美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状

東京国立近代美術館工芸館

  • 開催期間:2019年7月13日(土)〜2019年9月1日(日)
  • クリップ数:6 件
  • 感想・評価:1 件
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-1
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-2
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-3
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-4
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-5
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-6
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-7
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-8
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-1
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-2
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-3
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-4
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-5
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-6
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-7
 所蔵作品展 みた?―こどもからの挑戦状 東京国立近代美術館工芸館-8

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

こどもには工芸の鑑賞はむずかしいのではないか。そんな声をうけて「こども工芸館」と冠した鑑賞プログラムを始動させたのは2002年夏のこと。

私たちの生活感情と深く関わる、そして世界が注目する日本の工芸を、長い休暇のあいだに楽しみながら学んでもらえたらと思ったのがきっかけでした。

しかしフタを開けてみればこどもたちのリアクションは実に頼もしく、おとなの思惑や心配など軽々と越えて、深く鋭く工芸に迫っていきました。

なかでもワークシートの公開プログラム「みんなでつくる工芸図鑑」での成果は、うかうかしているとおとなの鑑賞を揺るがしかねないものばかり。

「図鑑カード」と呼んでいるワークシートでこどもたちが紹介してくれた工芸のなんとみずみずしく、魅力的なこと!たとえ無邪気な絵や言葉だったとしても「(ちゃんと)みた?」と語りかけてくるようで、そのせいか、こどもたちのカードの前から妙に真顔、そして急ぎ足で会場に戻るおとなたちをしばしばみかけるのです。

今回の展覧会はこどもの眼が切り取った工芸の根源的な姿をもとに、「色」や「もよう」、「質感」や「調度」など、これまでに取り組んだテーマを再構成。

前にいらっしゃった方も初めての方も、ぜひとも彼らからの挑戦状を受け取ってください。2020年の移転も目前。最後の東京の工芸館の夏をおみのがしなく!

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年7月13日(土)〜2019年9月1日(日)
会場東京国立近代美術館工芸館Google Map
住所 東京都千代田区北の丸公園1-1 [MAP]
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
7月16日(火)、8月13日(火)
※7月15日、8月12日は開館
観覧料 一般 250円(200円)
大学生 130円(60円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※高校生以下および18歳未満、65歳以上、「MOMATパスポート」をお持ちの方、友の会、賛助会員(同伴者1名まで)MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバー会員は本人のみ)、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
    ※それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、会員証、社員証、障害者手帳を要提示
    無料観覧日:8月4日(日)、9月1日(日)
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.momat.go.jp/cg/exhibition/didyouseeit2019/

東京国立近代美術館工芸館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京国立近代美術館工芸館 東京国立近代美術館工芸館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ ギャラリートーク 各日14時から
2019年7月14日(日)
東京国立近代美術館工芸館研究員
申込不要・参加無料(要当日観覧券)

◆ 会期中 水・土曜日 タッチ&トーク
14時から約60分
工芸館ガイドスタッフによる鑑賞プログラム。作品を実際にさわりながら鑑賞できる<さわってみようコーナー>と会場トークの2部構成で、さまざまな角度から展覧会の見どころを紹介
申込不要・参加無料(要当日観覧券)

感想・評価REVIEWS

子供向けとあなどっていたら…

5

工芸館は、いつも素晴らしい展示をするところなので、観るようにしているのですが、夏のこの時季はいつも、子供向けの展覧会で、子供と縁のない身としては足を運びにくかったのです。
最終日の無料観覧日に滑り込んでみたら、子供たちの作品を見て絵付きで書いた感想が面白くまた、展示自体もいつもの工芸館とは一風変わっていて、「食わず嫌い」はいけないなぁ…と思った次第です。
個人的には、角偉三郎の合鹿椀を観られたことが嬉しかった。
さすがに、子供の感想では、角さんは取り上げられていませんでしたけれども^^;
ちなみに、来春には、金沢に移転が決まっていて、収蔵品の70%が移転されるとのこと。
移転後に、竹橋の現工芸館が展示されるとかは、まだ決まっていないそうです。
移転前に是非、あの建物で展示される「工藝作品の粋」を観に行ってくださいねー♪

BY galleryyukomori

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE