EXHIBITION

カリカチュールがやってきた
19世紀最高峰の諷刺雑誌

伊丹市立美術館

  • 開催期間:2019年1月12日(土)〜2019年2月24日(日)
  • クリップ数:6 件
  • 感想・評価:4 件
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-1
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-2
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-3
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-4
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-5
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-6
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-7
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-8
グランヴィル《動物界 - 博物学の部屋 3》『カリカチュール』第133号1833年5月23日刊、リトグラフ 伊丹市立美術館蔵
シャルル・フィリポン《壁の塗り替え》『カリカチュール』第35号1831年6月30日刊、リトグラフ 伊丹市立美術館蔵
シャルル・フィリポン《民衆の紋章、中道の紋章》『カリカチュール』第30号1831年5月26日刊、リトグラフ 伊丹市立美術館蔵
オノレ・ドーミエ《薬剤師の総司令官たる将軍ランスロ・ド・トリカニュル公の貴族院入場の行列》『カリカチュール』第143号1833年9月1日刊、リトグラフ 伊丹市立美術館蔵
作者不詳《豪勢な鼻のオベリスク》『カリカチュール』第149号1833年9月12日刊、リトグラフ 伊丹市立美術館蔵
オノレ・ドーミエ《1831年の仮面の数々》『カリカチュール』第71号1832年3月8日刊、リトグラフ 伊丹市立美術館蔵
J.J.グランヴィル『動物たちの私的公的生活情景』全2巻 1842年刊 伊丹市立美術館蔵 伊丹市立美術館蔵
J.J.グランヴィル『生命を与えられた花々』扉絵 1847年刊 伊丹市立美術館蔵 伊丹市立美術館蔵
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-1
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-1
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-1
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-1
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-1
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-1
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-1
カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌 伊丹市立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1830年に創刊された記念碑的な絵入諷刺雑誌『カリカチュール』。

七月王政を相手にルイ=フィリップ王を梨の姿で描くなど、ブラック・ユーモアに満ちた諷刺画で一世を風靡しました。

本展ではドーミエとともに両輪を担ったグランヴィル(1803-1847)を軸に諷刺画の黄金期を築いた『カリカチュール』誌を紹介、また後年、夢想的な挿絵画家へと転身し、シュルレアリスムの先駆となったグランヴィルの軌跡にも迫ります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年1月12日(土)〜2019年2月24日(日)
伊丹市立博物館移転に伴うみやのまえ文化の郷[当館の他、伊丹市立工芸センター・伊丹市立伊丹郷町館・(公財)柿衞文庫]の再整備工事のため、2020年9月1日〜2022年3月31日(予定)の間、長期休館となります。
会場伊丹市立美術館Google Map
住所 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
1月15日、2月12日
※ただし1月14日、2月11日は開館
観覧料 一般 500円(400円)
大高生 250円(200円)
中小 100円(80円)
  • ※( )内は20名以上の団体割引
    ※兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて無料
    ※4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60歳以上、土日祝65歳以上)
TEL072-772-7447
URLhttp://artmuseum-itami.jp/

伊丹市立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

伊丹市立美術館 伊丹市立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

1.0

貴重な作品の数々を堪能しました

19世紀の諷刺雑誌を見る機会はなかなかないと思い、興味深く訪問。
時代背景も垣間見えるシュールな作品が多数のですが、
笑える作品もあったり行けてよかったです。
カリカチュールを知ることができて良かったです。

4.0

面白かった

以前、こちらの美術館で催されてたドーミエ展を観て、風刺画に興味を持ちました
政府への不満、抵抗などそのまま描けば重くなるばかりの事柄を軽やかにしかも的確に表現してるなと思いました
SNSの発達で逆に不自由になった現代より、遥かに自由への可能性を感じます

3.0

所蔵品展なのに入館料が高い・・・

2年前のホガース、去年のゴヤに続いての風刺版画の所蔵作品展です。
今回も作品1点1点に詳細な解説文があるので、丁寧に見ていくと、数時間かかります。
おととしのホガースの時は立派な図録が発行されていましたが、今回は昨年同様、専用の図録はありませんでした。
ただ、ほぼ同様のコレクションがある東京の美術館の図録があり、これが立派で詳細な解説文も掲載されていて1500円でした。
思わず「買い!」です。
ただ、今回の展覧会は所蔵作品のみで構成されているのに、500円の入館料が必要です。(おととし、去年は300円だったのに・・・。)
体力と時間に余裕があるときに見に行ったほうがいいと思います。

4.0

マニアックな展示?!

兵庫県立美術館の県美プレミアムで開催中の「M氏コレクションによるJ・J・グランヴィル」でグランヴィルの作品に興味を持ちました。
そんなタイミングに彼が風刺画を描いていた雑誌、カリカチュールの展覧会が開催とのことで行ってきました。
タイミングよくギャラリートークを拝聴できたのでより理解が深まりました。
学芸員の方から「よくぞこんなマニアックな展示にお集まりいただきありがとうございました!」という挨拶がありましたが多少知識の要る展示です。
18世紀のフランスの社会情勢を軽く頭に入れた上で臨むとより楽しめるかと思います。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE