あいちトリエンナーレ 2019 情の時代

愛知県美術館

  • 開催期間:2019年8月1日(木)〜2019年10月14日(月・祝)
  • クリップ数:6 件
  • 感想・評価:2 件
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-2
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-3
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-4
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-5
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-6
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-7
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-8
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-9
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-10
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-11
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-12
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-13
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-14
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-15
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-16
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-17
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-18
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-19
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-20
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-21
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-22
ウーゴ・ロンディノーネ《Vocabulary of Solitude》 2014-2016、個展「Ugo Rondinone:Vocabulary of solitude」ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館、ロッテルダム(オランダ)
Photo: Stefan Altenburger
Courtesy of studio rondinone
アイシェ・エルクメン 《On Water》 2017 Photo: Roman Mensing/Münster
和田 唯奈(しんかぞく)《Empty and Poke》 2018 Photo: Hideto Nagatsuka
洪松明(ソンミン・アン)&ジェイソン・メイリング《A Song To Change The World》 2018、Festival of Live Art、メルボルン(オーストラリア)
Photo: Bryony Jackson
キャンディス・ブレイツ
《Love Story》 2016、Featuring Alec Baldwin and Julianne Moore、第57 回ヴェネツィア・ビエンナーレ、南アフリカ館、ヴェネツィア(イタリア)
Commissioned by the National Gallery of Victoria, Outset
Germany + Medienboard Berlin-Brandenburg
Photo: Andrea Rossetti Courtesy of Goodman Gallery, Kaufmann Repetto + KOW
ジェームズ・ブライドル《ドローン・シャドー002》 2012、イスタンブール(トルコ)
ミリアム・カーン《美しいブルー》 13.5.17 Photo: Daniel Martinek
Courtesy of WAKO WORKS OF ART
CIR(調査報道センター)
《The Box》 2014 Director: Michael Schiller Photo: The Center for Investigative Reporting
村山 悟郎《環世界とプログラムのための肖像》 2015 Photo: Takafumi Kato
パク・チャンキョン《Child Soldier》 2017-2018
Courtesy of the artist
タニア・ペレス・コルドヴァ《Portrait of a woman unknown》 2014
Courtesy of the artist
菅 俊一《指向性の原理 - 視線》 2017
バルテレミ・トグォ《Water Dance》 2015、WOMAD、チャールトン・パーク、マルムズベリー(英国)
© Courtesy Galerie Lelong, Paris & Bandjoun Station, Cameroon
碓井 ゆい《shadow of a coin》 2013-2018、「shadow work」小山市立車屋美術館、栃木
Photo: Shinya Kigure
モニラ・アルカディリ『Feeling Dubbing(吹き替え感)』 2017、クンステン・フェスティバル・デザール、ブリュッセル(ベルギー)
Photo: Catherine Antoine Courtesy of the artist
市原 佐都子(Q)『地底妖精』 2017、SCOOL、東京
Photo: Mizuki Sato
Courtesy of Q
小泉 明郎《夢の儀礼―帝国は今日も歌う―》 2016、個展「帝国は今日も歌う」VACANT、東京
Photo: Shizune Shiigi
Courtesy of the artist, Annet Gelink Gallery (Amsterdam) & MUJIN-TO Production
ネイチャー・シアター・オブ・オクラホマ+エンクナップグループ
『Pursuit of Happiness(幸福の追求)』2016、リュブリャナ(スロベニア)
Photo: Andrej Lamut
Courtesy of EN-KNAP Productions
ミロ・ラウ(IIPM) + CAMPO『Five Easy Pieces(5つのやさしい小品)』 2016 クンステン・フェスティバル・デザール、ブリュッセル(ベルギー)
Photo: Phile Deprez
Courtesy of IIPM
サエボーグ《Slaughterhouse-9》 2014、第17 回岡本太郎現代芸術賞展、川崎市岡本太郎美術館、神奈川
Photo: Kyoichi Tsuzuki
Courtesy of Kyoichi Tsuzuki
高山 明 (Port B)『ワーグナー・プロジェクト ―「ニュルンベルクのマイスタージンガー」―』 2017、KAAT 神奈川芸術劇場、神奈川
Photo: Naoya Hatakeyama
劇団うりんこ+三浦基+クワクボリョウタ『お伽草紙/戯曲』2010、うりんこ劇場、愛知
Photo: Jiro Shimizu
Courtesy of Theater Urinko
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1
あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 愛知県美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

◆ テーマ
現在、世界は共通の悩みを抱えている。その源泉にあるのは、先行きが見えず、自分たちが危険に晒されているのではないかという不安である。

「わからない」ことは、人を不安にさせ、本来はグレーであるものを、シロ・クロはっきり決めつけて処理した方が合理的だと考える人が増える。

その結果、世界を対立軸で考えるようになる。しかし、人間は、守りたい伝統や理念が違っても、合理的な選択ではなくても、困難に直面している他者に対して、とっさに手を差しのべ、連帯することができる生き物である。

今人類が直面している問題の原因は「情」(不安な感情やそれを煽る情報)にあるが、それを打ち破ることができるのもまた「情」(なさけ、思いやり)である。

「アート」の語源には、ラテン語の「アルス」やギリシア語の「テクネー」がある。この言葉は、かつて「古典に基づいた教養や作法を駆使する技芸」一般を指していたのだ。われわれは、「情」によって「情」を飼いならす「技」を身に付けなければならない。それこそが、本来の「アート」ではないのか。「技」によって日本のモノづくり産業をリードし、都市であり地方である「愛知」を舞台に、様々な対立軸の中間を考え、「アート」本来の領域を取り戻していく。

◆ あいちトリエンナーレ
あいちトリエンナーレは、2010年から3年ごとに開催されている国内最大規模の国際芸術祭です。4回目となる2019年は、国内外から80組以上のアーティストを迎えます。国際現代美術展のほか、映像プログラム、パフォーミングアーツ、音楽プログラムなど、様々な表現を横断する、最先端の芸術作品を紹介します。

◆ 主な開催会場は、愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、名古屋市内のまちなか(四間道・円頓寺)、豊田市(豊田市美術館及び豊田市駅周辺)

◆ 開催情報詳細は、こちらから
http://aichitriennale.jp/

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年8月1日(木)〜2019年10月14日(月・祝)
会場 愛知県美術館 Google Map
展示室愛知県美術館・愛知芸術文化センター
住所 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10階
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
※祝日は除く
観覧料 【1DAYパス】
一般 1,600円(1,400円)
大学生 1,200円(900円)
高校生 600円(500円)

【フリーパス】
一般 3,000円(2,800円)
大学生 2,300円(2,000円)
高校生 1,100円(1,000円)
  • ※( )内は国際現代美術展・前売料金(前売販売期間:7月31日まで)
    ※中学生以下は無料
    ※高校生は、行事や部活動での観覧の場合、観覧日当日に限り無料(要事前申込)
    ※障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名までは観覧無料となります。当日、会場のチケット売り場で手帳を要提示
    ※映像プログラム、パフォーミングアーツ及び音楽プログラムについては、別途入場料が必要となる場合があります。
    ※大学生・高校生区分のチケットをお持ちの方は、身分証明書を要提示
TEL052-971-6111(あいちトリエンナーレ実行委員会事務局)
URLhttp://aichitriennale.jp

愛知県美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

愛知県美術館 愛知県美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

考えさせられる作品群

9月末ごろに鑑賞しましたが、不自由展中止に対するボイコットが10作以上に及び、会場の広さの割にはいくらか物寂しさがありました。
元より不自由展には興味がなかったのですが、それらの作品が鑑賞できなかったことについては残念に思います。
それでも大規模な展覧会のため作品数は充実しており、内容的には3年前のトリエンナーレよりわかりやすく楽しいものが多かったように感じます。
特に有志の投稿した大量の遺言が画面に並ぶ『10分遺言』は印象的でした。
見知らぬ誰かの遺言が目の前で実際のタイピング時間と連動して書き上げられていく様は、生々しく、自分の遺言もその中に加わって誰かに読まれているかもしれないというのは興味深い体験でした。
あいちトリエンナーレの第一回から全て鑑賞している身としては、今年の炎上によってこれが最後のトリエンナーレにならないことを祈るばかりです。

3.0

貴重な体験

あいちトリエンナーレオープニングの翌日の、8月2日に鑑賞しました。その翌日にはニュースで大々的に取り上げられ、8月4日には公開中止となってしまった「表現の不自由展」は、ブースに入った途端、独特の空気感に、胸がいっぱいになりました。特に少女像は、戦争を知らない私たちが目を背けず、対峙しなければならない史実と受けとめました。75日の内の3日間。2日は騒ぎもなく、しっかり鑑賞出来たのは貴重な体験だったと思います。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
愛知県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

ウーゴ・ロンディノーネ《Vocabulary of Solitude》 2014-2016、個展「Ugo Rondinone:Vocabulary of solitude」ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館、ロッテルダム(オランダ)
Photo: Stefan Altenburger
Courtesy of studio rondinone

アイシェ・エルクメン 《On Water》 2017 Photo: Roman Mensing/Münster

和田 唯奈(しんかぞく)《Empty and Poke》 2018 Photo: Hideto Nagatsuka

洪松明(ソンミン・アン)&ジェイソン・メイリング《A Song To Change The World》 2018、Festival of Live Art、メルボルン(オーストラリア)
Photo: Bryony Jackson

キャンディス・ブレイツ
《Love Story》 2016、Featuring Alec Baldwin and Julianne Moore、第57 回ヴェネツィア・ビエンナーレ、南アフリカ館、ヴェネツィア(イタリア)
Commissioned by the National Gallery of Victoria, Outset
Germany + Medienboard Berlin-Brandenburg
Photo: Andrea Rossetti Courtesy of Goodman Gallery, Kaufmann Repetto + KOW

ジェームズ・ブライドル《ドローン・シャドー002》 2012、イスタンブール(トルコ)

ミリアム・カーン《美しいブルー》 13.5.17 Photo: Daniel Martinek
Courtesy of WAKO WORKS OF ART

CIR(調査報道センター)
《The Box》 2014 Director: Michael Schiller Photo: The Center for Investigative Reporting

村山 悟郎《環世界とプログラムのための肖像》 2015 Photo: Takafumi Kato

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE