美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

猪熊弦一郎展 猫たち

Bunkamura ザ・ミュージアム

  • 開催期間:2018年3月20日(火)〜2018年4月18日(水)
  • クリップ数:13 件
  • 感想・評価:4 件
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-1
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-2
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-3
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-4
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-5
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-6
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-7
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-8
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-9
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-10
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-11
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-12
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-13
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-14
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-15
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-16
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-17
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-1
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-2
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-3
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-4
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-5
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-6
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-7
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-8
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-9
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-10
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-11
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-12
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-13
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-14
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-15
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-16
猪熊弦一郎展 猫たち Bunkamura ザ・ミュージアム-17

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

猪熊弦一郎(1902-1993年)は、百花繚乱の昭和の画壇にあって試行錯誤を繰り返しながらも、常に独自の境地を維持し、極めて個性的な作品群を残した画家です。

「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほどの無類の猫好きとして知られ、私生活でも作品のモチーフとしても猫は重要な存在でした。

勿論、猪熊弦一郎の芸術は猫だけにとどまるものではありません。

本展は彼が愛した猫たちを描いた作品をまずは堪能していただき、猪熊弦一郎の奥深い世界に触れるきっかけとなるよう企画された展覧会であり、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵の猫を描いた油彩、水彩、素描を中心に、猫以外の主題の作品も若干加えた百数十点によって構成されます。

猫好きの人には「猫の画家」のままでよく、更に興味をもった人には大画家としての猪熊弦一郎を追い求めていただきたい。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2018年3月20日(火)〜2018年4月18日(水)
会場Bunkamura ザ・ミュージアムGoogle Map
住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • 毎週金・土曜日は21:00まで(最終入場時間 20:30)
休館日 会期中無休 
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
大学・高校生 900円(700円)
中学・小学生 600円(400円)
  • ※( )は前売り・団体料金
    ※団体は20名様以上。要電話予約
    (申込み先:Bunkamura Tel 03-3477-9413)
    ※学生券をお求めの場合は学生証の提示が必要です(小学生は除く)
    ※障害者手帳の提示で割引料金あり
    ※前売券の販売期間は、
    2018年1月6日(土)~2018年3月19日(月)
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_inokuma.html

Bunkamura ザ・ミュージアムの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

Bunkamura ザ・ミュージアム Bunkamura ザ・ミュージアム

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

視覚だけで猫の手触りやにおいまで

4

日曜15時、あまり混雑はしていませんでした。
要所にあるキャプションで、画家のの猫に対する愛情や興味がぎゅっと伝わります。
筆致や試みなど、年代を通して比較的大きく変化のある画家ですが、ラフなスケッチも、べったりとした油絵でも、版画でも、猫たちは変わらずリアルに描かれていました。
抽象的な作品のなかで、表情のひとつひとつ、背中の丸み、脚ののばしかた、どれをとっても「猫」そのものでした。
可愛らしい絵がおおいので会場のおしゃべりが多いのと、最後のほうは撮影OKゾーンのために、写真を取りたがる人がケータイを向けていて見づらいのと、後ろでじっとカメラを向けて作品の前が空くのを待っているプレッシャーでゆっくり見られません。
全体的に、気負わず見られる内容で出展数も多く、良い展覧会でした。

BY リエヴァイアサン

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

めっちゃかわいいです。猫好きさんにおすすめ。

5

いまにも動きそうな写実的なタッチのネコチャンから、デッサン画、抽象画作品もあり、とっても楽しめます。
初期の奥さんを描いた油彩が今のイメージとちがっていて、「本当に猪熊さん??」とおもってしまったほどでしたが、マティスを師事していたとのことでなんとなく色使いにナットクでした。
デッサン画がおおいので、カラフルとはいえませんが、味わいのある面白い展覧会でした

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

猫と絵画を満喫

4

ここまで猫に特化した美術展は初めてでした!
とても微笑ましく楽しませてもらいました。

猪熊さんがいかに猫を近くに、絵画を描いていたんだなと感じられます。

この美術展は、猫好きの方なら美術館に苦手意識あっても楽しめるんじゃないかなと思います★

BY ががが

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

猪熊猫

4

美術展っていうとどうしても鹿爪らしいしたり顔になってしまいますが
本展はどうしてニヤニヤ笑顔になってしまいます。

初期の気の向くままにラフにサラリと描いたネコが良いですね。
現代アートっぽいのも展示されています。

お気に入り作品がポストカードになるとイマイチに感じることもありますが
小品が多いのでポストカードに最適でみなさん数枚購入していかれます。

終盤に撮影OKスポットあり。
本展用の図録は無し。
会期1ヶ月未満。
ヌコ好きは是非。

BY 黒豆

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都渋谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE