美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

―明治150年記念― 明治からの贈り物

静嘉堂文庫美術館

  • 開催期間:2018年7月16日(月・祝)〜2018年9月2日(日)
  • クリップ数:6 件
  • 感想・評価:2 件
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-1
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-2
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-3
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-4
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-5
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-6
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-7
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-8
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-9
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-10
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-11
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-12
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-1
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-2
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-3
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-4
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-5
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-6
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-7
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-8
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-9
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-10
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-11
―明治150年記念― 明治からの贈り物 静嘉堂文庫美術館-12

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

経済的な分野のみならず、芸術文化の支援によっても日本を支えたいと願った静嘉堂の創始者、岩崎彌之助(1851-1908・三菱第2代社長)と岩崎小彌太(1879-1945・三菱第4代社長)父子が蒐集した古典籍・美術コレクションには、彼らと同時代の、近代の作品も多く収蔵されています。

本展では明治の美術品を中心として、近代絵画で初めて重要文化財の指定を受けた橋本雅邦の「龍虎図屏風」を含む、第四回内国勧業博覧会(1895年(明治28年)開催)出品の屏風の数々、修理後初公開となる河鍋暁斎の代表作「地獄極楽めぐり図」の画帖、そして当時の洋画界で、"裸体画論争"に及んだ、わが国"ヌード"の先駆的作品、黒田清輝「裸体婦人像」など、話題の名品が公開となります。

また今日"超絶技巧"とも称され、人気の高い明治工芸品からは刺繍・金工・七宝・漆芸・陶磁器、それぞれ名工の"力作"が並びます。

今日に伝えられた明治の美と技の世界を、武蔵野の面影を残す緑眩い静嘉堂100年の杜の中で、どうぞ心ゆくまでお楽しみください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年7月16日(月・祝)〜2018年9月2日(日)
  • ※会期中、一部作品の展示替をいたします。
会場静嘉堂文庫美術館Google Map
住所 東京都世田谷区岡本2-23-1 [MAP]
時間 10:00〜16:30(最終入場時間 16:00)
  • サマータイム開館時間 10:00 〜17:00
    (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
7月17日(火)
※ただし7月16日(月)は開館
観覧料 一般 1,000円(800円)
大高生 700円(500円)
障害者手帳提示の方および同伴者1名 700円(500円)
中学生以下 無料
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttp://www.seikado.or.jp/

静嘉堂文庫美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

静嘉堂文庫美術館 静嘉堂文庫美術館

感想・評価REVIEWS

すばらしい!!の一言です。

5

最近流行の「明治」の作品の展示には違いないのですが、日本人特有の細かさや繊細さをみせる「蒔絵」「陶磁器」の展覧会ではなく、もっとおおきなくくりの展覧会です。
当時の作家の師事や関係性もわかりやすく、関連付けて展示されているのも特徴です。
そして、大作の屏風が所狭しと並んでいて、迫力!!とともに、よく見てみると(例の日本人特有のコマかいところ)繊細な筆遣いや詩集の美しさも見ることができます。
ぜひ単眼鏡を持参してジックリと見てほしい展覧会です。
暁斎の展示替えも3回(計4期に分けて展示されるそうです)あるので、全期制覇したいとところです!!

BY sasaneko0211

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

呂后斬戚夫人図が凄すぎる

5

静嘉堂文庫美術館で今年一番楽しみにしていた展覧会です。
日本美術好きには堪らない内容になっています。

出品数は決して多くはありませんが、
菊池容斎、柴田是真、河鍋暁斎、橋本雅邦、松本楓湖、鈴木松年、渡辺省亭、濤川惣助
と江戸末期から明治期に活躍した綺羅星たちの優品が存分に堪能出来ます。

ただ、雅邦、松年、山本芳翠の並びに難があり、屏風の広がりが今ひとつで
もう少し広げて見やすくして欲しかったですね。
いや芳翠さんが悪いわけではないですよ笑

日本美術好きはマストでしょう。

BY 黒豆

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE