美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

あいちトリエンナーレ 2019 情の時代

愛知県美術館

  • 開催期間:2019年8月1日(木)〜2019年10月14日(月・祝)
  • クリップ数:3 件
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-2
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-3
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-4
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-5
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-6
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-7
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-8
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-9
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-10
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-11
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-12
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-13
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-14
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-15
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-16
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-17
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-18
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-19
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-20
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-21
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-22
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-2
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-3
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-4
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-5
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-6
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-7
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-8
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-9
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-10
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-11
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-12
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-13
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-14
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-15
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-16
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-17
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-18
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-19
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-20
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-21
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-22

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

◆ テーマ
現在、世界は共通の悩みを抱えている。その源泉にあるのは、先行きが見えず、自分たちが危険に晒されているのではないかという不安である。

「わからない」ことは、人を不安にさせ、本来はグレーであるものを、シロ・クロはっきり決めつけて処理した方が合理的だと考える人が増える。

その結果、世界を対立軸で考えるようになる。しかし、人間は、守りたい伝統や理念が違っても、合理的な選択ではなくても、困難に直面している他者に対して、とっさに手を差しのべ、連帯することができる生き物である。

今人類が直面している問題の原因は「情」(不安な感情やそれを煽る情報)にあるが、それを打ち破ることができるのもまた「情」(なさけ、思いやり)である。

「アート」の語源には、ラテン語の「アルス」やギリシア語の「テクネー」がある。この言葉は、かつて「古典に基づいた教養や作法を駆使する技芸」一般を指していたのだ。われわれは、「情」によって「情」を飼いならす「技」を身に付けなければならない。それこそが、本来の「アート」ではないのか。「技」によって日本のモノづくり産業をリードし、都市であり地方である「愛知」を舞台に、様々な対立軸の中間を考え、「アート」本来の領域を取り戻していく。

◆ あいちトリエンナーレ
あいちトリエンナーレは、2010年から3年ごとに開催されている国内最大規模の国際芸術祭です。4回目となる2019年は、国内外から80組以上のアーティストを迎えます。国際現代美術展のほか、映像プログラム、パフォーミングアーツ、音楽プログラムなど、様々な表現を横断する、最先端の芸術作品を紹介します。

◆ 主な開催会場は、愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、名古屋市内のまちなか(四間道・円頓寺)、豊田市(豊田市美術館及び豊田市駅周辺)

◆ 開催情報詳細は、こちらから
http://aichitriennale.jp/

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年8月1日(木)〜2019年10月14日(月・祝)
会場愛知県美術館・愛知芸術文化センターGoogle Map
住所 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10階・8階 [MAP]
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
※祝日は除く
観覧料 【1DAYパス】
一般 1,600円(1,400円)
大学生 1,200円(900円)
高校生 600円(500円)

【フリーパス】
一般 3,000円(2,800円)
大学生 2,300円(2,000円)
高校生 1,100円(1,000円)
  • ※( )内は国際現代美術展・前売料金(前売販売期間:7月31日まで)
    ※中学生以下は無料
    ※高校生は、行事や部活動での観覧の場合、観覧日当日に限り無料(要事前申込)
    ※障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名までは観覧無料となります。当日、会場のチケット売り場で手帳を要提示
    ※映像プログラム、パフォーミングアーツ及び音楽プログラムについては、別途入場料が必要となる場合があります。
    ※大学生・高校生区分のチケットをお持ちの方は、身分証明書を要提示
TEL052-971-6111(あいちトリエンナーレ実行委員会事務局)
URLhttp://aichitriennale.jp

愛知県美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

愛知県美術館 愛知県美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
愛知県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE