美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~ 紹介画像-1
文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~ 紹介画像-2
文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~ 紹介画像-3
文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~ 紹介画像-4
文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~ 紹介画像-5
文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~ 紹介画像-6
文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~ 紹介画像-7
文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~ 紹介画像-8
文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~ 紹介画像-9

文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~

弥生美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
  • クリップ:3 件
球体関節人形の草分け的な存在である吉田良と、その指導を受けたピグマリオンの作家が、鏡花文学のヒロインたちを人形に制作
泉鏡花(1873~1939)は、明治後期から昭和初期かけて活躍した文学者です。 神なのか、魔物なのか、人なのか・・・鏡花文学の謎めいた女人たちの存在は、人形と通じ合うものがあります。人形もまた本来…Read More
  • ※クリップとは?

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら▼

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

泉鏡花(1873~1939)は、明治後期から昭和初期かけて活躍した文学者です。

神なのか、魔物なのか、人なのか・・・鏡花文学の謎めいた女人たちの存在は、人形と通じ合うものがあります。人形もまた本来は無機質なものながら、命あるものの気配を漂わせる不可思議な存在です。

特に、「球体関節人形」という、現代の「活き人形」と言うべきリアルな人形には、「本当に生きているのかもしれない」「心があるのかもしれない」と錯覚させられるほどの存在感があり、見る者は圧倒させられます。

球体関節人形の草分け的な存在である吉田良と、その指導を受けたピグマリオンの作家が、鏡花文学のヒロインたちを人形に制作しました。

また、明治~大正期に鏡花作品を飾った木版、石版口絵、肉筆の手紙などで鏡花の人生と文学を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場弥生美術館 [MAP]
住所 東京都文京区弥生2-4-3
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
7/17、9/18(火)
※ただし、7/16(月・祝)、8/13(月)、
9/17(月・祝)、9/24(月・祝)は開館
観覧料 一般 900円
大・高生 800円
中・小生 400円
TEL03‐3812‐0012
URLhttp://www.yayoi-yumeji-museum.jp/index.html

弥生美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

弥生美術館 弥生美術館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトに感想・評価をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

※ご招待チケットのお申込みには、会員登録が必要です。ログインの上、ご応募ください。
新規登録はこちらから

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都文京区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE