EXHIBITION

サンタフェ リー・ダークスコレクション
浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい―

相国寺承天閣美術館

  • 開催期間:2018年7月3日(火)〜2018年9月30日(日)
  • クリップ数:1 件
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-2
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-3
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-4
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-5
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-6
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-7
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-8
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-9
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-10
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-11
菱川師宣「衝立のかげ」 延宝後期~天和期 (1679~84)頃 横大判墨摺筆彩(前期展示) © Lee E. Dirks Collection
「市川役者の鬼打豆」 宝永末~正徳期 (1709~15)頃 大大判丹絵(後期展示) © Lee E. Dirks Collection
鈴木春信 「お百度参り」 明和2年(1765)  中判錦絵(後期展示) © Lee E. Dirks Collection
喜多川歌麿 「歌撰恋之部 物思恋」 寛政5~6年 (1793~94)頃 大判錦絵(前期展示) © Lee E. Dirks Collection
歌川国政 「二代目中村仲蔵の松王丸」 寛政8年(1796) 大判錦絵(後期展示) © Lee E. Dirks Collection
岳亭 文政7年(1824)頃 色紙判摺物(前期展示) © Lee E. Dirks Collection
春好斎北洲 「三代目中村歌右衛門の加藤正清」 文政3年(1820) 大判錦絵(前期展示)  © Lee E. Dirks Collection
葛飾北斎 「風流なくてなゝくせ 遠眼鏡」 享和年間(1801~04) 大判錦絵(後期展示) © Lee E. Dirks Collection
葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 天保2年(1831)頃 横大判錦絵(前期展示)  © Lee E. Dirks Collection
歌川国芳 「亀喜妙々」 嘉永元年(1848) 大判錦絵三枚続(後期展示) © Lee E. Dirks Collection
歌川広重 「名所江戸百景 亀戸梅屋舗」 安政4年(1857) 大判錦絵(前期展示) © Lee E. Dirks Collection
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ―江戸の名品勢ぞろい― 相国寺承天閣美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

米国サンタフェ在住のリー・ダークス氏は、空軍士官として日本に駐留したのを契機に日本文化に関心を持ち、浮世絵版画の名品を収集してきました。

本展覧会では、浮世絵の祖・菱川師宣、美人画の喜多川歌麿、役者絵の東洲斎写楽、そして葛飾北斎や歌川広重など代表的な浮世絵師の優品のみを集めたダークス氏のコレクションを、全国5会場で初公開します。

◆リー・ダークス氏について
1935年、アメリカ中西部に位置するインディアナポリス(インディアナ州)に生まれ育ったダークス氏が、最初に日本美術に関心を持ったのは、1958年から61年まで、米空軍士官として来日した際のことでした。東京の横田基地に駐留していた間に読んだジェームス・ミッチェナー「日本の版画」(“Japanese Prints”)をきっかけに、浮世絵版画に特に興味を抱いたそうです。米空軍に服務後は、ダウ・ジョーンズやボストン・グローブ紙をはじめとする米国大手新聞社で記者・編集者、そして経営幹部として活躍。その後は、新聞社の合併・買収に携わり、新聞業界で50年にわたるキャリアを謳歌しました。現在は、風光明媚なことで知られるサンタフェ(ニューメキシコ州)やフロリダ州に在住で、2000年頃から本格的に浮世絵のコレクションを始めました。いまでは初期浮世絵から明治・大正時代に至るまでの250年間に及ぶ素晴らしい浮世絵コレクションを構築しています。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年7月3日(火)〜2018年9月30日(日)
  • 前期:7月3日(火)~ 8月5日(日)
    後期:8月8日(水)~ 9月30日(日)
    ※全点展示替えをします
会場 相国寺承天閣美術館 Google Map
住所 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 年中無休 
8月6日(月)、7日(火)
観覧料 一般 1,000円(800円)
65歳以上・大学生 800円(600円)
小中高生 500円(300円)
団体 800円
  • ※( )内は前売り料金
    ※前売券は5月28日(月)から7月2日(月)までの限定販売
    ※前売券はチケットぴあ(Pコード:769-039)、ローソンチケット(Lコード:52637)ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストアなどで購入できます
    ※団体は、一般のみ20名以上
    ※リピーター割引(会期中2回目以降ご鑑賞の方は、半券と引換にて100円割引)
    ※障害者手帳を提示された方およびその介護者1名は無料(要証明)
TEL075-241-0423
URLhttp://www.nikkei-events.jp/art/ukiyoe/

相国寺承天閣美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

相国寺承天閣美術館 相国寺承天閣美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE