美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

地球・爆ー10人の画家による大共作展

愛知県美術館

  • 開催期間:2019年11月1日(金)〜2019年12月15日(日)
  • クリップ数:3 件
  • 感想・評価:1 件
地球・爆ー10人の画家による大共作展 愛知県美術館-1
地球・爆ー10人の画家による大共作展 愛知県美術館-2
地球・爆ー10人の画家による大共作展 愛知県美術館-3
地球・爆ー10人の画家による大共作展 愛知県美術館-4
地球・爆ー10人の画家による大共作展 愛知県美術館-5
地球・爆ー10人の画家による大共作展 愛知県美術館-1
地球・爆ー10人の画家による大共作展 愛知県美術館-2
地球・爆ー10人の画家による大共作展 愛知県美術館-3
地球・爆ー10人の画家による大共作展 愛知県美術館-4
地球・爆ー10人の画家による大共作展 愛知県美術館-5

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「地球・爆」は国内各地域で活躍する10人の画家──伊坂義夫、市川義一、大坪美穂、岡本信治郎、小堀令子、清水洋子、白井美穂、松本旻、山口啓介、王舒野──による絵画プロジェクトで、11組で合計約150点の絵画パネルで構成され、全長は200メートルを超えます。

2001年に起こったアメリカでの同時多発テロ事件に呼応して岡本と伊坂が企画し、彼らの呼びかけに賛同した8人の画家が加わりました。構想図案から検討して「共作」する、というアイディアのもと、2003年に着手。全決定稿がそろったのが2007年9月で、そこから本画の制作が始まり、今も一部制作が続けられています。2013年2月に完成していた第1番は、同年開催の「あいちトリエンナーレ2013」で紹介されました。

最年長の岡本が、少年時代に衝撃を受けた1945年の東京大空襲や広島と長崎への原爆投下も含め、20世紀以降の戦争が人類にもたらしたものをテーマとする、この絵画プロジェクトでは、それぞれの画家が個性を生かして描き方に変化を与えつつも、全体としては、ユーモラスで乾いた形で、あたかも一つの「絵巻物」のように表現されています。

史上最長級、の反・戦争絵画をこの機会に体験してください。

◆ 出品作家
伊坂義夫、市川義一、大坪美穂、岡本信治郎、小堀令子、清水洋子、白井美穂、松本旻、山口啓介、王舒野

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年11月1日(金)〜2019年12月15日(日)
会場愛知県美術館 愛知芸術文化センター10階Google Map
住所 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10階・8階 [MAP]
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
11月5日(火)
※ただし11月4日(月・休)は開館
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
高校・大学生 900円(700円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は前売券および20名以上の団体料金
    ※上記料金で、同時開催のコレクション展も観覧できます。
    ※「身体障害者手帳」「精神障害者保健福祉手帳」「療育手帳」のいずれかをお持ちの方、また、その手帳に「1種」または「1級」と記載のある方に付き添われる方は1名まで当日料金が半額。美術館チケット売場にて手帳を提示し、ご購入ください(付き添いの方はお申し出ください)。
    ※小・中学生は美術館チケット売場で無料観覧券をお受け取りください。
    ※前売券および当日券は、愛知県美術館チケット売場、中日新聞販売店、主要プレイガイド、チケットぴあ(Pコード:769-806)、ローソンチケット(Lコード:41598)などで購入できます。
TEL052-971-5511(代表)
URLhttps://www-art.aac.pref.aichi.jp/

愛知県美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

愛知県美術館 愛知県美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 記念シンポジウム
出演:出展作家
日時:2019年11月2日(土)13:30-15:00
会場:アートスペースA
(愛知芸術文化センター12階)
定員:先着150名
※申込不要・聴講無料。
会場に直接お越しください。

◆ ギャラリートーク(学芸員による展示説明会)
会期中、4回開催予定。日時は決定次第、愛知県美術館ウェブサイトでお知らせします。
※申込不要・聴講無料。観覧券をお持ちの上、開始時刻に美術館ロビーにお集まりください。

感想・評価REVIEWS

「爆」、私なりにうけとめました。

4

地球・爆展の開会式と内覧会に参加させていただきました。トリエンナーレの記憶も薄れぬ10月31日、トリエンナーレで脳内に刷り込まれた「戦」への意識を蘇らせながら鑑賞しました。巨大なキャンバスに、黒と白だけで描かれた作品は、時におどろおどろしく、時にユーモラスに、そしてどれも綿密に「戦」を表現し、「爆」による瓦礫を放っていました。どうして愛知は立て続けに同じテーマで挑むのか、そんな思いは消せませんが、戦争を知らない私は敢えて何も考えず、臨戦態勢の黒と白を受けとめてきました。県美術館所蔵の作品鑑賞で、戦の傷は徐々に癒され、北川民次の花に心ほぐれて帰路につきました。

BY bb3kids

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
愛知県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE