美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

澤乃井櫛かんざし美術館所蔵
櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく-

アサヒビール大山崎山荘美術館

  • 開催期間:
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:2 件
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく- アサヒビール大山崎山荘美術館-1
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく- アサヒビール大山崎山荘美術館-2
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく- アサヒビール大山崎山荘美術館-3
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく- アサヒビール大山崎山荘美術館-4
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく- アサヒビール大山崎山荘美術館-5
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく- アサヒビール大山崎山荘美術館-1
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく- アサヒビール大山崎山荘美術館-2
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく- アサヒビール大山崎山荘美術館-3
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく- アサヒビール大山崎山荘美術館-4
澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく- アサヒビール大山崎山荘美術館-5

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

江戸時代、女性たちは身分や職業によって服装や装飾品を規制されていました。

しかし、そのような制限のなかで、女性たちは髪飾りに個性を求め、職人が創意工夫をこらした多種多様な櫛やかんざしで自らを飾り、おしゃれを楽しんでいました。

東京都青梅市にある澤乃井櫛かんざし美術館には、祇園に生まれ、舞妓となり、後に東京で料亭の女将として多くの人を魅了した岡崎智予(おかざきちよ 1924-1999)が収集した作品が所蔵されています。

所蔵品には、文化が爛熟し工芸的技術が最も高い水準に達した江戸後期のものをはじめ、尾形光琳(1658-1716)、酒井抱一(1761-1829)、原羊遊斎(1769-1845)ら高名な美術家による逸品も含まれています。

本展では、日本の工芸の粋を凝縮した櫛、かんざしとともに、当時の風俗を伝える浮世絵をあわせた約300点を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場アサヒビール大山崎山荘美術館 [MAP]
住所 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※ただし、2018年12月17日(月)、
2019年1月14日(月)、2月11日(月)は開館
[振替休館日]
2019年1月15日(火)、2月12日(火)
[年末年始休館]
2018年12月25日(火)~2019年1月3日(木)
観覧料 一般 900円(団体:800円)
高・大学生 500円(団体:400円)
中学生以下無料
障害者手帳をお持ちの方 300円
TEL075-957-3123 (総合案内)
URLhttps://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/38591/

アサヒビール大山崎山荘美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

アサヒビール大山崎山荘美術館 アサヒビール大山崎山荘美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆講演会「黒髪の美しさと櫛・かんざしの世界」
2019年1月19日(土) 14:00~15:30
講師 村田孝子氏
(ポーラ文化研究所シニア研究員)
会場 展示室
参加費 無料(ただし美術館入館料は別途必要)
定員 50名、要申込(先着順)

◆ギャラリートーク
本展覧会中の第2、第4土曜日 14:00~14:30
会場 展示室
内容 学芸員が本展覧会の見どころを解説
参加費 無料(ただし美術館入館料は別途必要)
※事前申込不要

◆クリスマスウィーク スペシャルコンサート
2018年12月22日(土) チェロ二重奏
2018年12月23日(日) フルート三重奏
2018年12月24日(月・祝) 弦楽四重奏
会場 本館
内容 京都市立芸術大学音楽学部の学生によるコンサート ①11:30~ ②14:30~(各回約25分)
参加費 無料、ただし美術館入館料は別途必要
協力 京都市立芸術大学キャリアデザインセンター

詳細・お申込みは公式サイトから

感想・評価REVIEWS

美しく愛らしい品々

5

櫛や簪の限られた形の中に、職人たちの技が込められて見応えたっぷりです。

鼈甲、象牙、金属やガラスなどの素材の良さも活かして季節感を大切にしたデザインや漆、螺鈿、蒔絵などの華やかで愛らしい装飾も美しかったです。江戸時代の文字を散らしたモダンな蒔絵櫛も文字をおしゃれにデザインされていて素敵でした。
隠れキリシタンの十字架の描かれた簪も、その当時の信仰の厳しさや強い心を感じました。

美しい装飾品の数々を通して、職人の粋な技や当時の人々の暮らし、おしゃれを楽しむ女性たちの姿が浮かぶようでした。

素敵な展覧会に行くことができて、楽しい時間を過ごせました。

BY itoyukito5

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

また見たいと思いました

5

テレビの時代劇で良く見る簪や櫛をゆっくり鑑賞できます。
和の女性用装身具の展示は、西洋のジュエリーと比べて少ないので楽しみにしていました。実際、アンテーク?に有り勝ちな少し雑な面と緻密な細工は見ていて楽しかったです。アクセサリー好きや工芸品が好きな人は是非とも見て欲しいです。
今回の「澤乃井美術館」は東京にあるそうで、近いうちに絶対に行こうと思いました。

BY GEG02015

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE