美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

民家の画家 向井潤吉 人物交流記

世田谷美術館

  • 開催期間:
  • クリップ数:5 件
  • 感想・評価:3 件
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-1
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-2
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-3
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-4
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-5
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-6
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-7
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-8
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-9
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-10
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-11
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-1
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-2
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-3
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-4
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-5
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-6
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-7
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-8
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-9
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-10
民家の画家 向井潤吉 人物交流記 世田谷美術館-11

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1945年以降、約40年間にわたって草屋根の民家を描き続けたことで知られる向井潤吉は、1901年に京都に生まれ、1933年からは世田谷区弦巻にアトリエを構え、制作を重ねた作家です。

本展は向井の画業を主軸としつつ、彼が感慨をこめて綴ったさまざまなエッセイを手がかりとして構成します。

そして、その文中に登場する、向井が交流をもった同世代の画家たちと、彼があこがれた先人たちの作品や諸資料もあわせてご紹介し、向井潤吉の画家としての足跡を辿ろうとするものです。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場世田谷美術館 1階展示室 [MAP]
住所 東京都世田谷区砧公園1-2
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
9月18日(火)、9月25日(火)、
10月9日(火)は休館
※9月17日(月・祝)、9月24日(月・振休)、
10月8日(月・祝)は開館、
観覧料 一般 1,000円(800円)
65歳以上 800円(600円)
大高生 800円(600円)
中小生 500円(300円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障害者の方は500円(団体の場合300円)、大高中小生の障害者の方は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
    ※リピーター割引:会期中、本展有料チケットの半券のご提示で、2回目以降は団体料金にて観覧できます
    ※他の割引との併用はできません
TEL03-5777-8600 ハローダイヤル
URLhttps://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00190

世田谷美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

世田谷美術館 世田谷美術館

感想・評価REVIEWS

再評価に期待

4

民家にこだわり続け、描き続けた作品群。入江泰吉にとっての奈良のように、失われていく原風景を描き留めておくという強い衝動が制作動機になっている珠玉の作品群。取材地域が片寄っているのも、こだわり、地域への愛着が感じられます。

BY TK

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

交流関係のわからない「交流記」

4

この展覧会の正式名称は「民家の画家 向井潤吉 人物交流記」である。しかしながら、どこに交流記があるのでしょうか?
向井潤吉の作品に挟まれて多くの有名画家の絵が展示されています。詳しい説明がないので、なぜこれらの絵が飾られているのか全くわかりません。壁に貼られている小さな字の向井のエッセイ抜粋を読むと、彼らは恩師、美術学校の同窓生、同じ美術団体の所属員、影響を受けた画家などのようです。しかし名前が書かれているだけであり、どのような交流があったのかわかりません。唯一、火野葦平との親しい関係がわかる程度です。これで「交流記」といわれても納得がいきません。向井の作品だけでは展覧会が構成できないので、「交流記」という名目で同時代の作家の作品を並べて数合わせをしたのではないでしょうか。また、入り口に出品作品リストがないことも不満です。
展覧会の構成には文句タラタラですが、向井潤吉の絵は素晴らしかったです。あまり馴染みのない作家でしたが、初期の人物画、フランス留学時代のルーブル美術館の模写、インパール従軍時の戦争画、後期の古民家の絵などがまとめて観られて、その画風の変遷がよく判りました。特に、藁屋根の古民家の作品群は美しく迫力がありました。
構成の悪いところを絵の良さで補って評価4としました。

BY keiichi

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

素晴らしかったです!

4

ARTAgenda様から招待券を頂いたので、世田谷美術館「民家の画家 向井潤吉 人物交流記」に行ってきました。
私自身は美術に関してシロウトなので専門的なことは言えないのですが、私たちが失いつつある(失ってしまった)古き良き時代の、温かみというか懐かしさというか、何か尊いものを感じて胸がいっぱいになりました。
何時間でも飽きずに鑑賞していたいと思わされました。おススメです。

BY nasudaru

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE