EXHIBITION

村上隆の五百羅漢図展

森美術館

  • 開催期間:2015年10月31日(土)〜2016年3月6日(日)
  • クリップ数:6 件
  • 感想・評価:3 件
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-1
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-2
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-3
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-4
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-5
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-6
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-7
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-8
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-9
村上 隆 《五百羅漢図》白虎(部分)2012年
アクリル、カンバス、板にマウント 302 x 10,000cm 個人蔵
©2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上 隆 《五百羅漢図》玄武(部分) 2012年
アクリル、カンバス、板にマウント 302 x 10,000cm 個人蔵
©2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上 隆 《五百羅漢図》制作風景 撮影:Aminaka Kenta
展示風景:「村上隆の五百羅漢図展」森美術館 東京 2015年
撮影:高山幸三
画像提供:森美術館
©Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上 隆 《手と手を繋げよ。》
2015年 アクリル、プラチナ箔、カンバス、アルミニウム・フレームにマウント 180x240cm
©2015 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上 隆 《宇宙の産声》
2005年- 金箔、FRP 451.3 x 268 x 302.8cm
Courtesy:Gagosian Gallery, New York
©2005-2015 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上 隆 《欲望の炎—金》
2013年 金箔、カーボンファイバー 498.4 x 188.6 x 183.1cm
Courtesy Blum & Poe, Los Angeles
©2013 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
撮影:御厨慎一郎
画像提供:森美術館
©2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上 隆 「円相」シリーズ
2015年 アクリル、金箔、プラチナ箔、カンバス、アルミニウム・フレームにマウント 各170x144.7cm
©2015 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-1
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-1
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-1
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-1
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-1
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-1
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-1
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-1
村上隆の五百羅漢図展 森美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

森美術館は、2015年10月31日( 土)から2016年3月6日( 日)まで、日本国内において2001年以来14年ぶりとなる村上隆の大型個展「村上隆の五百羅漢図展」を開催します。

村上隆は、現在国際的に最も高い評価を得ている現代美術家のひとりです。ロサンゼルス現代美術館を皮切りに世界巡回した回顧展をはじめ、世界の著名美術館はもとよりヴェルサイユ宮殿やロックフェラーセンター前広場などさまざまな場所で大型インスタレーションを展開し、作品の圧倒的なスケール感と完成度の高さにより世界中の人々を驚嘆させてきました。

村上はその活動において、敗戦後の日本をテーマに、オタクカルチャーやキャラクターと日本の美術史を接続し、「スーパーフラット」という概念を発明するなど、現代美術界に大きな足跡を刻みました。村上がキュレーションを手掛け、世界各地で開催された3つの展覧会は「スーパーフラット三部作」と称され、その最終章となる「リトルボーイ:爆発する日本のサブカルチャー・アート」展(2005年、ニューヨーク)は、同年、全米批評家連盟によるベスト・キュレーション賞に輝きました。

待望の個展となる本展では、世界の絵画史上最大級と呼ぶにふさわしい、全長100メートルに及ぶ超大作《五百羅漢図》が日本で初公開されます。本作は、東日本大震災後にいち早く支援の手を差し延べてくれたカタールへの感謝を込めて、震災の翌年2012年にドーハで発表されました。この《五百羅漢図》を中心に、改めて日本美術の伝統に取り組んだ新作の数々で構成される本展は、成熟期を迎えた作家の、驚くべきスケールとエネルギー、芸術的達成と新たな次元に触れるまたとない機会となるでしょう。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2015年10月31日(土)〜2016年3月6日(日)
会場 森美術館 Google Map
住所 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
時間 10:00〜22:00 (最終入場時間 21:30)
  • 火曜日は、10:00〜17:00
    ※入館は、閉館時間の30分前まで。
休館日 年中無休 
※会期中は無休
観覧料 一般 1,600円
学生(高校・大学生) 1,100円
子供(4歳〜中学生) 600円
※価格は全て税込み。
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.mori.art.museum/

森美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

森美術館 森美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

3.0

現代美術界屈指の戦略家による壮大な展覧会

個々の作品の壮大さに圧倒されるとともに、その作品群がいかに日本美術史から影響と刺激を受けて生まれてきたかがよく理解できました。そこから透けてみえてくる江戸時代などの絵師たち・・・元ネタ(?!)となった彼らの作品も今後、機会があればぜひ見たいと強く感じさせてくれました。

5.0

全長100メートルの「五百羅漢図」に圧倒

かなり人気の展覧会だけあって大変混雑してました。全長100メートルの「五百羅漢図」のサイズに圧倒されたが、一番興味深かったのは村上隆氏の指示書や制作のノウハウが観れたこと。特にスタッフへの赤入れ指示は、ちょっと笑ってしまった。
写真撮影・SNSへの投稿が自由なので、ウェブサイトでも観る事が出来るが、是非生で観ることをお勧めします。

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん

4.0

館内では自由に写真が撮れて、ネットにもUPしてよいそうです。

スケール感のある作品群と色彩豊かな中で、村上隆の世界観を楽しめました!全作品の撮影が自由ということで、かなりの人たちが、スマホなどで写真を撮影していました。どんな作品に特にひかれて、レンズを向けるのか、巨大な作品のどの部分に見入っているか、というのも知ることができて、そういった点も楽しめました。

THANKS!をクリックしたユーザー
tonoさん、brtrsuさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE