナの影響でことごとく展覧会がなくなる中、久しぶりにムーミン展に行けたっぷりと楽しめました。オープン10時に行けば空いているかな?と思いきや沢山の方が訪れていて、解説等ゆっくり読みたいものは待つこともありましたが、順番は気にせずに見て下さいとのことで、空いている絵から見ました。やはり、原画は素晴らしく必見の価値ありでした。ムーミンの絵に限らず、風刺画、挿絵、病院の案内看板、立体ムーミンなど思ってもいなかった物も展示されていて堪能出来た展覧会でした。
また、家に帰って、ムーミンの本、ビデオでムーミンの世界にも浸りたいと思います。
売店の展覧会用ムーミングッズも楽しかったです。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
大阪府で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

トーベ・ヤンソン 《イースターカード原画》1950年代 グワッシュ、インク・紙 ムーミンキャラクターズ社蔵 © Moomin Characters™

トーベ・ヤンソン 《「ムーミン谷の彗星」挿絵》1946年、1968年(改作) インク・紙 ムーミン美術館蔵 © Moomin Characters™

トーベ・ヤンソン 《スウェーデンの日刊紙「スヴェンスカ・ダーグブラーデット」広告》1957年 印刷 ムーミンキャラクターズ社蔵 © Moomin Characters™

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE