EXHIBITION

特別展「始皇帝と大兵馬俑」

東京国立博物館

  • 開催期間:2015年10月27日(火)〜2016年2月21日(日)
  • クリップ数:7 件
  • 感想・評価:2 件
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-1
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-2
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-3
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-4
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-5
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-6
1号兵馬俑坑(1ごうへいばようこう) 秦始皇帝陵博物院蔵
©陝西省文物局・陝西省文物交流中心・秦始皇帝稜博物院
玉剣・金剣鞘(ぎょくけん・きんけんさや) 韓城市梁帯村古墓葬群文物保護管理所蔵
©陝西省文物局・陝西省文物交流中心
秦公鐘(しんこうしょう) 宝鶏青銅器博物院蔵
©陝西省文物局・陝西省文物交流中心
1号銅車馬(1ごうどうしゃば)(展示は複製) 秦始皇帝陵博物院蔵
©陝西省文物局・陝西省文物交流中心・秦始皇帝稜博物院
騎馬俑(きばよう) 咸陽市文物考古研究所蔵
©陝西省文物局・陝西省文物交流中心
兵馬俑(右から)跪射俑/軍吏俑/将軍俑/歩兵俑/立射俑 秦始皇帝陵博物院蔵
©陝西省文物局・陝西省文物交流中心・秦始皇帝稜博物院
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-1
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-1
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-1
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-1
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-1
特別展「始皇帝と大兵馬俑」 東京国立博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

紀元前221年、秦 (しん) 国の王・嬴政 (えいせい) は、中国大陸を初めて統一し、最初の皇帝「始皇帝」を名乗りました。始皇帝はみずからの巨大な陵墓を造らせ、そのほど近くに約8千体もの陶製の軍団「兵馬俑 (へいばよう)」を埋めさせました。

1974年に発見され、今なおつづく兵馬俑の発掘は、始皇帝の知られざる歴史を次々と明らかにし、新しい驚きをもたらしています。

本展は、最新の発掘成果を採り入れながら、始皇帝と秦王朝にまつわる貴重な文物を一堂に集めて紹介するものです。20世紀の考古学で最大の発見と謳われる兵馬俑のなかでも選りすぐりのものを揃えて、絶対権力者にふさわしい圧巻の造形美を示すとともに、始皇帝が地下を含む陵墓一帯に空前の規模で築き上げた「永遠なる世界」の実像に迫ります。

兵馬俑はほぼ等身大の作りで、ひとつずつ顔が違います。恐らく実在した将兵をひとりずつモデルにして作ったのでしょう。階級や役割の違いも形に表れています。例えば、兵馬俑の頭部は冠を載せたものと髷(まげ)を結ったものがあります。前者のほうが後者より総じて位が高かったと考えられます。

兵馬俑は粘土を焼いたやきものなので、バラバラに割れた状態で出土します。それらをつないで現在の姿に復元しているのですが、実は当初の姿と完全に同じではありません。例えば、兵馬俑はもともと武器を持っていました。

しかし、武器の大部分は、柄や弓が木製のため、長年土に埋まっているうちに朽ちてなくなっています。表面の彩色も保存が困難です。もともとは肌、髪、服などの各部に異なる色が塗られていました。

兵士や従者の人形「俑」を副葬する例は、始皇帝以前の秦国の墓にもあります。しかし、始皇帝の兵馬俑は大きさ、造形の面でほかの俑とあまりに違いが多く、異彩を放っています。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2015年10月27日(火)〜2016年2月21日(日)
会場 東京国立博物館 Google Map
展示室東京国立博物館 平成館
住所 東京都台東区上野公園13-9
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • 展示会ごとに異なる場合があるので、展示会ごとにご確認ください。
休館日 月曜日 
※ただし、2016年1月1日(金・祝)、1月12日(火)は休館
観覧料 一般 1600円(1400円/ 1300円)、大学生 1200円(1000円/900円)、高校生 900円(700円/600円)、中学生以下無料
※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
  • ※「東京・ミュージアムぐるっとパス」で、当日券 一般 1600円を1500円(100円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にてお申し出ください。
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://heibayou.jp/

東京国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京国立博物館 東京国立博物館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

すべてに圧倒

暖かな日で平日にもかかわらずかなりな人でした
いろいろな出土品の数々を経て現れたのは数大きさともに始皇帝の権力を示すかのような兵馬俑の列
どれだけの人力時間を費やしたのか
それぞれの人物の表情も豊かで大量生産ではない芸術性も感じられました
まだまだ発掘途中なので全部が解明されたらどれだけのものになるのか想像もできません
トーハクは広くて時間の関係で常設展すべては鑑賞できませんでしたが、ちょうど新年にちなんだ展示があり、かわいいユーモラスなお猿さんもたくさん見れてなごめました

3.0

中国の遺跡のスケールに驚く展示でした

中国の始皇帝陵付近から大量に出土された兵馬俑(ハニワのような兵馬)を展示する特別展。

この兵馬俑、ハニワのように内部が空洞の焼き物(土人形を焼く感じ)なのですが、普通イメージするハニワとは全く異なるのがその大きさ。
等身大、場合によってはそれ以上のサイズ。 実際目の前に立つと、台座も含めると小柄な私よりもずっと大きくて圧巻でした。

そんな巨大で、かつ勇ましい風貌の兵士の像が数千体も一度に出土したわけです。
およそ2200年前の物ですから当然それらの像は手作りなわけで。それが数千体....。 いかに始皇帝の権力がすごかったかを象徴してますね。 1つ作り上げるだけでも相当の労力だったはずですから。
古代エジプトのファラオ達がピラミッドを残したのと同様に、死後の扱いでその栄華がうかがい知れるというものです。

歴史的な面で中国は本当に凄い。
きっとまだまだ未発見の遺跡とかたくさんありそうですね。

そんな、あまりにも貴重な物なだけに、実物は数点で、広告等でずらりと立ち並んでいる兵馬俑は精巧なレプリカなのですが、それでも、それらが多数並び立つ様はとても迫力がありました。これが数千レベルだったらどんなだろうとは想像も難しいですね。

とにかく、「紀元前でこのレベル?!」とその細工や表現方法から垣間見える高度な文化に驚きながら見て回った展示でした。楽しかった☆

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE