美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

川瀬忍 作陶50年の間

菊池寛実記念 智美術館

  • 開催期間:2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月24日(日)
  • クリップ数:5 件
  • 感想・評価:1 件
川瀬忍 作陶50年の間 菊池寛実記念 智美術館-1
川瀬忍 作陶50年の間 菊池寛実記念 智美術館-2
川瀬忍 作陶50年の間 菊池寛実記念 智美術館-1
川瀬忍 作陶50年の間 菊池寛実記念 智美術館-2

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

青磁は、呈色剤に鉄分を用いた釉薬を還元焼成により青く発色させたやきものであり、非常に古い歴史を持つ陶磁技法のひとつです。

原初的な青磁は紀元前の中国に成立したとされ、日本にも唐物としてもたらされると、鎌倉時代以降はとくに座敷飾りや茶道具として珍重され、多くの名品が今日まで伝えられてきました。

時代や地域により形、色とも多様性をみせますが、質の高い青磁は繊細で深い青の色、玉にもたとえられる艶や独特な質感を持ち、やきものならではの美をたたえています。

川瀬氏はこれまで個展を中心に、現代作家として自身の美意識を加味した独自の青磁を発表してきました。三代続く陶家に育ち、18歳より作陶の道に入った氏の作品は、過去の優品に学び、研究を重ねた豊かな経験に裏打ちされ、常に高い質と品格を備えています。

菊池寛実記念 智美術館創立者の菊池智(1923-2016年)は、氏が初めて作品を発表した十代よりその才能に注目し、作品を見つめ続けました。

そうした縁により智美術館では、2011年に「川瀬忍の青磁―天青から 静かなる青へ」と題し初の回顧展を開催しました。そして川瀬氏が作陶50年という記念の年を迎える本年、改めてその作品の魅力を伝える展覧会の開催です。

智美術館における二度目の個展として、本展では作家の半世紀にわたる活動を見渡しつつ、前回とは異なる視点を加えその創作の秘密に迫ります。川瀬氏の作品、氏が憧憬する古陶磁、古美術等を展示空間に自在に取り合わせ、その「間」から生まれる美の世界をご覧いただきます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年11月23日(金・祝)〜2019年3月24日(日)
会場菊池寛実記念 智美術館Google Map
住所 東京都港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル [MAP]
時間 11:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
12/25、1/15、2/12
※但し12/24、1/14、2/11は開館
年末年始 12/28~1/1
観覧料 一般 1,000円
大学生 800円
小・中・高生 500円
未就学児は無料
TEL03-5733-5131(代表)
URLhttp://www.musee-tomo.or.jp/

菊池寛実記念 智美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

菊池寛実記念 智美術館 菊池寛実記念 智美術館

感想・評価REVIEWS

青磁UPDATED

4

今週末で終了ですが、とっても良い展覧会でした!

元々青磁は好きだったのですが、今もなおアップデートし続ける姿勢に感動しました。
どれもこれもがカッコイイ!
ライティングも良いので見惚れてしまいます。

今月末まで東博で展示中の青磁茶碗 銘馬蝗絆を模した作品も展示してあります。

欲しい!と思える作品多数で大満足の展覧会でした。

BY 黒豆

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE